【少なく持つ暮らし】理想のパンツボトムラインナップをまとめてみる

今までは着ない服や活用度の低い服を断捨離する程度でしたが、より少なく持つ暮らしを目指して、デイリーに活用している服さえ減らしています。

現在手持ちのパンツボトムスは4本。
一時は、部屋着用・お出かけ用と分けて持ち10本~20本くらい持っていたことを思うと、だいぶすっきりとしてきました。

実は今のパンツボトムは理想のラインナップではありません。
デイリーパンツは着こなしの土台。

どんなパンツボトムをどのように持つのが理想なのか、今現在の考えをまとめてみます。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280

現在のパンツボトム構成

現在の私のパンツボトムの構成です。

  • 夏・合季節用てろテーパードパンツ
  • スキニーデニム(ジャージーズ)
  • チノパンツ×2(ストレート・テーパード)

昨年シーズンアウトしたとき夏用ボトムを手放し、まだ入手していません。
チノパンは1本で充分ですが、ハンドメイド品で生地が余っていたため2本仕立てたのです。シルエットは違いますが同じ色、同じ生地なのでほぼ同じ印象です。頃合いをみて1本は早々に手放す予定です。

どれも最近入手したものです。
一番古いのがエドウィンのジャージーズのスキニーパンツで、1年半ほど前に購入しました。
他は去年生地を購入し仕立てました。
モノを減らした暮らしのおかげで手持ちアイテムはフル回転し、モノの循環が早くなっています。

理想のパンツボトム

今考える理想のパンツボトムの構成です。

  • (未入手)→夏用リネンパンツ
  • スキニーデニム→リネンデニム(ストレートorワイド)
  • チノパンツ×2→カーゴパンツ
  • てろテーパードパンツ→きれいめ黒パンツ

こんな感じで変更を考えています。

やっぱり欲しい夏用パンツ

冬はタイツを活用し、スカートを愛用していく予定ですが、夏は日除けや虫さされ対策にロング丈の涼しいパンツボトムは手放せません。

素材はリネン。シルエットもだいたい決まっているので、次に考えるのは色です。
リネンパンツは通年履けますが、理想のラインナップだと、わざわざ冬にリネンパンツを履く必要もない気がします。

そのため通年使えそうな色に限定しなくて、夏らしい鮮やかなブルーなどに挑戦するのもいいかな、なんて考えています。

一番色で遊べるのがこのリネンパンツのポジションなので、他のボトムと考えながら決めていこうと思います。

既製品脱却。とうとうデニムも手作りに?

数か月前までジャージーデニムは大のお気に入りで、手放すなんてこと考えてもいませんでした。

今も気に入っていますし、使えるアイテムです。
わざわざ手放さなくても…な気もします。
が、少なく持つことを考えたとき、持たなくても良いアイテムだと気づいたのです。

やはり真夏にスキニーパンツは暑いです。
そして、かなり楽なジャージーズとはいえ、デニムはあまり好きになれず、あまり手が伸びません。
着用機会が少ないのです。
しかもスキニーはポリウレタンが入っており経年劣化します。
綿100%のデニムと違ってヴィンテージにはなり得ません。
短期間に頻繁に履かなければ損なのです。
ジャージーズは結構お値段がするので、かなり割高なアイテムです。

デニムは便利です。
デニムでないと決まらなかったシーンは幾度とありました。
けれど夏に暑く、経年劣化してしまうポリウレタンの入ったスキニータイプを選ぶ必要はない気がしてきました。
ストレッチの入っていないシンプルなストレートタイプだとシーズンレスで履きこなせ、長く愛用できます。
スキニーパンツは女性らしく装える利点があります。
単体でみるとスキニーの方が女性らしく履きこなせますが、トップスに華やぎを足せばストレートパンツでも綺麗に着こなせそうです。

今度入手する予定のデニムはリネンデニムです。
通常のデニムよりやや薄く、柔らかさがあります。
そのため、細身というよりややゆとりのあるシルエット、ワイドパンツでも良さそうです。
リネン素材であることとゆとりのあるラインから、夏は涼しく冬はインナーを重ねやすいです。

以前はパンツボトムは、通年使えるアイテムがあることは分かっていながら、春夏・秋冬とアイテムを分けて考えていました。
それでもだいぶ少なく持つ工夫はしていたつもりです。
けれどここ最近の加速した断捨離の勢いでさらに数を絞る決意をしました。
通年通して使えるアイテムを優先して選んでいきます。

なんで?カーゴパンツ

現在チノパンをデイリーに愛用していながら、どうしてわざわざなくしてカーゴパンツ導入するのか不思議に思われるかもしれませんね。

カーゴパンツは現在流行っているわけでもないし、ほとんどの人は入手する必要はありません。
私がカーゴパンツを必要とする理由は、理想の暮らしの体現です。

今もたまにあるのですが、登山とは言わないまでも田舎や里山散策をより楽しみたいのです。
私くらいの軽登山レベルだと、デニムでも良いしチノパンでも問題ない程度だと思います。
夏であればリネンパンツでも良いでしょう。

でもやはり少し行動が限定されている感があります。
今度入手するデニムはリネンデニム。
通常の綿100%デニムとは違うでしょうが、それでもデニムです。丈夫かもしれませんが、ごわごわしてたくさん歩いたり動いたりするには不向きな気がします。
チノパンも同様です。
日常生活では問題ないのですが、この前体調を崩したときチノパンもしんどかったことに気づきました。
体力が消耗したとき、デニムもチノパンも苦しいです。
本格的な登山はしないにしろ、起こり得る体調不良や体力消耗に配慮した服装をしたいです。
リネンパンツは軽くリラックスできますが、秋冬は工夫が必要です。

リラックスして動きを妨げないパンツ、軽くて丈夫なパンツとしてカーゴパンツなのです。

これも手作りを考えています。
良い生地に出会えなければ既製品を購入しても良いでしょう。
今検討をつけている素敵な生地があります。
ナイロン混コットン。
厚すぎない生地なのにしっかりと目がつんでいるため、軽くて丈夫で私の求めているものにかなり近いです。
本当はストレッチがあった方がいいらしいのですが、試してみないことにはわかりません。

またハイキングだけでなく、日常生活で何か作業をするときにも使えそうです。

黒?ネイビー?定番カラーに悩む

てろテーパードパンツは試したい生地があったので、昨年シーズンアウトした時期に完成させました。
試着程度でほとんど着ていないのですが、このパンツは定番にはならず、すぐに処分することになりそうです。

今までの夏のパンツボトムの持ち方は以下の通りでした。

  • リネンパンツ(涼しさ重視)
  • デニムパンツ(おしゃれカジュアル)
  • 黒てろテーパードパンツ(きれいめ)

作った「てろテーパードパンツ」は「黒てろテーパードパンツ」の代用にするつもりでした。
生地に申し分はありません。
シルエットもばっちり。
問題は…色です。
黒ではなく、ネイビーを選んでしまったのです。
それが間違いでした。

黒は以前は愛用していたし、褒められることも多かったのですが、近頃はわざと敬遠していました。
きれいめなポジションに黒パンツを用意しておきながら、あまり履かないようにしました。
黒が嫌いになったからではありません。
ファッション本を読み、黒は避けた方が良いと書かれていたので実践してみたのです。

そして知ったのです。
私は黒を安易に使うより、ネイビーを安易に使う方が向いていないことを。

ネイビーは何度か試しましたが、とても難しい色です。
ネイビーにも色味があり、合っていると素敵に着られるのですが、合っていないとちぐはぐな印象で違和感があります。
まるで私という存在が、別の誰かになっているような___。
特に苦手なのが紫みの強いネイビー。
紫そのものは似合わない色ではないのですが、紫を多く含んだネイビーはどうも疲れてみえます。
別の誰かを演出したいときは着たらいいと思いますが、まずは自分に忠実になりたい。
ネイビーは黒ほど強いインパクトを与えないため、他の色と合わせやすく、無難に着られてしまいます。
そこが最も危険なのです。
少しずれていてもそこそこ様になるため「まぁいっか」で済ませてしまいそうになる。
気づいたら別人の人生を歩んでいた…なんてことになるのではないかと危惧を抱いたのです。

その点、黒はインパクトが強いため、間違った使い方をすると問題点がはっきりと明示されます。

ネイビーだから安心___みたいな考えに取りつかれないよう、今度はネイビーを意図して避けようと決めました。
どうしても必要なときは徹底的にこだわりぬくつもりです。

黒を避けて勉強になったこともあります。
無難な黒ではなく、意図して黒を選ぶようになりました。
自分らしさを取り戻すように、黒の力を借りたいです。

手持ちのテーパードパンツは唯一夏でも気楽に着用できます。
夏用のアイテムを入手次第、手放す予定です。

新しい黒パンツについてですが、ストレッチ入りスキニーかストレート、またはてろテーパードで考えています。
フルレングスでなく9分丈でもいいかもしれませんが(9分丈の方が使いやすいだろうけれど)、中途半端な丈はなぜか苦手なので考え中です。
黒にスキニーだと夏に暑い感じですが、デニムと違い黒パンツはきれいめきちんとめ担当なので、暑い寒いは関係ありません。
きちんと見えることが大切です。
黒なのでドレッシーになりやすく、もともと普段使いしにくいアイテムですが、この理想のパンツラインナップだと割と出番は多そうですね。
とはいえ夏用黒パンツを用意するまでもないと考えています。
夏は季節がら、他のシーズンよりくだけた印象なので、きちんとシーンでも結構リネンパンツやデニムでいけそうな気がします。

  • 暑いのが嫌なら他のパンツボトムorワンピースを着用
  • きちんとめパンツスタイルが必要なら、暑い寒い有無を言わさず黒パンツを着用

このプランで問題なく過ごせそうです。
あとは実践して考えてみます。
黒は洗濯で色褪せもしやすく、もともと寿命が短いアイテムなのでいろいろ試しやすいです。
流行を取り入れてもいいですね。

少ないワードローブは計画的に

服を少なく持つためには、1点1点に無駄がなく、調和がとれていることが大切です。
自分の暮らしをよく考え選び抜く作業はとても難しいのですが、導き出されたアイテムはきっと理想の暮らしを後押しするパワーとなってくれるであろうと信じています。

今回紹介したパンツボトムのほかに、運動用ジャージ、レインパンツも検討中です。
デニムを選びましたが、いずれなくせないかとも考えています。

暮らしを紡いでいくなかで、よりベストな持ち方が選べたら良いと考えています。
丁寧に選び抜いたアイテムはたとえ間違っていても、私とモノとの深い信頼関係を結ぶ一助となるはずです。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280
レクタンブル(大)336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする