パターンレーベルさんのフレアスカートおとなを作りました!

手づくりしたフレアスカート

春に制作した服の紹介です!

断捨離の果てにスカートをすべて手放しましたが、
やはり1着もないと少々不便があったので、作ることにしました。

パターンはいつも馴染みのパターンレーベルさんより。

フレアスカートは気分が上がりますね!

周りからの評判も上々、褒められスカートができました。

ウエストゴム仕様なので着心地も楽で、作るのも簡単、1日でできますよ!

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280

私のフレアスカート

パターンレーベルのフレアスカート

私のフレアスカートです。

パターン:パターンレーベル フレアスカート大人Mサイズ
生地:鎌倉スワニー 【ワケあり】イタリー製コットンツイル ベージュ
副資材:15mm幅ゴム 他

セールで購入した生地

生地は先日の鎌倉スワニーのセールで購入しました。
春服の生地4着分の他、副資材など購入して5,000円ちょっと。

私の服は定番生地で購入したら1着当たり5000円くらいなので、かなりお安く仕入れることができました。

ワイド幅2m購入して948円。

関連記事→【洋裁】安いっ!鎌倉スワニーのセールで生地を大量購入しました!

裏布はキュプラを購入しました。
送料込みで970円。

と・こ・ろ・が!

なんと違う裏布生地が届いたのです!

関連記事→楽天市場で購入した商品が間違って届いた!通販トラブル再び!

すぐにお問い合わせし、正しい商品を送ってもらいました。
お店の対応には非常に満足しています。

間違って届いた商品は、「返品不要、良ければ何かにお役立て下さい」とのこと。

昔の私だったらラッキー♪って思うかもしれませんが、なんたって今はミニマリスト。

無駄なモノを持ちたくありません…。

間違った商品をどう処理するか考えました。

求めたのはキュプラの高級裏地でしたが、間違って届いた生地は夏用のさらさらしたポリエステルの裏地。

私の厳選ワードローブで、何か仕立てるあてはありません。

メルカリなどで売ることも考えましたが、もともと安い裏生地で、けちけち裁断する予定だったため用尺が少なく、買い取り手がつくとも考えられませんでした。

そこで、発想の転換。
間違って届いた生地で、フレアスカートを仕立て、正しいキュプラ生地を保存しておくことにしました。

表地はコットンツイルなので、裏地が夏用でも違和感はありません。

夏用生地は購入予定だったキュプラ生地より幅が狭く、
パターン通りでは裁断できなかったため、後ろで接ぐことで対応しました。
本当に、用尺は余裕を持って購入した方がいいですね。

キュプラ生地は冬に仕立てたいと考えていたスカートに使うか、
そのままペチコートを作っても良いでしょう。

ハプニングはありましたが、我ながら上手く対応できたなと思います。

フレアスカートについて

今なおフレアスカートは人気かつ流行だと思いますが、年々丈が長くなっている気がします。

パターンより長く、ぎりぎり生地で取れる長さにアレンジしました。

総丈62cmほどになりました。

シルエットは綺麗で、丈も丁度良く、良い感じです。

以前作ったときは、生地にやや重さと固さがあり、試着だけでお蔵入りし、処分しました。

パターンの処分も考えましたが、もう一度生地を変えて挑戦してみることにしました。

この生地は以前のものより少し薄くて柔らかいので、失敗作よりずっと素敵なスカートができました。

ボリュームを抑えたウエストゴム仕様

ウエストゴムですが、お腹周りのボリュームを抑えたパタレ仕様になっています!

ポケットの付いたスカート

大人女性のスカートでは珍しい、ポケット付きです。

あるととっても便利です!
ハンカチ入れたり、ちょっとしたお出かけならハンズフリーで行動できます。

難点というか、思うところ…

シルエットが綺麗なのにゴムウエストで着心地が楽なんて、最強アイテムのようですが、あえて問題点を並べていきます。

デメリット1:用尺が必要

今回は何とかワイド巾2mで仕上げましたが、上下柄方向のある生地では無理です。

説明書ではシングルで275cm必要です。

こんなに用尺が必要だと作るのに勇気がいりますね。
お金がかかります。

デメリット2:フレア分量が多い

このスカートの長所なんですが、日常生活を過ごすには、サーキュラースカート的な分量はちょっと多すぎる印象です。

可愛いは可愛いです

普段用のスカートにしては少し動き辛いかなと思います。
もう少し履いて検証していきます。

デメリット3:少し重い&かさばる

フレア分量が多いことに派生します。

私はワードローブのミニマル化を目指し、服の数を少なくしています。
数はオールシーズン20着前後と整ってきたので、現在では服そのもののコンパクト化を考えています。

軽い、乾きやすい、かさばらないなど。

あんまり合理化に突き進むと楽しくないので、自分に合った服のデザインでなるべく薄く、軽いものを選ぶようにしています。

作ったフレアスカートは一般的には重くはないと思います。
ただちょっとかさばります…。

デニムやチノパンと同じくらいです。
デニムは「重い」という理由で既に断捨離済みです…。

関連記事→【断捨離】とうとうデニムを手放しました!私らしいスタイルを目指して

デニムより柔らかくて軽めなチノパンさえ存在が危うところ。

関連記事→2017年の冬服は10着!30代女性ミニマリストのワードローブ

私にとって「重い」は鬼門です。

「フレアスカート」は旅行に着ていくには良いけれど、カバンに忍ばせるには難しいかな。
これなら、リバティプリントのワンピースの方がずっとコンパクトに持てそうです。

リバティプリントのワンピースは持っていませんが、ブラウスは作ったのがあります。
実はこれが本当に薄くて丈夫で、しわになりにくく、かなり心奪われてしまっているのです。

リバティプリントのタナローンを知って軽量化へ開眼したと言っても過言ではありません。

作ったばかりのフレアスカートは決して悪くはありませんが、理想に遠ざかるアイテムになってしまいました。

デメリット4:再加工しにくいデザイン

じゃあリバティプリントで、フレアスカートを作ろうと考えます。

が、このパターンでリバティプリントは、ダメではないけれど、もったいないと思います!

というのも、このパターンはボリュームたっぷり感を出すため、4枚接ぎになっています。

しかもウエスト周りをすっきりとさせるため、脇のラインがかなり斜めになっています。

一般的なギャザースカートだったら、端の耳をそのまま使うか、緩やかにカーブしているくらいなのに。
つまり無駄が全然出ません。

仕立てた後、万が一気に入らなかったとき、再加工しやすいのは、簡易的なギャザースカートに軍配が上がります。

高価なリバティプリント。
柄のデザインによっては、なるべくハサミを入れないで済む仕立ての方が良いです。

シルエットの美しさとフレア分量の多さではパタレのフレアスカートが優秀でしょう。

フレア分量の多さにそこまでこだわりがない私は…このパターンを使うあてがなくなってしまいます。

う~ん。
素敵なパターンなんだけれど、私の暮らしには合わないのかな…。
苦渋の決断をするときがくるかもしれません。

関連記事↓

一度シンプルなギャザースカートを仕立ててから、考えてみたいと思います。

たくさん履きこんで、自分らしい1着を!

フレアスカートは私に似合っているようで、履くと評判が良いです。

今まではスカートを履きたいときはワンピースで対応していました。
スカート単品は着こなしに変化をつけられ、とても使いやすいです。

理想の1着を見つけるためにも、今あるこのフレアスカートをたくさん履いて楽しみます。

私が春に作った他の服についてはコチラ↓

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280
レクタンブル(大)336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする