宇津木式スキンケア3年経過、現在の手入れと今後の課題

宇津木式スキンケアをはじめて、気づけば3年が経過していました。
湯シャンもほぼ同時期にはじめています。

現在のスキンケアと今の肌の状態、今後の課題についてまとめました。

私が宇津木式スキンケアを取り入れた経緯についてはコチラ↓をご覧ください。

  1. 宇津木式スキンケアに出会うまで
  2. 宇津木式スキンケアを実践
  3. 宇津木式スキンケアの利点
スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280

宇津木式実践して3年経った今のスキンケア法

宇津木式スキンケアを実践していますが、かなり我流が入っています。
まずは私のスキンケア法についてお伝えします。

基本はシンプル過ぎるスキンケア

  • 朝→ぬるま湯洗顔
  • 夜→ぬるま湯洗顔

基本的には、忠実に宇津木式を実践しています。
保湿(ワセリン)はほとんど付けません。
乾燥する冬でもほとんどつけませんでした。

外出時はパウダーを使用することも

日中外に出るとき、週に何度かは紫外線対策をします。

関連記事→宇津木式スキンケアの紫外線対策

  • 朝→ぬるま湯洗顔→(乾燥するところに保湿)→UVパウダー
  • 夜→石けん洗顔

近所ならUVパウダーのみですが、長時間(1時間以上)の外出で紫外線のきつい時間帯であればUVクリームも併用します。
冬の外出はお粉さえ使わないことがあります。

パウダーを使うと乾燥が気になる個所は、あらかじめワセリンなどで保湿をしておくという技を、最近おぼえました。
それもごく少量。
宇津木式的表記通り、米一粒程度です。

私の場合は、口元と眉の間あたりが乾燥しやすいので、少量のワセリンを指の腹で伸ばし、トントンと乗せるといった感じです。

保湿できているの?という感じですが、このわずかな手間と量で、粉浮きが抑えられています。

私が使っているサンホワイトはワセリンの中でも純度が高くオススメです。
あまり使わないので、50gチューブか小さな3gサイズが良いですよ。
少量サイズは持ち運びがしやすくて便利で、衛生的に使えます。
使う量が少ないので、50gでもなかなか減りません。

宇津木式でメイク

月に何度かはメイクをします。

メイク用品はほぼ国産ミネラルファンデの【ETVOS】で揃えています。
アイライナー、アイカラー、リップ、チーク。
現在ファンデーションは持っていません。お粉のみです。

関連記事→宇津木式スキンケアのメイク事情

石けんで落とせるメイクなので、クレンジングはせず純石けんのみで落としています。
多少アイラインなど残っているかな?と思うときがあります。
いつの間にか落ちているし、こすり過ぎると良くないようなのでそのままにしています。

こんな何もしないスキンケア法ですが、ものすごくスキンケアに凝っていたときよりもお肌のトラブルは劇的に減りました。
不安定なお肌が宇津木式により落ち着いてきました。

宇津木式、気になるのは紫外線対策

昔は紫外線恐怖症で、かなり徹底して紫外線対策をしてきました。

今はUVパウダーと帽子、日傘、長袖で対応しています。

関連記事→【サンバリア100】2段折りたたみ日傘!宇津木式の紫外線対策!

宇津木式実践者はミネラルファンデーションを愛用している方が多いようですが、私は肌負担の少ないパウダー(お粉)派です。

パウダーもメイク道具同様、エトヴォスのものです。
現在使っているのは、春夏限定の強力UVカットパウダーでなく、通年用のシンプルな処方のパウダーです。


エトヴォス(ETVOS)公式ショップ 崩れを知らないふわふわエアリー肌へ導く微粒子パウダー「ミネラルルーセントパウダー」【etvos】【30日間返品保証】

去年の10月末に買ったものが、まだ残っているので使い続けています。
夏のシーズン中になくなれば、春夏限定販売のお粉にするつもりです。

春夏限定UVパウダーはSPF値などが高いだけでなく、オイルなどが多く配合されていて落ちにくそうです。
パウダーなのでどのみちつけても落ちやすく、紫外線対策効果があるのかわからないのですが、気持ちの問題です。

関連記事→ETOVOSミネラルルーセントパウダー購入~宇津木式コスメ~

極力日焼け止めクリームを塗らないようにしたい

UVカット力の強いパウダーにしたら、日焼け止めクリームを塗るかどうか迷うときは、パウダーのみの判断を優先できそうです。

目下の課題はなるべく日焼け止めクリームを塗らないことです。

宇津木先生の本で散々クリームが肌負担になっていることが書かれています。

頭では納得できましたが、気持ちは追い付かず、当初はお手入れしないことに不安がありました。

クリームをほぼ使わない日々を送ることで、ようやく気づきました。
クリームを肌に塗らない状態って、本当に快適です。

当たり前のように毎日何かを塗りたくっていた頃は、相当肌に負担を強いていたんだと今ならわかります。

私の紫外線対策は年々緩めてきていますが、不思議とシミは増えていません。
昔はニキビ跡がよくシミになっていました。
毎年そんな感じだったので、ますます紫外線を避け、お肌の手入れを必死にしていました。

過剰なスキンケアなどによって肌機能が衰えたところに、紫外線を浴びるとシミになる、という話を聞いたことがあります。

それはきっと真実だろうと実感しています。

日中ずっと外にいる場合や、アウトドアレジャー以外は日焼け止めは使わず、肌に負担をかけないことが肌の手入れとして適切だと感じました。

あとは、ずっと続いた紫外線恐怖症との闘いです。
少しずつ緩めて、緩めて日常生活で日焼け止めを使わないことを目指します。

あとは、気持ちの問題なのです。

宇津木式アイテムが決まってきた

現在わたしが使っているスキンケア用品をご紹介します。

純石けん

宇津木式の要、使っている純石けんはミヨシの『無添加洗顔せっけん』です。

小さいサイズが2個入りで売られています。
石けんを使う機会が少ないので、小分けで売られているのは有難いです。

関連記事→宇津木式スキンケアで迎える新しい化粧品~選んだ純石けんは?~

去年の10月末頃に購入し、4月末に1個目を使い切りました。
冬は特に使用頻度が少なかったので、半年持ちました。
今使い始めた石けんは3~4カ月持つかな?と予測していますので、2~3か月後にストック分を購入する予定です。
特に不満はないので次も同じものを購入する予定です。

以前はねば塾の『やさしいせおと』を使っていました。
使い心地は同程度。

やさしいせおとは100gで270円。
ミヨシの無添加洗顔せっけんは40g×2個セットで540円。おまけで泡ネットも付いています。

ミヨシの無添加洗顔せっけんは割高ですが、こまめに使いきれた方が気持ちいいと考えて選びました。
大容量が欲しい人には、やさしいせおとが充分良品なのでお勧めです。

保湿

保湿についてですが、ワセリンとホホバオイルで迷っています。

宇津木先生はもちろんワセリン推し、美容オイルを愛用していた歴が長い私はホホバオイル推しです。

今は生活がいろいろと変革のときなので、ワセリンのまま継続利用することを決めました。

あまりいっぺんにいろいろと習慣を変えると身につかないことは経験済みです。
落ち着いたら気になっているホホバオイルがあるので試してみるつもりです。

ワセリンは先に述べたとおり、純度の高いサンホワイトを使っています。

関連記事→宇津木式の保湿。ワセリンとホホバオイルで揺れ動く

買い物頻度や予算について

私が使っている化粧品は以下の通り。

  • 純石けん→ミヨシ『無添加洗顔せっけん』
  • 保湿→サンホワイト(ワセリン)→いずれホホバオイル?
  • UVパウダー→エトヴォス『ミネラルルーセントパウダー』
  • UVクリーム→アンナトゥモール『ナチュラルUVベースクリーム』
  • メイク道具→エトヴォス商品

だいぶ役者がそろってきました。

購入頻度は、純石けんは10ヶ月に1度。
ワセリン(ホホバオイル)は1年に1回。使い切るというより、品質保持のため買い替えです。
UVパウダー+UVクリームは1年で合わせて3~4回です。
メイクも品質保持のため、1年に1回の購入。

愛用中の日焼け止め↓

買い物回数が少なく済んでうれしいです。

予算でみていくと、メイク道具を除けば私の化粧品代は1年で15,000円以内です。
宇津木式なのに、思ったよりも高くついた印象。

まずは日焼け止めを使う機会を減らして、1年12,000円以内を目指します。
1か月1,000円の化粧品代なら、お財布にも優しいです。
…まぁ、昔は10倍の1カ月10,000円以上かけていたこともあるので、だいぶコストカットはできています。

メイクはちょっとお金がかかっています。
減らしたい気持ちはありますが、今はどんどん行動して外に出ていきたい気分なので、予算は据え置きにしておきます。

宇津木式スキンケアをしてお肌が荒れた?これからの課題

宇津木式をはじめて劇的に肌がきれいになった…ということはありませんが、肌トラブルが少なくなったのは確かです。

全く肌トラブルがないわけではありません。
今年の2月、3月の生理前後に、久しぶりに大きなニキビができてしまいました。

あんなに治りが遅いニキビはスキンケアをしていたとき以来で、驚きました。
宇津木式をはじめてからは、ニキビができても長くて2,3日程度で収まっていたのに。

思い返せば、今年の年明け早々にびっくりするくらいの体調不良を起こし、2月3月も全体的に疲れていたように思います。

宇津木式は体調の乱れがはっきりと肌にあらわれてくるようです。

だからと言って、化粧品で栄養を足そう!という考えには至りません。
これからも私流の宇津木式を続けていくつもりです。

本当の課題は紫外線対策でなく、疲れをためないことのようです。
ストレス発散方法と身体を休める方法を身につけていきたいです。

調子のいいときの肌は、何もしていないのに、人生で一番良い肌なんじゃないかと思うくらい綺麗になります。
この状態が持続されたら、私はとんでもなく美人になるかもしれません。
なんて大口叩きたくなるくらい、宇津木式に可能性を感じています。

疲れの向き合い方は、お肌だけでなく心身を健やかに保つためにも大切なことです。
「今、私は上手くやれているのか」
「バランスは取れているのか」
嘘偽りなく肌を通して見せてくれる宇津木式スキンケアは、やはり私に合っているようです。

参考文献↓

今後の課題は紫外線恐怖症の克服!
最近は飲む日傘ケアなどサプリメントがあります。
少しでも安心感があれば、過剰な紫外線対策を緩められるかも。

オールインワン日傘サプリ【リブランコート】は初回購入がキャンペーンで大変お得に購入できます。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280
レクタンブル(大)336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする