【洋裁】ワンピースをリメイクしてブラウスを作りました!

ワンピースをリメイクしてブラウスに

手放す予定だった夏物のワンピース。

私という人間は、手に入れたばかりで気に入らないモノは簡単に処分できるのに、
愛着のあるモノはボロボロになっても手放し難くなる性分です。

もう少し活躍してもらうことにしました。

とはいえ、ワンピースとしては扱いにくかったので、ブラウスにリメイク。

一から作るより時短でできるし、簡単ソーイングです。
十分着た服なので「失敗しても良いや」と思い切りよくできました。

最後まで使いきれるって気持ちが良いですよ。

昨年大活躍したワンピース

元のワンピースは一昨年に制作し、特に昨年はヘビロテで活躍しました。

関連記事→たった3枚で十分?ミニマリスト女性の2017年夏服とは

篠原ともえさん「ザ・ワンピース」

篠原ともえ「ザ・ワンピース」のリバティプリントワンピース

パターンは篠原ともえさんの「ザ・ワンピース」より『リバティプリントワンピース』です。
私はリバティを使いませんでしたが。

当時流行っていたチューリップ袖になっています。

サイズ感は作る前に「細身!細身!」とレビューを拝見し、恐れをなしてLサイズで仕立てました。
無事着られて良かった…!
Lサイズだけれど、確かにSMサイズ感くらいの細身でした。

開襟のワンピース

想像以上に気に入ったのが開襟です。
最初は「古いデザイン」に思えましたが、着てみると自分によく似合い、「レトロかわいい」です。

スカートはたっぷりギャザーがあって、サーキュラースカートほどになっています。

用尺がたっぷり必要で、まだ洋裁経験が足りなかった私は「失敗」を想定して、激安生地を使いました。

お盆明けにセールで購入した夏生地のサッカーです。

パジャマに使えそうな生地だったので部屋着感がありますが、シルエットが綺麗だったので外でも着られます。

サッカー生地はとても涼しく、夏に重宝しました。

傷んできたので処分を検討

たくさん着たこともあり、傷みを感じていました。

全体的に色褪せてきたし、スカートのお尻部分は薄くなっていました。

薄手生地はどうしても劣化が早いのかもしれません。
ボリュームのあるスカートは用尺がたくさん必要なので、『お高くつくデザイン』ですね。

ヘビロテするなら、そこまで日常生活にギャザーたっぷりは必要ないので、生地巾なり×2程度が妥当かなと思いました。

サーキュラースカートは可愛いんですけれどね。

あと、デザイン的にチューリップ袖が少し若々し過ぎるように感じました。
生地の色と小花柄の可愛さもあって「too much」の印象です。
篠原ともえさんは綺麗に着こなしていたんだけれど…。

他に服はあるし、もう手放し時かなと思っていました。

ブラウスにリメイク!

処分してウエスにしようと解体していたとき、スカートのボリュームたっぷりさに「服が1着作れそうだな」と思いました。

お気に入りのブラウスの型紙をあててみると、長袖は無理でしたが、半端丈なら作れそうでした。

このワンピースはいつ処分しても良いモノでしたが、
今後仕立てたワンピースが気に入らなかったとき、2次加工できる手段があれば、気軽に作れます。

ワンピースって用尺が必要だし、使用頻度も少ない方なので、作るのに勇気がいるんですよね。

リメイクの練習に、挑戦してみることにしました!

リメイク手法

リメイクしたブラウス

開襟デザインが気に入っているので、上見頃をそのまま活かすのも良いのですが、なんせ細身!
ウエストダーツは前後合わせて8本もあります。

ハイウエストなので、ブラウスにするにはぺプラムなどをつける必要があります。
…が、私はあまりぺプラムブラウスが好きではありません。

なので、たっぷりのスカート部分を使って、ボタンホールや接着芯を活かしながら、裁断しました。

ブラウスの裾はそのままスカートの裾を利用しました。
一度ほどいて、新たにラインを引いた方が丁寧ですが、時短を優先しました。

襟はノーカラーにしてパイピングで始末しようと思いましたが、やっぱり開襟デザインが好きなので、ワンピースから取り除いて無理やり付けました。

見返しの処理などは、洋裁の先生からしたら悶絶ものかもしれませんが、目立たないので良しとします。

袖は生地方向を無視して、取れるだけの長さを使いました。

袖口にゴムを入れた始末

袖口はアレンジ。

ゴムを入れてみました。

大好きな型紙ショップ『パターンレーベル』さんで、ここのところ、袖口ゴム仕様が多いんですよね。

ボリューム袖が流行っているので、きゅっと絞った袖口は今風だし、腕まくりがしやすくて合理的です。

めちゃくちゃ気に入りました!!

カフス袖も良いけれど、これからは袖口ゴムも取り入れよう!

5mm幅のゴムを3本入れるつもりでしたが、2本にして先はフリル仕様にしました。
…決してゴムを入れるのがめんどくさくなった…わけではありません(汗
これがまた正解!
とっても可愛い!!

袖丈はゴム入れ部分を切り替えたので長さが出て、私が着ると8~9分袖くらいになりました。

この袖丈、すごくいいかも!
7分袖はあまり好きではないけれど、このくらいだと、手首がみえてすっきりして見えるし、通年着られそうです。

かなり「簡単」を優先したリメイクソーイング、大成功です!!

今夏ヘビロテの予感

先日、仕立てたばかりの服にトラブルがありました。

関連記事→【洋裁】作ったばかりの春服に早くもトラブル発生!補修しました!

補修した白リネンブラウスは真夏には暑そうだし、そこまで気に入っていないので6月いっぱいで手放します。

今夏のワードローブは

  1. 白リネンフレンチスリーブブラウス
  2. ベージュリネンノーカラーブラウス
  3. 黒リネンブラウザー
  4. 黒リネンパンツ
  5. ブルーコットンストレッチテーパードパンツ
  6. ベージュコットンツイルフレアスカート
  7. 紺リネンカーディガン
  8. シルクリネンのカーディガン
  9. ノースリーブワンピース

に『リメイクしたブラウス』を加えて、10点で着回します!!

関連記事↓

着心地の良いパターン(型紙)を使ったし、涼しい素材なので、今夏に大活躍すること間違いなしでしょう!

「難しいかも」「失敗したら嫌だ」なんて抵抗があるソーイングも、
着古した服のリメイクなら気軽に挑戦できます。

たっぷり着込んで使い切ることができる、リメイクって素敵ですね。

 

関連記事→ダブルガーゼのブラウスを解体してふんどしパンツを作りました