暖房費節約!部屋着を持たないミニマリストな暮らしだけれど冬は特別

室内着は服の数が増えてしまうため、持たないようにしています。

ただし、冬は暖房費節約になるため、特別に室内用の防寒衣料を持っています。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280

冬に部屋着を持つ理由

普段、家の中は、オフィスやお店ほど強い暖房を入れていません。
暖かい服を着たり、重ね着で対応しています。

より快適に過ごせるかなと、非常に暖かい厚手のセーターを着たことがあります。

失敗しました。

快適に過ごせるのは、室内だけです。
外に出て、寒空の下ずっと立ちつくすのであれば、有難い暖かさだったでしょう。

暖かいコートを着て歩けば、暑くなり汗をかいてしまいます。
暖房の効きすぎたお店では、暑くて脱いでしまいたいくらいでした。
厚手なので、コートを着たときにもたついて、シルエットが崩れてしまう問題もあります。

室内で快適でいられる厚手のセーターは外に着ていくには不向きでした。

暖房のよく効いた場所で快適でいられ、コートのインナーに着られる服___。

…となると、今度は室内で少し寒い思いをしてしまいます。

室内用と外出用と服を分けて持てば、ただでさえ嵩張る冬物衣類の収納が大変になります。

そこで思い付いたのが、外出に適した薄手の装いに、家の中ではさらに何かを足す着方です。

通常の服装で快適であればそのまま、冷え込んでくれば室内用アウターともいえる羽織物を重ねます。
外出時は羽織物を脱いでコートを着ます。

この着こなし方が一番、余分な服を持たずに、快適に過ごせると考えました。

私の冬の室内着

用意した室内着は、中綿ベストと中綿の重ね着スカートです。

手作り品の中綿ベスト+重ね着スカート

中綿のベストとスカートはお揃いです。

市販品でキルティングの巻きスカートが売られていて、いいなぁと思っていました。

リックラック(rickrack)さんで似たような形の『クレープスカート』の型紙を購入して作ることにしました。

生地は他店舗で購入しました。
スカート丈を長くしようか迷い中だったため、用尺を多めに用意しました。

結局セオリー通り作ることにしたため、生地が多めに余り、ベストが作れました。
生地巾やサイズにもよりますが、1.6mで大人女性のベストとスカートが作れたなんてすごい。
余った材料で結構な物が作れるのは、手作りの醍醐味ですね。

ベストの型紙はc&sさんの本、『CHECK&STRIPE みんなのてづくり』よりキルティングベストを使いました。
Mサイズでも良いのですが重ね着しやすくするため、身幅をLサイズにしました。

部屋着を取り入れての感想

防寒の巻きスカートは、着脱が簡単でとても便利です。

座り仕事が多いせいか、腰回りの冷えが気になっていました。
マキシマリスト時代は、重ね着パンツを何枚も重ねたり、レギンスやタイツを履いても冷えていました。

現在は、
ショーツ(ふんどしパンツ)
+ボトム(チノパンやデニムなど通年履けるもの)
+クレープスカート
で十分暖かく過ごせます。

キルトベストは予定外のおまけで作ったものですが、案外重宝しています。
袖がないため、腕が寒いと感じるときもあるのですが、
その分動きやすく、ゆとりのあるサイズで作ったため、はんてん感覚で着用しています。

室内で『暖かい羽織物』を重ねる着こなしは、ひざ掛けやショールなどで代用可能です。
その方が、よりコンパクトで持たない暮らしができますね。

既存の服を重ねることも可能ですが、服のサイズ感が近いこともあり、着脱に少し手間取ります。

私の場合は、
自宅で過ごす時間が長いこと、
ズレたり落としたり気に掛けないですむこと、
体調に合わせて簡単に着脱でき、調整しやすいことから、
今の持ち方が合っているようです。

部屋着とはいうけれど…

部屋着として用意しましたが、実は外出時にも利用しています。

キルトベストは合季節の少し肌寒いときのアウターにちょうどいいです。
真冬であれば、流行りのインナーダウンのような着方をすることもあります。
袖なしなのでコートの中でもたつかず、ライナー代わりになります。

クレープスカートは、ちょっとしたアウトドアや散歩などに活用できます。
山ガールもこんなファッションしていますよね。
防寒対策のためスカート丈を伸ばそうと思ったものの辞めた理由は、
パターン通りの方が歩きやすいと考えたからです。

わざわざ持つからには、余すことなく使いたいですね。

お気に入りの部屋着の今後の展望

傷みが早いアイテムではないので先の話になりますが、次に作る構想を練っておきます。

おすすめのキルティング生地は?

購入時は表生地の花柄が素敵だなと思ったのですが、近頃は目にうるさいと思うようになりました。
無地か無地に近い印象の柄物が良さそうです。

今のキルティングの素材は、表生地が撥水ナイロンタフタ、裏生地がフリースです。

フリース素材は暖かくて良いのですが、冬の印象が強く出てしまいました。
パイピング部も、おしゃれだろうとウール素材で張りこんだのですが、おかげで冬以外は着用し辛くなってしまいました。
秋や春の肌寒い季節にも活用したいため、季節感のある素材ではなく、通年使えるナイロン素材を選べばよかったと思います。

もしかしたら、多少は防寒に劣るかもしれません。
キルティングは中綿が空気を含んで暖かいのだから、フリースでなくても十分だろうと考えています。

なかなか好みのキルティング生地は見つけられずにいます。
室内限定であれば、綿素材で素敵なデザインがあります。
外出でも着用したいので、風を通さないナイロン素材が良いのですが、売られている数が少ないです。

好みの生地を買いそろえ、自分でキルティングしてみるのもいいかもしれません。

パターンアレンジ

実はこのクレープスカート、仕様書をアレンジしてリバーシブル仕立てにしています。

リバーシブルは2通り使えてお得と言いますが、結局は一通りの着方しかしなかったりします。
そのくせ、価格が高かったり、リバーシブルなので余計に重かったり、使い勝手が悪かったりします。

しかし、このクレープスカートは違います!

構造上リバーシブルの難点はなくて、しかも簡単にリバーシブル仕立てができます。

基本的には、花柄を表、フリースを裏にして着用しています。
着る服によっては花柄がうるさいことがあり、裏返して着用しています。

ベストも簡単にリバーシブル仕立てにできますが、前を止めるファスナーやボタンに工夫が必要です。
ベストは作り方を失敗したこともあり、リバーシブル仕立てにしていません…。

リバーシブルは簡単に印象を変えられ目に楽しいです。

次回は、ベストも巻きスカートもリバーシブル仕立てで作ろうと思います。

部屋着を追加検討中…

中綿キルトベスト+中綿キルト重ね着スカート

今の持ち方で暮らしていけるのですが、あと1点持ちたいな…と考えています。

  • 厚手ニットカーディガン
  • ユニクロ ウルトラライトダウンコンパクトジャケット

どちらかが欲しいです。
やはり、ベストだと少し寒いときがあるからです。

私は編み物をするので、ざっくりとしたニットを編みたい気持ちがあります。

ユニクロのウルトラライトダウンコンパクトジャケットはインナーダウン的に使えるし、気温が定かでない旅行時にも重宝しそうです。
過去に何度も、持っていたら良かったなぁと思ったことがあります。
私の母が、ジャケットとベストを両方持っていて、家に外にフル活用させているのをずっと横目で見ていました。

便利さでいえばユニクロ。
冬特有のほっこり感を楽しみたければ手編みのニット。
今の手持ちで十分やれるので、持たない選択だってあります。

今シーズンに仕入れることはありませんが、ゆっくりと検討していきます。

小さな衣類の防寒対策についてまとめた記事はこちらです↓

防寒対策にオススメ!小さくて便利!暖かいおうちこもの

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280
レクタンブル(大)336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする