季節の合間に着ている服の見直し!冬服と夏服で春をしのぐ!

急に暖かくなってきました。

季節の合間に着る服が欲しいと思いつつも、まだ入手できていないのは、
着る期間が本当に短いからですね。

とはいえ、私の服は「暖かすぎる」か「涼しすぎる」かの両極端。

1~2着で良いので季節の合間に着られる服があると重宝します。

最近のワードローブと、必要アイテムを書き出してみます。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280

冬服と夏服を狭間で

この冬は10着の服で過ごしました。

関連記事→2017年の冬服は10着!30代女性ミニマリストのワードローブ

基本は冬服を利用

  • リバティタナローンブラウス
  • 無地カットソー
  • チノパンツ
  • テーパードパンツ★
  • 純毛セーター☆
  • ウール混カーディガン
  • フリースジャケット
  • ウールワンピース☆
  • ニットワンピース☆
  • ロングコート☆

このうち☆のついた4点は、冬服感が強いため、3月に入ってほとんど着ていません。
★のテーパードパンツは傷んでいたため手放しました。

春夏服を合わせて

新たに投入したアイテムが

  • 黒のリネンパンツ
  • 紺のリネンカーディガン

黒のリネンパンツは今年に入って作ったばかりです。

関連記事→【洋裁】夏のリネンパンツとリネンジャケットを作りました

揃えで作った黒のブラウザー(ジャケットのように着られるブラウス)はまだ着ていません。

紺のリネンカーディガンは、薄くて涼しくて、夏に重宝しています。

関連記事→Rick Rackのヨーロッパリネン天竺で作ったカーディガン最高!

純毛のセーターを脱いだら、ブラウスなどトップスの上に、このリネンのカーディガンを羽織ります。

いささか季節を急ぎ過ぎた感があります。

肌寒さを感じたときは、ほかのフリースか、ウール混カーディガンに着替えます。
ちょっと春らしさはありませんが、手持ち服がないので仕方ありません。

今の季節にあった体温調整がしやすい羽織物が欲しいと考えています。

新しい春夏服を制作中

洋裁が好きなので、自分の服はほぼ自分で作っています。

今年の春夏服は現在制作中です。

関連記事↓

4着分購入して、テーパードパンツを完成させ、ブラウス2点制作中、スカートは資材待ちです。

テーパードパンツは今履けるのですが、何となく残り3点完成させてから着ようとスタンバイしています。

ブラウス1着はじき完成する予定です。

制作中の春服↓

  • テーパードパンツ ネイビー
  • リネンブラウス ベージュ
  • リネンブラウス 白
  • フレアスカート ベージュ

春服もやっぱり10着、でも内容は検討の余地あり

現段階で私の春のワードローブをまとめます↓

  • リバティタナローンブラウス
  • 無地カットソー★
  • 黒のリネンブラウザー
  • チノパンツ★
  • 黒のリネンパンツ
  • 紺のリネンカーディガン
  • ウール混カーディガン
  • フリースジャケット

★マークは、春服を仕立てたら、手放す予定です。

春服が完成したと仮定すると以下の通り↓

  • リバティタナローンブラウス
  • リネンブラウス ベージュ
  • リネンブラウス 白
  • 黒のリネンブラウザー
  • 黒のリネンパンツ
  • テーパードパンツ ネイビー
  • フレアスカート ベージュ
  • 紺のリネンカーディガン
  • ウール混カーディガン
  • フリースジャケット

なんと!いつも通りシーズンのワードローブは10着になりました。
私が管理できるのはやっぱり、シーズン10着のようですね。

ただ、内容はバランスが悪いと考えています。

春服を新たに足しても、肝心の季節の変わり目に重宝する羽織物がありません。

黒のリネンブラウザーはジャケットとしてカウントできますが、
ブラウスとして着用するので、トップスは4枚です。
1枚減らして、ワンピースを足したいところです。

羽織物は冬物を外し、季節に合ったものを用意したいです。

今シーズンはじきに暖かくなるので、今のままで間に合わせるとして、
来シーズンの課題にします。

少ない数だと、足りないアイテムも気づきやすい

昔、混沌としたワードローブだったころを思えば、
「服が少なくて」「服が足りない」状態であるにもかかわらず、
なんとか過ごせることに成長を感じます。

大満足のワードローブまで、あともう少しというところですね。

モノの数が少ないと、問題点に気づきやすくなります。

理想のワードローブは服を減らしたことで近づけるようです。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280
レクタンブル(大)336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする