ミニマリストな防寒インナーの持ち方は?よりシンプルに、より少なく

前回までに、今まで私が着用してきた防寒インナー(ババシャツ)についてお伝えしました。

「よりシンプルに、より少なく」
私の暮らしに寄り添う防寒インナーとはどのようなものでしょう。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280

防寒インナーのおさらい

ヒートテックってやっぱり便利!

愛用してきた防寒インナーをまとめてみます。

  • 厚手コットン100%
    肌に優しい。着る場所によっては暑すぎることも。
    汗をかくと体が冷える。洗濯が乾きにくい。
  • シルク100%
    肌に優しい。薄手なのに上手く体温調整をしてくれる。
    洗濯に気をつける。生地が傷みやすい。
    値段が高い。
  • 有名下着メーカー
    薄手で暖かい。シルエットがもたつかず、下着に最適。
    綿混率の高いものもある。
    価格はやや高め。
  • ユニクロ ヒートテック
    化繊100%。普段の日常生活では十分暖かい。
    見えても大丈夫なデザイン。
    値段が安い。
    『極暖』は暑すぎるので不要。

化繊であることさえ目をつぶれば、ユニクロのヒートテックは便利です。
下着メーカーも良いのですが、
ユニクロの場合だと、事前にネットや広告でラインナップが確認できます。
下着メーカーの品は、近隣の店舗に取り扱いがあるかどうかを別途確認する必要があります。
価格が安く、どこでも入手しやすいのはユニクロの強みです。

防寒インナーに限らず、
ユニクロのように比較的どこにでも同じものが売っている店に慣れていると、
急に必要になったとき、目星がついて便利です。

より少なく物を持ちたい人にとって、有難い存在です。

ホットコット、プライベートブランド、気になる新鋭続々

暖かい発熱インナーは、下着メーカーかユニクロしか知らなかったのですが、
いつのまにか新しいブランドの商品が出回っていますね。

ベルメゾンのホットコット、イオンなどのプライベートブランドが有名ですね。

ベルメゾンは通販なので、入手が少し困難です。
綿混素材と綿100%があり、ヒートテックより肌に良さそうです。
私が以前購入したコットン100%インナーは、汗の乾きが悪いことが難点でしたが、
『ホットコット』は吸湿発熱機能があり、より快適なのかな?と推測しています。

スーパーのプライベート商品は多種多様。
比較サイトによるとヒートテックより暖かい評価があったりしますね。
スーパーは割と大幅に値下げをしていることがあります。
ユニクロも限定セールをすることがありますが、時期を見逃さなければ、
プライベートブランドが一番、最安値で防寒インナーを入手しやすいのではと思います。

以前の私であったら、いろいろと試していたかもしれません。

正直、商品差はほとんどないように思います。
少しでも安く、少しでも暖かくと考えれば、
こと細かく吟味する必要があるでしょう。

基本的に機能が横並びであれば、入手が簡単な物を買う方が効率的です。

防寒インナーってそもそも必要?

今までの私であったら、【ユニクロ】ヒートテックを少ない数で着回す考えでした。

今季は新しい挑戦をしたいと思います。
それは、「そもそも防寒インナーを無くせないか?」ということです。

子どもの頃の肌着は…

kids_hashirimawaru_snow

思い返してみれば、子どもの頃は防寒インナーを持っていませんでした。

夏は着用していなかったでしょうが、
通年同じ薄い綿のタンクトップ、もしくは半袖で過ごしていました。
重ね着パンツは履いていたかもしれません。

もちろん寒かったです。
ですが、体調を崩したことはなく、
学校を休んだのは伝染病にかかったときくらいでした。

冷えによる体調不良と徹底した防寒対策

風邪をひき体調を崩すようになったのは、高校生くらいからです。
それでもインナーは、タンクトップかキャミソールでした。

学生の頃は「風邪をひいた、しんどい」で済みますが、
社会に出ればそうはいきません。

どうしても休めないときがありますし、
体調管理は出来て当たり前です。

どうすれば良いのか考えた末、
私の場合『冷え』によって体調を崩していることに気付きました。

体調が悪い時、体を暖めると楽になりました。

顕著なのは生理痛のときです。
痛くなったりするときは、決まって悪寒がしました。
辛くて我慢が出来ないとき、お腹や腰を暖めると、
しばらくするとおさまりました。

「体を暖めたら良いんだ」
と防寒インナーを着用し始めました。

防寒対策は長袖インナーだけに留まらず、
厚手のタイツやレギンスにレッグウォーマー、重ね着ソックス、
重ね着パンツを2枚も重ねたり、さらに腹巻、ハンドウォーマーまでしていました。

外に長時間いる場合の装備ではなく、室内で過ごす標準装備です。
それでも冷えるときは、使い捨てカイロを利用しました。

winter_haru_kairo

ここまでした効果もあってか、20歳頃に比べて、
とても健康になりました。
常用していた薬もほとんど飲まなくなりました。

身をもって、「冷えは万病のもと」だと知りました。

意図して薄着で過ごしてみる

防寒インナーなどによる冷え症対策によって体調が整ったのに、
なぜまた薄着にしようと思うのか、不思議に思われるかもしれませんね。

一言でいうと
暖めても意味がないから」です。

確かに、冷えて具合が悪くなっているとき、物理的に暖めれば良くなります。
しかし、この対策は一時的な応急処置だと気付いたのです。

頭痛がするから鎮痛剤を飲むようなものです。

楽になりますが、根本的な治療ではありません。

体質改善が必要です。

それが薄着で過ごすことなのです。

薄着でいることで、身体は自ら熱を作りだそうとするのです。

昨シーズンの冬の終わり頃、わたしは「ふんどしパンツ」にはじめて挑戦しました。

ふんどしパンツについての記事はこちらです↓

ふんどしパンツは冷え症に良いと言われていますが、
暖かい下着ではありません。

スースーして風通しがよく、むしろ寒いくらいです。
なのに冷える感じがしないのです。
いつもより、薄着の装いだというのにです!
適度な冷たさが刺激になって、身体を温めていたのでしょう。

薄着だったのに体調を崩していた高校生のときは、受験などのストレスによるものでしょう。

心身ともに弱まっているときは、暖めることも大切です。

究極はやはり持たない暮らし!

今年の防寒インナーについて考えていきます。

手元に、昨シーズンもしくは一昨年に購入したユニクロのヒートテックがあります。

防寒インナーは着こむと暖かさが感じられなくなっていくので、
手持ちのインナーは買い替え時かと思います。

今シーズンはそのまま、暖かみの薄れたヒートテックを着ようと思います。
もちろん、よほどを除いてはヒートテックの重ね着なしで。

このヒートテックを防御線に、
本命は、合いシーズンに着用している
綿100%もしくは綿混の薄手の半袖インナーで過ごせないかと検討しています。

もし、ヒートテックを着用することなくひと冬を過ごせたら、
防寒インナーそのものを手放せます。

着用する機会があったとしても、
次に入手する冬の下着は防寒インナーではなく、
合いシーズンと同じくらい薄手のコットンのインナーにしようと考えています。

防寒インナーの持ち方について考えてきましたが、
持たなくて良いものは持たないことが一番シンプルです。

さぁどうなることでしょう。

冬の寒さを迎えるのが、少しだけ楽しくなってきました。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280
レクタンブル(大)336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする