デイリーパンツは手作りするに限る。手仕事のある暮らし、私の美学

現在持っている服のほとんどが自分で作ったものです。
手作りが好きで、身の回りの持ちモノはなるべく自分で作りたいのです。

ワンピース、パンツボトム、ブラウス、セーター、コート…ほか。

とりわけ、デイリーパンツは毎日の暮らしを支え、ファッションの土台になる重要なアイテムです。
個人的にはデイリーパンツこそ手作りの真骨頂とくらいに考えています。

なぜ手作りするのか

前回、理想のデイリーパンツを求めてチノパンに辿りついたことをお伝えしました。

既製品でたくさん売られていますが、なぜわざわざ作ろうと考えたのか。
パンツボトム、特にファスナー付きのパンツを作るのはなかなか手間です。

___ただ一心に定番が欲しかったからです。

定番のデイリーパンツを入手するのは難しい

デイリーパンツに愛用しているチノパン。
チノパンと一口にいっても、シルエットや生地の素材、厚みが様々です。

夏に履ける薄いチノパンがあれば、冬に履ける厚地のチノパンもあります。
カジュアルなチノクロス素材もあれば、オフィスにも履けるようなサテン地のパンツもあります。

一番の問題点は、望んだ素材や生地のチノパンツが、望んだときになかなかお店で手に入らないことです。
購入時期を間違えれば、欲しいチノパンより薄すぎたり、季節限定仕様のコーデュロイパンツしか売っていなかったりします。
時期を間違えていなくても、もともと販売されていなかったりします。
意図しないチノパンを購入してしまうと、補完するために新たなチノパンを購入する必要があります。

色についても流行が反映されますので、欲しい色が入手できなかったりします。
だいたい3色くらい商品が並びますので、ミリタリーが流行っていたときは「黒・カーキ・カーキベージュ」。
紺が欲しい人は少し苦労するかもしれません。ミリタリー色が苦手な人も買いにくくなります。
数年前は紺が大ブレークし、黒の代わりに紺が陳列されていて、黒の入手が困難でした。

サイズの問題もあります。
ウエストからお尻、腿にかけてのシルエットは人によって千差万別。
MやLなど単純なサイズ表記では自分に合うサイズが見つけられません。
なかなかお気に入りのパンツに出会えない人も多いのではないでしょうか。

デイリーパンツは自分にピタリと合ったサイズであることが大切なのに、見つけることが非常に困難なのです。
あんなにたくさん売られているのに。

ようやくお気に入りパンツに出会えても、次の入手が見込めないと考えると、着られなくなってしまいます。

シンプルライフにユニクロはやっぱり最強。

こう考えると、ユニクロは本当に便利ですね。
年間通して同じような品質のチノパンが販売されていますから。
定番アイテムが欲しいおしゃれさんやミニマリストの方に愛されているのもうなずけます。

ただ私の場合、何度か試着してみたのですが、どうもユニクロのパンツパターンは体型に合いませんでした。
変なしわができたり、変なゆとりがあったり…。
結局、一度も購入したことがありません。

気楽に購入でき、定番アイテムを揃えやすいユニクロや無印良品が自分に合っていると、シンプルライフの強い味方になりますね。
逆に合わないと、ファッション難民になります…。

デニムも最強!

デニムは本当にすごい。
まず型番があるため、同じ商品をいつでも入手しやすいです。
チノパンはなかなか難しいのですが、デニムは年中履いていられます。
もちろん暑い寒いの問題はあるでしょうがファッション的には着られます。
チノパンは素材や色が季節にそぐわないものだとあまり良く思われません。

チノパンの追い打ちは続きます。
とあるファッション指南本で、チノパンはおばさんっぽいと書かれていました。
「お、おばさん?」
確かにデニムパンツに比べて地味でダサい?印象も…。

デニム専門店、シャツ専門店はありますが、チノパン専門店が身近にないのは、「チノパン」そのものにブランド力がないからでしょうか。
チノパンにも型番があればとっても便利なのに!
少なくとも女性にとってチノパンは、やはりどこまでも地味なアイテムでしかないのかもしれません。
デニムより軽くて楽で動きやすいので、チノパンはデイリーパンツに最適なのですが。

デイリーパンツにデニムはふさわしいのですが、昔からごわごわとした感じと重さが苦手です。
今はデニムでもジャージーズというニットのデニムを履いています。
従来のデニムより楽に着られ活用していますが、手放せないかと検討中です。
どうにも私の雰囲気にデニムは似合わないような気がするからです。
私にとってはデイリーパンツにデニムはないのです。
…便利ではありますが。

パンツボトムを手作りできるのか

私にとって既製品がいかに定番化しにくく、不便なことをまとめました。

「自分で、作れたらな」

と何度も夢想しました。
洋裁の知識も技術もなかった私には到底不可能に思えました。

既製品でさえ、体型に合わないモノがあるのに自分で作れるわけがない。
そう考えましたが、私が欲しいのは至ってシンプル。
自分の体型に合い、流行り廃りがなく、暮らしに合ったパンツです。

今は落ち着いていますが、私が服に迷走していた10年くらい前はローライズが流行っていました。
ローライズはオシャレかもしれませんがデイリーパンツにはふさわしくはありません。
しゃがんだりしたら下着が見えそうになるし、ベルトは必須です。デニムを重いと思っていた私はベルトも重く感じられ、できたらつけたくないと考えていました。
もともとローライズが好みでなかったこともあり、パンツ選びには苦心しました。

おしゃれ(流行)でなくていい。
シンプルで美しいラインのパンツが欲しい。

洋裁の教科書に載っていそうな限りなくベーシックな形。
基礎さえ分かっていれば容易にできる基本の形、だと考えました。
なんだか、ぐっとハードルが下がりました。

流行の荒波にのまれた、大量の既製品の中から、自分に合ったものをさがすことより簡単に思えました。
事実、作り慣れた今ではその通りに実感しています。

手作りは贅沢な素材を使える

手作りの良さは定番を、自分の望むときに望むように手に入れられることにあります。

他にも贅沢な素材を扱えるメリットがあります。

特に夏に感じました。
リネンが涼しくて快適に過ごせると分かっていましたが、品質のいいものは高価で、安価なものはチクチクと肌あたりが悪かったのです。

昔、リネン混のイージーパンツを既製品で購入して気に入ってました。
とても安価に入手でき、少しもチクチクしませんでした。
愛用し過ぎて破けてしまい、似たような商品をお店で探しましたがなかなか見つかりませんでした。
今はどうか知りませんが、当時ユニクロも似たようなリネン混のイージーパンツが売られており試着してみると、チクチクしてしまいとても着られませんでした。
破けたイージーパンツは奇跡的な素晴らしい良商品でした。

もう一度あの快適を再び…。

初めて手作りで作ったパンツボトムは、リネン100%の生地を使いました。
リネン混でも十分快適でしたが、リネン100%はさらに気持ちの良いものでした。
抜群に涼しかったです。
少しもチクチクしなくて、最高の肌触りでした。
今まで既製品でみてきたリネンをはるかに超える品質の良さでした。
…と言っても初めての挑戦なので、高価すぎるリネン生地ではありません。
比較的お手頃価格なリネン生地を選んで、この感動です。
だいたい3,000円くらい生地代にかかりました。
他のアイテムで使った生地の余りで、幸運にも作ることができた分なので正確な金額はわかりません。
パンツ1本3000円はお安いと思うし、この品質の良さは既製品ではなかなか見当たりません。

他にも端かがりをしないで、なるべく折り伏せ縫いをするなど、既製品では手に入らないような丁寧な縫製を心掛け、肌あたりをよくするよう工夫しています。

少しの手間で、抜群に贅沢なモノが手に入るのです。

手作りの課題

  • 自分が必要としている素材・色であること
  • 自分に合った形であること
  • 継続的に同じモノが入手できること

定番アイテムとしてふさわしい条件は、既製品ではなかなか叶えられませんが、手作りだと可能です。

継続的に同じ生地を入手できるかについては、生地にも定番品がありますし、織りや糸の太さ、素材がわかっていればほぼほぼ似たようなモノを手に入れられるから問題ないでしょう。

手作りなので量産は可能です。

そのため、現在はもっぱら自分の理想のパンツパターンとどんな素材が良いのかについて模索中です。

次回は洋裁ネタです。
現在愛用しているチノパンの紹介を交え、理想のパンツパターンと生地について熱く語ってみます。

 

まだ間に合う!【期間限定】お得情報!↓↓↓ AmazonのAudibleの無料体験がすごい