【現在の服の数14着】季節の変わり目に、服の持ち数調べをしてみた!

現在の服の数は14着

ここしばらく服の数は、20着前後が定番です。

夏服20着とか、秋冬20着とかシーズンごとではなく、通年で20着です。

服の数は少ないのですがイン・アウトが激しくて、案外数をきちんと把握していません。
秋冬シーズンを前に、いったん手持ち服を調べてみることにしました。

今の私の服の数は全部で14着。

手持ち服の概要についてお伝えします。

トップス2枚

トップスは2枚。
ワンピースを活用するので数は少なめです。

リバティプリントブラウス

手作りしたリバティプリントのブラウス

最愛のリバティブラウス。

リバティって花柄のイメージが強いですが、シンプルなドット柄なので着こなしやすいです。
赤は赤でも実物は落ち着いた色です。

秋は1枚で、冬はセーターのインナーに活躍します。

ヘビロテし過ぎて、ちょっと傷んできました。
秋冬まではどうにか持ちこたえてほしい。

リネンノーカラーブラウス

笹原のりこ『さり気なく甘い服』よりGブラウス

今春作ったばかりの、リネンのブラウスです。

さり気なく甘い服!レース付きノーカラーブラウス作りました!
春に作った服の紹介です。 洋裁をはじめた頃、作れそうに思えなかった洋裁本より、ブラウスを仕立てました。 「さり気なく甘い服」 刊行は2010年ですが、今でもパターンを利用して作る人が多い人気の本です。 さり気...

リバティブラウスと同じく、秋は1枚で冬はインナーとして活躍させます。

リネンのブラウスは好きだけれど、リバティタナローンのブラウスの方が使いやすいかな。
リバティブラウスの方が軽くて、タナローン生地はシルクのようにしなやかなのでインナーで着たときにもたつかないんです。

概ね気に入っているので、傷むまで着込みます。
ヘビロテで着ても、秋冬シーズンは十分使えそう。

羽織物(ニットなど)5枚

羽織物は5着です。
私は服の数は少ないですが、羽織物がほかのミニマリストの方より多い気がします…。

もしかしたら、もう少し減らせるのかしら?

ただ、体調管理で必要アイテムなので、ゆっくり向き合います。

リネンのカーディガン

ヨーロッパリネン天竺のカーディガン

紫外線対策、夏の体温調整に活躍します。

濃色なので、退色が目立ってきました。
首元もよれてきたし、今シーズン後に手放す予定です。

昨年は10月でも着用していたので、その頃に断捨離します。

リネンは涼しくてツヤ感があって好きです。

Rick Rackのヨーロッパリネン天竺で作ったカーディガン最高!
ようやく肌寒くなってきました。 大活躍した夏服の点検をして、処分するか来シーズンも使うか判断していきます。 夏の羽織物として活躍したのがリネンのカーディガン。 くたびれた印象もないので、来シーズンも活用します。 ...

リネンブラウザー

『おしゃれ着を手作りで。』よりショールカラー七分袖ブラウザー

ブラウスとジャケットの合いの子、ブラウザーです。
法事で着ようと思って、今春に用意しました。

春夏の羽織物はリネンカーディガンと、このブラウザーの2点のみです。

パターンが合っていないのか、生地が好みでないのか、あまり着る気になれません。

肩のギャザーが特に気になります。
肩幅広いのに余計に目立つ!!
羽織に使いやすいようにLサイズで作ったけれど、Mサイズで良かったかも。

夏~秋は羽織ることが多いと思うので残しておくけれど、早々に断捨離するかもしれません。

【洋裁】夏のリネンパンツとリネンジャケットを作りました
冬真っ只中なのですが、夏服を仕立てました。 服はなるべく手作り派なので、シーズン前に用意するのがベストなのです。 いつもだと宿題に追われる子のようにシーズン過ぎてから取りかかり、来シーズンになってようやく着られることが多かっ...

フリースジャケット

服のほとんどを手作りしていて、現状既製品はこのユニクロで買ったフリースだけです。

一番の古株で、もう何年着たかしら。

フリースってニットよりも風を通しにくいし、季節の変わり目にライトアウター的に使えて便利と思っていました。

けれど、家で着るには肩のこるアイテムかもしれません。
スタンド襟だし、「フリースジャケット」だからかフリースがしっかりとした固い感じ。
いつもの体調だと問題ないけれど、弱っているときには堪えました。

普通のニットのカーディガンの方が楽かもしれません。

また、前々から気になっていたユニクロの「ウルトラライトダウンコンパクトジャケット」を試してみるのも良いかも。
襟なしのノーカラータイプね。
特に今年のピンクは実物を見たけれど、かなり好みの感じでした。

買い替えるいい機会かもしれません。

手編みのカーディガン

毛糸だまよりガンジーカーディガン

透かし模様の入った手編みのカーディガンです。
『毛糸だま』に掲載されていた作品です。

少しだけ化繊が入っていて、純毛のセーターほど暖か過ぎないのが気に入っています。

デザインが甘めなので、次のセーターを編み次第手放すかも。
今年はまだまだ活躍してもらいます。

純毛のセーター

母に編んでもらったセーターです。

何年も着ていて、もう擦り切れるまで着ようと決めている一品。
多分、手持ち服の中で一番暖かい服かな。

といっても細い糸で編んでいるので、暑すぎることもありません。

相棒のような存在なので、このセーターに合わせて体ができているのかもしれません。

ボトムス2点

ボトムスは2点。
すべてパンツボトムです。

リネンパンツ

『わたしの好きな、ミニマルな10着』よりテーパードパンツ

この春夏にたくさん着たリネンのパンツ。

お盆過ぎてからは、ワンピースを優先的に着たから出番は減ったけれど、もうすでに処分して良いくらい着込んでます。

一度補修したし。

【洋裁】作ったばかりの春服に早くもトラブル発生!補修しました!
春に用意したハンドメイドの服。 4月初めからヘビロテで着ていましたが、ナント!早くもトラブルが発生してしまいました…。 穴が空いちゃったよ!! 頻繁に着ているので、傷みが早いのは分かりますが、それでも早すぎるような...

修理後は穴が空いたりはしていないけれど、もともとパンツボトムにするには薄い生地だったので、シーズン後には手放す予定です。
急に外でビリッは怖いですからね。

テーパードパンツ

手づくりしたテーパードパンツ

私の中で鉄板のパターン(型紙)で作ったテーパードパンツボトム。

fab-fabricさんの無料パターンより、テーパードパンツを作りました!
春に作ったパンツボトムの紹介です。 私の定番パンツを春夏用に向けて仕立てました。 型紙はfab-fabricさんの無料パターン、テーパードパンツです。 すごくお気に入りで、多分これで3本目です。 マンネリにな...

薄手だけれど目が詰まっているので、これからの秋冬にも十分使えます。

今までのパンツだと、春に履いて秋の始まりにはだいぶ傷んでました。
このパンツボトムはまだまだ綺麗なので、丈夫なのかも。

セールで買った激安生地なんですけれどね♪

ワンピース4枚

私はこれからはなるべくワンピースをメインに着ていきたいと考えています。

ワードローブの重要な要です。

夏用ノースリーブワンピース

海外竜也さんの型紙使用した手作りワンピース

夏用の涼しい素材のノースリーブワンピースです。

腕を出すことに抵抗があるため断捨離候補でしたが、かなり着心地が良くて今シーズンはたくさん着込みました。

薄手の生地だけれど、丈夫な印象なので来シーズンも頑張って貰おうかな。

落ち着いた色なので、羽織を着てもうしばらく使えそうです。

リネンタックワンピース

ハンドメイドのリネンのワンピース

今夏に突然作りだしたワンピース。

夏に最適!パターンレーベルさんのタックワンピースを作りました!
型紙ショップ「パターンレーベル」さんで購入した「タックワンピース」を作りました。 リネンで作ったので涼しく着られて、この夏に重宝しそうです。 ゆったりとしたシルエットで楽だけれど、ベルトで締めると綺麗めに見える。 ...

デザインに一目ぼれしたけれど、周りの評判はいま一つ…汗。
多分、私に似合ってないんでしょうね。
何となくわかっていたけれど。

リネンで作ったので、少し重みがでたことも気になります。
涼しくは着られました。

着られるだけ着て、手放します。
猛暑に重い服は体力を奪われるので、来年の夏までに処分する予定です。

重いかも…?最愛のリネンに欠点が!?手持ち服の重さを測定!
夏に涼しく、冬に暖かく着られるリネン。 最強素材じゃないか?と思い、服のほとんどをリネンにしたいとさえ考えていました。 薄々気づきつつも、愛するあまり分からないフリをしていましたが、そろそろ真実を受け入れようと思います。 ...

ウールのワンピース

笹原のりこさんの型紙を使った手作りワンピース

裏地付きのウールのワンピース。

シックでシンプルなデザインだけれど、実はこの服もちょっと重いんですよね。
今度作るときは、総裏は辞めて身頃だけ裏地をつけよう。
裏地ナシで、アンダードレスを活用するパターンでも良いかも。

普通地でそんなに厚みはないけれど、もう少し薄手のウールの方が長い季節に使えたかな。

良いウールに出会えたら作りなおすかもしれません。

ニットのワンピース

ヨーロッパの手編みよりニットのワンピース

手編みで編んだワンピースです。

着て楽で、重さも感じないけれど収納がかさばります。

着ると周りの評判は良いです。
華やかなので、覚えられやすいのは難点かも。

もうしばらく愛用したら、手放します。

アウター1着

アウターはコート1着だけです。

ツィードコート

ジャケットとコートの手ほどきよりクラシカルコート

私の洋裁の一番の大作かもしれません。
コートも手作りです。

名著『ジャケットとコートの手ほどき』より、作りました。
10年以上前の本だけど、とてもためになりました。
独学素人だけれど、コートが作れるなんて!

コート作りに興味のある方は、今年新しいコートの本が出版されていたので、そちらをオススメします。

作ったコートは、比較的薄手のツィード生地を使いました。
ロング丈だからか、思ったよりも寒くもなく、昨年の大寒波でも過ごせました。
コートってそこまで厚手じゃなくて良いのかもしれませんね。

失敗するかもと思って安い生地で仕立てたけれど、次はもっと良い生地で作りたい…。
今年の冬はこのコートで過ごすつもりです。(3年目)

服の数14着!

断捨離して服の数は減った

ワードローブは吟味の必要あり

現在の服の数は14着です。

  • トップス…2着
  • 羽織物…5着
  • ボトムス…2着
  • ワンピース…4着
  • アウター…1着

だいたい20着前後が自分にとってちょうど良いと思っています。
今の数が少ないのは、夏に夏物の断捨離をしたからかな?

お盆に断捨離!残暑が続くけれど早々に捨てた夏服公開!
夏服を、お盆に断捨離しました。 当初は9月末まで着用する予定でしたが思い切りました! なんだかズルズル所有し続けるのが気分でなくて…。 夏の暑さはまだまだ続きますが、手持ちの服だけで問題ありません。 思い立ったが...

服の数が少ないのは嬉しいけれど、持ち方に偏りがあります。

徐々に改善して、自分らしい素敵なワードローブを目指していきます。

 

まだ間に合う!【期間限定】お得情報!↓↓↓ AmazonのAudibleの無料体験がすごい