新元号に向けて手放した衣類を紹介!ワードローブはほぼ総入れ替え!

令和のはじまりの断捨離

新時代『令和』がはじまりましたね!

「新しい時代には新しいワードローブを!」と、服のほぼ総入れ替えを検討してきました。

服はほぼ手作りしているので、急に用意できません。

除外ルールとして

  • ここ1年以内に作ったばかりの服は残して可
  • お気に入りは残して可

としました。

服のほとんどを手放すことができましたよ!

気分も一新!

手放した服についてご紹介しますね。

断捨離した衣類

昨年、新時代に向けてワードローブを一新できないかを考え、記事にまとめました。

約半年前ですが、ご紹介した当時の手持ちワードローブ10点のうち9点を手放しました!

ブラウス2点

手作りしたブラウス

かなり頻繁に着ていたリバティのブラウスは、袖口が擦り切れているのを発見して冬の間に処分しました。

袖口だけなら切って7分袖に仕立て直すのも良いけれど、脇のあたりなど他にも劣化がありました。寿命ですね。

リバティタナローン生地は薄けれど丈夫で、推定200回ほど着たと思います。高価だけれど、たくさん着たら十分元とれてます。

リネンのブラウスはもう少し着られる感じだけれど、若干着にくいのが難点。

肩幅が広いのでLサイズで仕立てたんだけれど、肩がちょっと大きかった!

見た目的には肩に合っているように見えるんだけれど、肩が大きい違和感が拭えず。いつもは肩が窮屈な思いしている方だけれど、肩が大きい服も着にくいんですね。

近頃はワンピースばかり着ているので出番もないから手放します。

リネンブラウザー

『おしゃれ着を手作りで。』よりショールカラー七分袖ブラウザー

前回の記事にも書いていたけれど、あまり気に入っていないジャケット感覚で着られるブラウス。

半袖のワンピースがあるから季節の合間に必要と思って残しておきましたが、結局着ることはありませんでした。4月といえど寒い日が続いていたので、羽織るのはフリースか母の上着を借りて事足りました。

服の片付けでは、「次のシーズンで新しい服を買ってから手放そう」という考えもありますが、その後ほぼ使うことはないので、不要と感じたら即処分でなんとかなりそう。

なければないであるものを利用するか、お気に入りを探して早々に買いますからね。

テーパードパンツ

fab-fabricさんの無料型紙で作ったテーパードパンツ

ブラウスと同じく、ワンピース派になったので着用率が激下りです。

パンツボトムは本気の作業着として持っておきたいアイテムの1つ。

残しておくことも考えたけれど、パンツボトムに対する考え方も変わってきているので、潔く処分することにしました。

今度のパンツボトムはワンピースなど重ねやすいように、前開きでなくウエストを紐などで調整するタイプが良いんですよね。今のも十分軽い方だけれど、より軽やかでカジュアルな素材が良いし。

狙っているのは「うなぎの寝床」のモンペです。型紙をゲットして作りたい!

昨シーズンに十分履いているので、手放しても惜しくありません。

ワンピース2点

手作りしたワンピース

ワンピースも2点とも処分しました。

リネンのワンピースは新しいワンピースを仕立てるまで着ていましたが、ノースリーブの夏用ワンピースはシーズンオフになってから一度も着ていません。

元々処分する予定だったけれど、春服の用意が間に合わなかった場合に備えて念のため残していました。けどリネンブラウザーと同様にやっぱり着ないものですね。即処分すれば良かったです。

リネンワンピースは昨年の夏に仕立てたばかりだけれど、重ね着をして冬の間もたっぷり着ました。

作った当初は重みを感じていたけれど、冬の間は気になりませんでした。とは言え、普通地~くらいで作った分量たっぷりのワンピースはやはり重いので手放します。

重いかも…?最愛のリネンに欠点が!?手持ち服の重さを測定!

服が少なく、2日に1回くらいの頻度で着ていたので150回くらい着用しましたね。

クタクタで色褪せもあるけれど、生地そのものは厚みがあるからか傷みもなく、まだ着られる?と言えば着られるのかな?

重さが気にならなければ、染め直すなどで長く愛用できたかもしれませんね。

リネンは丈夫で長く着られるから自分の身体に合った・パターンにあったリネンを選ぶことが大切だと実感しました。

羽織りもの2点

手編みのカーディガンと長年着ていたフリースジャケットを手放します。

毛糸だまよりガンジーカーディガン

手編みのカーディガンは周りの評判が良いんだけれど、袖口が長くてたるみがちで用事をするとき邪魔になるんですよね。

3シーズン着たし、もう十分かなって。

フリースジャケットは確か2011年の秋に買ったと思います。

パジャマの上から着るガウン代わりになって、外でも着られるものを______と考えて選びました。

当初はガウン代わりとしてしか使っていなかったけれど、次第に普段から着るようになりました。

フリースは軽くて暖かくてポケットもあって便利なんだけれど、「ジャケット」タイプだからかちょっとごわつきます。肩が凝るというか。

手編みのカーディガンの方が体の動きに沿って楽なんですよね。母に借りて着てみたライトダウンも楽です。

だいぶ良くなってきているけれど、肩を痛めているので、着心地の良さは優先させたいから手放します。もう十分着ましたしね。

ユニクロの製品なので手放すときはリサイクルボックスへ持って行くだけなのも良いですね。

コート

ジャケットとコートの手ほどきよりクラシカルコート

所持していた唯一のコートも手放します。

今コート無しです、私!!!

初めてコート作りに挑戦した作品です。

着心地もよく、思い入れもあるけれど、気分じゃなくなってきたので。

3シーズン着ましたね。

現状のワードローブは基本「白・黒・ネイビー・ピンク」が多いので、次のコートはネイビーかピンク系にしようと思います。色の整理にもなりますね。

冬ワンピース

ワードローブ総入れ替えを唱えた後に作った冬素材のワンピース。

どっちかっていうと、新しい型紙のお試し的に作っただけなので思い切って処分です。

現在の服は3着

現在の服の数は3着です。

  • 母の手作りセーター
  • ワンピース2着

10着持っていたうち、残した服は母が作ってくれた手編みのセーターのみ。年季モノです。純毛で暖かく着慣れているしお気に入りなので、新時代に持ち越しました。

今着ているワンピース2着は春に向けて、新時代のために用意したワンピースです。

流石に3着だけで通年過ごすのは厳しいので、少しづつ足していきますよ。近々の予定では、ワンピース1着と、ブルゾンを仕立てます。生地も用意してあります。これで半年は大丈夫!

ワードローブほぼ総入れ替えって気持ち良い!

ワードローブをほぼ全取っ替えしました。

もともと数が少なく、着ない服は持っていません。そんな中でもあまり着ない服や気に入っていない服、今の自分に合わない服を手放せて良かったです。

お祝いムードが漂う気持ちのいい時期です。

新しい時代にどんな風に生きたいのか思いを馳せれば、手放せるものがあるかもしれません。

きっとその先には素敵な未来が待っていると信じています。

手放した服の処分方法についてはコチラの記事をどうぞ↓↓↓