少数精鋭なパンツボトムに問題が!服飾計画を少しだけ変更

以前は年間パンツボトムの理想持ち数を5本としましたが、スカートの復活やよりミニマルな暮らしの実現により、もっと手放せると考えました。

現在の理想の持ち数は3本です。
内訳は以下の通り。

  • リネンパンツ(夏用、リラックス)
  • きれいめパンツ(年中、普段~仕事)
  • スウェットパンツ(スポーツまたは作業着として)

少ないアイテムなので、カタチ、色、素材をよく吟味して選ぶ必要があります。

現在持っている「きれいめ」担当は紺のテーパードパンツ。
素材もカタチも気に入っているのですが、思わぬ問題点に気づきました。

練り込んだ服飾計画でしたが、早くも見直す必要がでてきました。

きれいめパンツは濃色が良い!でも、思わぬ落とし穴…。

現在持っている「きれいめパンツ」はきちんとした印象が欲しくて濃色を選びました。

当初の予定では、傷みの目立たないペースで2年ごとの買い替えか、贅沢に1年ごとの買い替えを検討していました。

まだそんなに履かないうちに膝のあたりが色抜けしてしまいました。

色が薄くなっていることがお分かりいただけるでしょうか。

濃色は退色しやすいことは理解していたつもりでしたが、想像以上に早かったです。

私のきれいめパンツ

私は身の回りのモノをなるべく手づくりしたいので、着る服はほとんど(下着以外全部かも?)自分で作っています。

型紙の整理をして、私の理想のパンツボトムのカタチはテーパードだと導き出しました。
しっかりした生地ではなくて、てろっと柔らかい素材が良い。

型紙:fab-fabricさんの無料型紙のテーパードパンツ9号を元にアレンジ
生地:2WAYコットンストレッチ ネイビー

(※型紙のアレンジは、股上を+2cm・ウエストを-4cm・股下を+4cm)

本当は「黒」が良いのですが、「黒」が良いと気づく前に「紺」で仕立てていました。
仕立てたのは昨年の晩夏。
春夏向けの生地で、作ってすぐシーズンアウトしたため昨年はあまり履いていません。
その間に好みが変わってしまったのです!

いつもの断捨離だと、気分でない「紺」のパンツボトムは手放します。
ただ濃色は色褪せしやすく賞味期限の短い服なので、今シーズンで着倒して傷み具合を確認しようと考えました。

3月の終わりあたりから、週に3回程着るペースで着用していました。
昨シーズン着用した分を含めて、着用回数は40回~50回程でしょうか。
傷みが出てくるには少し早い気がします。
座り仕事が多いので、膝部分の傷みはどうしても出やすいのかもしれません。

摩擦?の多い端のあたりも色が薄くなっているので、当たりが出やすかったり、もともと退色しやすい生地なのかもしれません。

立ち位置が「きれいめ」なので少しでも色抜け感があると使えないアイテムになってしまいます。

プラン変更

淡色を選べば退色の問題は解決しますが、透け対策など気にかかります。
真面目な印象が欲しいこともあり、やはり私の「きれいめパンツ」は濃色が良いです。

予定より買い替え頻度を早めてみることにします。
数か月で傷みがやや目立ってきたなら、1年どころか春夏1シーズン使い切りになりそうです。

となると秋冬は別のパンツボトムが必要です。
秋冬は春夏ほど頻繁に洗濯しなかったり、スカートの着用率が上がるので、1シーズンで処分はもったいなさそう。
最初に考えたプランを変更して、

  • リネンパンツ(夏用、リラックス)
  • きれいめパンツ(春夏用、普段~仕事)
  • きれいめパンツ(秋冬用、普段~仕事)
  • スウェットパンツ(スポーツまたは作業着として)

このような持ち方になるかもしれません。

また、今季はリネンパンツの投入が6月からでした。
4月頃から履いてもおかしくない感じなので、リネンパンツの着用期間を延ばしてもいいかもしれません。

リネンパンツは暑さ対策の夏限定のアイテムのつもりでしたので、2シーズン(2年)着用するつもりでした。
カジュアルな立ち位置なので、きれいめパンツほど傷みがあってもさほど気になりません。
リネンパンツを春から履き始めてシーズン後に処分し、きれいめパンツを通年仕様で1年履ききるのも良いかもしれません。

ワンピースをもっと活躍させれば、きれいめパンツの着用回数を下げられ、1年持つかもしれません。
夏のワンピースは毎年気分に合わせて用意したいくらいなので、丁度良いかもしれません。

濃色はやっぱり賞味期限が短い

白は汚れが目立ちやすいのですが、漂白することができます。
昨年愛用したリネンのシャツもネイビーで、春から着始め、7月の最初あたりには傷みや退色がみられました。

関連記事→半年以上着用したリネンシャツの消耗度

白や淡色の方が洗濯もしやすく、長持ちするかもしれません。

濃色の服は賞味期限が短いことを念頭に、服飾計画を練るようにします。

少ない服だと、想像以上に傷むのが早い

少ない服だと傷むのが早いと頭では分かっているのですが、長年のタンスの肥やしをしてきた感覚が残っているのか、傷む速さにいまだに驚きます。

トップスは早く傷むことをおぼえてきましたが、ボトムスは丈夫だと思っていました。
トップスよりも厚みがあるし、洗濯回数も少なくなりがちだからです。

一方、ボトムスの方が着用による摩擦ダメージは大きそうです。
私は男性ではないのでよくわからないのですが、スーツもパンツは特に傷みやすいようですね。

家族のサイズの合わなくなったスーツをメルカリで出品しようと、チェックしてみると股あたりに傷みがみられました。
あまり着用していないスーツだったのですが…。
2パンツで売り出されていることに納得ができるし、2パンツ必要だと思いました。

パンツボトムを2本くらいで毎日履いているペースだと、半年で使いきりは妥当なのかもしれません。

短いサイクルの服と長く大切にしたい服の共存

私は長期に持つ服と、頻繁に新しいものに替える服と使い分けて持っています。
洗濯頻度の高い夏のトップスなどは1シーズン限り。
冬のウールは丁寧に扱い、数年以上持つことを前提に考えています。
機会編みですが母の手づくりのセーターは10年以上愛用しています。

新しい服に替えるサイクルが早いと流行を取り入れやすい利点があります。
長期に持つアイテムはワードローブの定番であり土台となるので着こなしやすくなります。
新旧を上手く取り入れることで、私のワードローブは作られています。

ボトムスは流行のシルエットがよく出るので、短いサイクルで替える持ち方は良いのかもしれません。

パンツボトム断捨離中

先日、みんなの定番アイテムのデニムパンツを手放しました。
どんな服を合わせても様になる便利なアイテムでしたが、私には重く固いところが難点でした。
「捨て」に勢いづいて、思い切って手放してみましたが、問題なく過ごせています。

関連記事→【断捨離】とうとうデニムを手放しました!私らしいスタイルを目指して

以前の服飾計画で候補にしていたカーゴパンツを仕立ててみましたが、似合わなかったため処分することにしました。

他、時期がきたら処分する予定だったチノパンも処分しています。

関連記事→【少なく持つ暮らし】理想のパンツボトムラインナップをまとめてみる

物を手放し、持つアイテムの選択肢を減らしているのに、心はどんどんと自由になってきている気かします。

思い描いた服飾計画は予定通りとはいかなかったけれど、修正し、変化を受け入れたことでより自分らしくなれたと信じています。
思っていたよりも、私は少ない服で暮らしていけるし、その方が合っているようです。

これからも経験を通して、私らしいワードローブの精度を高めていきます。

まだ間に合う!【期間限定】お得情報!↓↓↓ AmazonのAudibleの無料体験がすごい