真冬に突入するのに、重ね着パンツや腹巻・タイツにヒートテックを断捨離!

断捨離した冬物肌着

寒さが厳しくなってきました。

暖かい衣類が活躍するときですね。

そんな中、私は「暖かい下着」を断捨離しました。
買い替えはしないので、本当の意味で手放しです。

冷え症対策が功を奏して、不要になってしまったのです。

今回は、手放した「暖かい下着」と、冷えに強くなった秘訣についてお伝えします。

捨てる暖かい下着について

断捨離した暖かい下着

断捨離した「暖かい下着」です。

左上から時計回りに

  • ファルケのファミリータイツ
  • ヒートテック半袖Tシャツ
  • 重ね着パンツ×2枚
  • 腹巻×2枚

順に説明していきます。

ファルケのファミリータイツ

私はタイツが大好き!

いろいろ試して、私の中で丈夫さ、暖かさ、履き心地と考慮した結果、ファルケのファミリータイツが最高でした。

お値段は3,000円ほど。

ちょっと高いけれど、十分満足できます。

手放す理由は、昨年たっぷり履いてもうだいぶ傷んでいるから。

今シーズンの買い替えまで一応持っておこうと所有していました。

けれど、後述しますが、大好きなタイツだけれど断捨離できないかな?と考え、買い替えをしないことにしました。

ヒートテック半袖Tシャツ

ヒートテックは全て断捨離したと思っていたけれど、1枚だけ残っていました。

多分半袖だから、他にTシャツ持っていないので、残しておいたのかな。
黒だから、他の衣類に紛れて気づきませんでした。

ヒートテックはたいして暖かくないし、ヒートテックを着て体調崩したことがあるので、この機会に断捨離です。

私はヒートテックのような発熱系は、体に合わないみたいです。

重ね着パンツ×2枚

以前は通年重ね着パンツを履いていました。

真冬は重ね着パンツにさらにレギンスなど重ねていました。

暖めることが冷え症対策に良いと信じて。
でも、重ねても暖かくならないことに気づいて、徐々に重ね着を減らしていきました。

ここ最近は生理の時の「ズレ防止」のためだけに、生理期間中のみ履いていました。

今では、生理期間中も履かないようになりました。
履かなくてもズレなかったし、楽に過ごせました。

生理痛は冷えるときつくなるので、冬に必要を感じるかも知れず、念のため残していました。
けど、先日の生理も履かなくて大丈夫だったので、断捨離します。

実はだいぶくたびれていて、買い替えを検討していました。
買わずに済んで良かったです。

シルク混腹巻×2枚

私は長年腹巻愛用者でした。

この腹巻は、他のアイテムと同様、選びに選び抜いた一品です。

オルビスのシルク腹巻。

腹巻って締め付けがきついと苦しいし暖かくありません。
緩いと、上に着る服のシルエットが乱れます。

オルビスの腹巻は長めになっていて、伸ばしてチューブトップのように着て胴体全体を暖めたり、2重にして腹部を集中的に暖めたりと、とても使い勝手が良かったです。

お気に入りのアイテムで、重ね着パンツ同様に昔は通年着用していました。
ここ数年は、生理時の冷え対策のために使ったり使わなかったりです。

今秋ごろから、意図して腹巻を使わないで生理期間を過ごすことを決めました。

冷えるときつくなる生理痛___、暖める存在の腹巻を辞めたのに、辛くなるどころか楽になれました。

一応冬は必要を感じるかもしれないと残していましたが、手放しても問題なさそうです。

重ね着パンツと腹巻は、秋のはじまりに今シーズンで手放したいモノリストとして挙げたものです。

願えば叶うようで、早々に断捨離できました。

締め付けない方が暖かい

さて、最近の私はとても冷えに強くなりました。

その秘訣は「締め付ける衣類」を手放しつつあるからだと思います。

ふんどしパンツで冷え症改善

最初にはじめたのは、ショーツをふんどしパンツに替えたことでした。

ふんどしパンツは普通のショーツと違って足の付け根___鼠蹊(そけい)部を締め付けません。

鼠蹊(そけい)部が締め付けられると、リンパや血液の流れが悪くなり、冷えやむくみの原因になったりします。

ふんどしを履けば、スースーと風が通ります。
寒いんじゃないか?と思われるかもしれませんが、血液などの循環を阻害しないので、逆に冷えることはありませんでした。

最初は自分でも信じられずに、今まで通り重ね着を続けていましたが、心の声に従って、重ね着を少しづつ減らしていき、必須だったヒートテックさえ断捨離できるまでに至りました。

ふんどしパンツを履く以前から、うっすらと重ね着のし過ぎは良くないんじゃないかと考えていました。

なぜなら、重ねても重ねても寒いから。
むしろ重ねるようになったら、余計に重ねる枚数がふえていったから。

ヒートテック2枚重ね
ブラジャー
腹巻
厚手の重ね着腹巻
ショーツ
重ね着パンツ
レギンス
レッグウォーマー
暖かソックス
重ね着ソックス
アームウォーマー

たくさん着込んでいた暮らしから、徐々に減らしていき、ふんどしパンツに出会い、さらに加速して薄着化に成功しました。

現在だと

ふんどしパンツ
締め付けないブラ
靴下

この上にフレンチスリーブのリネンのワンピースにカーディガンを着るだけです。
スッキリ☆

洗濯ものが少ない…!!

生理中こそ締め付けないのが良い!

最後の難題が生理でした。

私は幸い病気ではないものの、生理痛がひどいタイプでした。
生理痛がひど過ぎて著しく体調を崩すことが何度もありました。

原因は主に、自律神経かホルモンバランスの乱れによって体温調整機能がおかしくなること。
急に恐ろしい寒気に襲われたり、大量に発汗したりします。

更年期障害によくある症状ですよね?
これは辛すぎるし、対処を間違うと、かなり危険だと思います。

私は中学生くらいから症状がありました。

最近だと2年前にやらかしています…。

ふんどしパンツに出会い、締め付けは悪いと分かっていても、生理中だけは普通のショーツを履いていました。

布ナプキンを愛用しているので、ふんどしだとズレないか不安があったからです。

冷えると体調を崩す怖さから、重ね着を辞めることができませんでした。

今年の秋に思い切って、ふんどしパンツ+布ナプキンで生理を過ごしてみました。

体を暖める腹巻も重ね着パンツもなしです。

…快適でした。

びっくりするくらい快適で、拍子抜けするくらい楽でした。

漏れもなく、冷えを感じることもなく、生理痛が来そうな気配を感じたら、軽く腰をさすれば数十分と経たずに和らぎました。

こ、これは…!!

私は確信しました。

確かに、重ね着で暖めて、楽になれたこともあった。

でも、重ねて締め付けることで、体調を崩すことが多々あったんだと!!

冷えを予防するための重ね着が、冷え症の悪化を招いていたんだと悟りました。

その後、何度か生理を迎えました。

今までは生理痛対策に夏でもカイロをお腹に当てたりしていました。

寒くなってきているのに、まだカイロを使用していません。

生理痛らしい痛みも少なく、「あれ?もう終わったの?」そんな感じです。

生理中こそ体を締め付けてはいけない。

実践すると、体は驚くほど素直に答えてくれました。

今回、重ね着パンツと腹巻の断捨離を決意したのはこのためです。

生理中には必須のアイテムと思っていましたが、わたしにはもう不要のアイテムだったのです。

タイツは締め付けるから断捨離

タイツを断捨離したのも締め付けないためです。
特に足の付け根を締め付けるのは良くないので。

ただ、防寒としてタイツは不要ですが、おしゃれとしてタイツを必要に感じることがあります。

タイツのコーディネートって可愛いですもの。

もしタイツが欲しくなったら、私は編み物ができるので手編みしようと思います。
一度挑戦してみたかったし♪

手編みのタイツは既製品よりゆったりしているし、大きめに仕立てることも可能です。

締め付けを手放す___と言っても、全ての衣類で実践するのは難しいです。

もし取り入れるなら、なるべくゆったりしたものを選び、頻繁に着ないようにするなど柔軟に対応をします。

手放すと楽になれるモノこそ断捨離!

まぁ、ミニマリストなので、一般的な人と比べるとモノは少なめだし、ポイポイ捨てている方かと思います。

これでも私は、元々は捨てられない人でした。
もったいなくて…。

あるとき気づいたんです。

捨てた方が楽になれるモノってあるな___と。

私にとって重ね着やヒートテックがそうでした。

持たない方が、冷え症に強くなり、洗濯物は少なくなり、収納・管理・コスト、様々な点で楽になれました。

きっかけはふんどしパンツを試したことです。
ふんどしパンツを手に入れ、多くの衣服を手放せて、健康になりました。

今後はふんどしパンツのように、多くのモノを手放せる素敵なモノだけを持つようにしたいと考えています。

重ね着や暖か下着は、私にとっては「必要ない」と教えるために存在したのでしょう。
モノとしてはまだ使えても、すでに役目は終了しているのです。

モノを手放すのが難しいとき、手放したら楽になれるかどうか考えてみてください。

例え「冬に暖かい下着は必要」という一般常識に反しても捨てて楽になれるなら、手放さない手はありません。

苦しさを抱えている方がずっともったいないです。

捨てて楽になれるモノは不要品。
こう考えると少し、手放しやすくなりませんか?

ぜひ試してみてください。