【ファルケのタイツを愛用】ミニマリストはタイツの数を何枚持つ?

今冬は久しぶりにローテーションに加わったワンピース。
いつもなら着用機会が少ないのですが、お気に入りのタイツを履くことで着用率が大幅に上がりました。

ワンピースをいつも着ることで、装うことがとても楽しくなってきました。

関連記事→【ミニマリストへの警鐘】減らし過ぎず、楽しめる服を持つ大切さ

冬のスカートスタイルにタイツは必須。
今回は、縁の下の力持ち「タイツ」の持ち方について考えていきます。
ポイントは、「いかに少なく、いかに豊かに」です。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280

タイツは何枚持つべきか

昔はチャコールグレーと黒しか持っていなかったにもかかわらず、たくさん所有していました。
状態の良い綺麗なお出かけ用タイツ、毛玉だらけになってしまった普段用のタイツと使い分けたりしていたからです。

10足近くはあったと思います。
普段用にと言っても、毎日活用していたのは学生のときくらい。
学生時代はすぐにつま先が破けていたため、ボロボロになる前に処分していました。
働き出してからは、パンツ派になりました。
つまり、普段用のボロボロタイツ=履かないタイツ。
無駄なモノを持っていました。
管理ができておらず、お出かけで久しぶりに履こうとつかんだタイツがボロボロで履き直したりしていました。

もったいないと思って持ち続けていたんでしょうね。
何がもったいないのか、もはやわかりません。
ただ捨てられないだけでした。

タイツは3足あれば良い

以前の私のような持ち方は論外として、毎日タイツを履いて楽しめる、もちろん少ない枚数で…となると何枚がベストでしょうか。

まず考えたのが「3枚」です。

とあるファッション指南本に、スカート1枚にタイツ3枚を用意する___と書かれていました。
スカートの数をむやみに増やす必要はなく、タイツで充分印象は変わる、との教えです。
おしゃれ、かつミニマリズムな考え方だと思います。

私で「3枚」をあてはめてみます。

  • 黒(もしくは黒に準ずる濃色)
  • 中間色(愛用中のペブルとか)
  • さし色(こっくり赤とか)

私は色で「3枚」を選びましたが、デニールの違い、素材の違い、編みタイツなどデザインの違いで選ぶのもありです。
私の場合は、タイツはコットン混の暖かいものと決めているため、色で違いを出しました。

私のワードローブを考えたときに、引き締め色として、スカート~靴まで繋ぐのに黒は使えると思います。
黒でなく少し和らげたチャコールグレーや、ネイビーの方がデイリーに使いやすいかもしれません。

中間色は本当に使えます。
今持っているファルケのタイツも中間色です。
グレーとも言えないブラウンとも言えない、良い色です。
ちなみに、もう処分しましたが、楽天市場で購入したTRE DUE NOVEのおためしバレエのグレーと色が似ています。
一緒に履くとひとつなぎになっているようでした。
靴はもう少しかわいい色の方が気分が上がると思いましたが、タイツだとほっこりした印象と相まって地味色なのにかわいいです。
最も使用頻度が高く活用できます。

さし色に赤。
ことね、冒険するなって感じですよね。
私自身もそう思っています。
でもね、赤___赤のスカートがずっと欲しかったんです。

若かりしとき、一度所有したことがあるんです。
夏に赤のスカート。
とっても気に入っていたんですが、あるとき電車に乗っていたら高校生くらいの男の子に笑われたことがあるんです!
2人組で、もう一人は「そんなこと言うなよ」とか言ってましたが、ショックでトラウマになってしまいました。

大好き、だけど抵抗があるスカート…。
タイツなら挑戦できるかな、なんて。
タイツだと、お手頃価格だし。
あ、ファルケのタイツは高いけれど、それでもスカートを買うより安いもの。

トラウマ克服できるか…。試してみたいです。

3枚も必要かな?

さて、3枚あれば十分楽しめることが分かりましたが、果たして本当に3枚も必要でしょうか。

下着はこまめに買い替えた方が良いと言います。

愛用中のファルケのタイツは丈夫なので、3枚もあれば冬の間ずっと履き続けても数年は持つかもしれません。
スカートやワンピーススタイルだけでなく、パンツを履くことがあれば着用機会はさらに減り、ますます長持ちしてしまいそうです。

一方、タイツにはポリウレタンが入っています。
ファルケのファミリータイツの素材は綿98%,ポリウレタン2%です。
ポリウレタン!
ポリウレタンは経年劣化します。
合成皮革の靴のようにボロボロと崩れることはありませんが、長年大切に持ち続けるべき素材ではありません。
ポリウレタンの入っているモノは、頻繁に活用し、劣化が起きる前に使い倒すに限ります。

関連記事→お得なのは高い靴?安い靴?合皮の警告!靴の断捨離バレエシューズ編

ファルケのタイツは丈夫にできていますが、タイツ自体長く持ち続けない方が良いのです。

となると、3枚は少し多いです。
もう少し数を減らして、たっぷりと使いこみ、1年~2年ほどで買い替えるのが理想です。
欲を言うと、毎年買い替えたいです。

ファルケのタイツは約3,000円。
3本だと9,000円。
いくら使えるタイツだと分かっていても、予算的に結構きついです。

毎年買い替えるプランを実行するなら、予算的には1足に絞りたいくらいですが、それでは洗濯が回りそうにありません。
そこで2枚。
私のタイツの必要枚数は2枚にしようと決めました。

プラン変更。2枚のタイツをどう選ぶ?

奇しくも、現在所有する私のタイツは2枚です。

1本はご紹介したファルケのタイツ、もう1本は黒のナイロン製のタイツです。
黒タイツはそれなりに選んだ品質の良いモノですが、どうにも化繊が苦手でほとんど履いていません。
来季新しく購入したら手放す予定です。

持つべきタイツは2枚、となると先ほど導き出したプランの変更が必要です。

  • 黒+中間色
  • 中間色+さし色

どちらかのパターンになると思います。
無難は黒のパターン。
さし色(赤)には惹かれますが、ぐっと我慢。
まずは定番からはじめて、タイツが「2枚」で良いのか確認してみます。

【おまけ】ストッキングについて

ほとんど履きませんが、タイツとは別にストッキングも持っています。
ベージュと黒。
ベージュは古いの2枚、新品1枚。
黒は古いの1枚、新品1枚。

ストッキングを着用するときはほぼフォーマル。
出かける際は万が一を考え、新品を1足持ち歩くようにしています。
ストッキングは伝線しやすいから予備を用意していますが、コンビニなど入手が容易なので、滅多に使わないことを考えるとわざわざ用意しなくて良いかな、なんて考えています。

ストッキングにもポリウレタンが入っています。
新品であっても劣化しているでしょうから、弱くなっているかもしれません。
新品の黒ストッキングは数年前に購入したもので、ベージュは10年くらい前かもしれません…!
う~ん、新品…と言えるかな?

ストッキングは消耗品。
必要なときに購入、終われば処分でもいいかもしれません。

白タイツはありかなしか

白パンツや白靴が流行しているせいか、白タイツを履いている人をちらほらみかけます。

白タイツって!

白タイツがありか、なしか。
…正直私は「なし」でした。

ところが、お手本にしたいおしゃれさんがこぞって白タイツを履いているのを見て、最近気になってきました。
あり…ありなのかな。

私にとって白タイツは、どう考えても子どものスタイルか、バレリーナか道化師か看護師を連想してしまいます。
縁がないため、どうしてもコスプレ感があります。

ただ、白パンツボトムスは使えました。
白パンツボトム(オフホワイト)に最初は抵抗がありましたが、思いのほかコーディネートしやすかったのです。
白パンツ、白靴同様に白タイツも使いやすいのかもしれませんね。

愛用タイツブランド「ファルケ」に白タイツはないようです。
淡色としてグレーとサンドミールがあります。サンドミールは着用画像を見ると白に近いですね。
白より少し色が付いている方が使いやすいかもしれません。

ワードローブと検討して、挑戦してみるのもありかなと思いました。

オススメできるファルケのファミリータイツ

とってもおすすめできるファルケのファミリータイツ。
楽天市場でもたくさん売られています。
タイツにしては高価なので、ポイント10倍やたまにあるセールを利用するのも良いですね。
競争率も高く、人気色はシーズン中に売り切れたりするから悩みどころです。

注意点はお店によって取り扱っているカラーが違うこと。
黒やグレーなど無難な色は比較的どこのお店も揃えていますが、色ものは取り扱っていない場合があります。
素敵な色がたくさんあるので、ぜひ他のお店と比較してさがしてみてください。

私の愛用しているペブル(カラー:5810)が売られているショップはあまりありません。
使える色なのにどうしてかな。

他の人にとってペブルは「なし」…なんてこと、ないと思いますよ!

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280
レクタンブル(大)336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする