新しい服なのにまたまたトラブル発生!取れないシミ!今度は処分?

シミがついたスカート

持っている服のほとんどを手づくりしています。

今年の春夏用に新たに作った服は7着。

そのうち2着に、先日トラブルがあり、補修をしました。

一安心したのも束の間、また別の服にトラブルが発生しました!!泣

いずれの服もセールの生地で仕立てました。

セール品って安くて嬉しいんだけれど____
…もしかしたら控えた方が良いのかもしれません…。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280

作ったばかりの服を補修したばかり

今年の春夏に作ったのは以下の7点です。

  1. 白リネンノーカラーブラウス
  2. 白リネンフレンチスリーブブラウス
  3. ベージュリネンノーカラーブラウス
  4. 黒リネンブラウザー
  5. 黒リネンパンツ
  6. ブルーコットンストレッチテーパードパンツ
  7. ベージュコットンツイルフレアスカート

2.白リネンフレンチスリーブはケチケチ裁断で布が余ったから作った「おまけ」です。

関連記事→30代女ミニマリストの手作り春夏ワードローブの感想まとめ!

先日補修したのは、「1.白リネンノーカラーブラウス」と「5.黒リネンパンツ」です。

白リネンノーカラーブラウス

わたしの好きな、ミニマルな10着より、ノーカラーブラウス

白リネンは「ワケあり品」承知で購入したものの、あまり気に入っていませんでした。
予想よりごわごわしていて、厚めで固め。

ブラウス兼ジャケットとして仕立てました。

関連記事→『わたしの好きな、ミニマルな10着』よりブラウスを作りました!

穴が空いたブラウス

あまり好いていない気持ちが伝わったのか、ボタンはとれるは、背中に穴が空くはでトラブル続きでした。

6月いっぱいは着たいので、接いで修理しました。

黒リネンパンツ

『わたしの好きな、ミニマルな10着』よりテーパードパンツ

当初は別の作品を作る予定で購入したリネンを使いました。
お揃いでジャケットも作っています。

関連記事→【洋裁】夏のリネンパンツとリネンジャケットを作りました

ゴムベルトが傷んで穴が空いた

黒リネンパンツは気に入っていました。

ただ、手元のゴムを使いたかったため、無理矢理入れたのが良くなかったです。
2か月でウエストベルトがボロボロになってしまいました。

生地が余っていたので、ウエストベルトを作り直しました。

関連記事→【洋裁】作ったばかりの春服に早くもトラブル発生!補修しました!

再度トラブル発生!これはシミ?

またトラブルが発生しました!

今度はフレアスカートです。

関連記事→パターンレーベルさんのフレアスカートおとなを作りました!

パターンレーベルのフレアスカート

洗濯をした後で気づいたのですが、スカートの裾にシミが付いている…!!

洗濯した後でシミになった

ちょっと分かりずらいですね。

近づいてみるとこの通り↓

洗剤によるシミ

汚れというか、ちょっと蛍光色っぽくみえるので、洗剤による変色かな…?

思い当たるのは、お風呂掃除…かな。

先日このスカートを履いたままお風呂掃除をしたんです。
ええ、とっても作業がしにくかったです。

私はナチュラルクリーニング派ですが、家族は違うので、共通で使う場所は家族の用意した洗剤を使っています。

お風呂用の洗剤なので、多分、ちょっと強力なモノ。
気をつけていても、裾がすれてしまったのかもしれません。
掃除するとき、スカートを脱げば良かったですね。

フレア分量が多いから、一見気づかないけど、やっぱりシミは気になります。

この手のシミは自宅で落とすのはちょっと難しそう。

実はあまり気に入っていなかったから、手放しても良いかなと思っています。

セール品を購入するリスク

今回トラブルが起こった服の生地は、黒リネンパンツ以外は3月にセールでまとめ買いしたものです。

関連記事→【洋裁】安いっ!鎌倉スワニーのセールで生地を大量購入しました!

定番品のススメ

セールで買っておいてなんですが、普段はなるべくセールで買わないようにしています。

定番生地で作ったら、気に入ったらまた同じ生地で同じモノを作ることが可能だからです。

どんな生地を使うかは「楽しい悩み」でもありますが、ミニマリストとしてはあえて選択肢を減らすことにメリットを感じています。

悩まなくて良いし、失敗のリスクも減ります。

セール品のメリット

セール品にもメリットがあります。

なんてったって安い

新しいパターン(型紙)に挑戦する時は、完成した作品が気に入るか分かりません。
失敗もするかもしれません。
私は、気に入らなかったら即手放し、気に入ったら補修しながらとことん使い切る両極端なところがあります。

色や形など新しいことに取り組むときは、セール品で試すようにしています。

セール品のデメリット

セール品を買うデメリットは、安さにつられて余計に買ってしまうところ、
アウトレット品などは「ワケあり」が含まれていることでしょうか。

マイルールで、在庫布は極力持たないようにしています。
「ワケあり品」はわかっていて選んでいるので、問題箇所が気にならにように仕立てれば良いことです。

関連記事→【洋裁】セールで生地を買う時に考える事!在庫布を持たないように

最大のデメリットは、「安いから、いい加減に選んでしまうこと」かもしれません。

無駄なモノは買っていませんが、妥協したのは事実です。
少々博打要素も強かったです。

その結果、満足のいかない作品になってしまいました。

あまり気に入っていないと、どうしても扱いが粗雑になってしまいます。

白リネンノーカラーブラウスも、フレアスカートも、気づかぬうちに雑に扱っていたかもしれません。
それで早く傷んでしまったのかもしれません…。

とはいえ、一番の目的は「作ってみたかった」ことです。

前々から気になっていた型紙を使え、実際に試せたことはとても良かったです。

ちなみに、これだけ失敗しても、リカバーできるくらいセール生地の価格は安かったです。
一緒に購入した他の着分2点は気に入っているので、徹底的に着倒します。

処分方法について

フレアスカートは可愛いんですけれど、少し重くて、フレア分量が多くてかさばります。
汚れ云々以前に断捨離候補でした。

古着回収が近々あるので、手放すつもりでしたが、母に「もったいない」と止められました。(←実家暮らしあるある)

汚れている個所以外は、生地としては使えるので、再加工の機会を待とうかな。

気持ち的にはすっぱり捨てたいけれど…。

いまひとつ、この生地を使って何かを作る気が湧きません。
気に入っていたら、リメイクとか色々するんだけれど…。

関連記事↓

これからは、端切れさえも大事にしたいと思える生地を選ぶようにします。
処分する心理的負担が軽減されますから。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280
レクタンブル(大)336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする