宇津木式の弊害か?使わな過ぎて日焼け止めが劣化していたかも…

宇津木式スキンケアをはじめて3年が経過し、肌の調子は安定しています。

最近は少し冒険をしてみて、いつもなら日焼け止めを塗っていた近場の外出も、日傘や帽子でガードする程度にとどめています。
つまり、正式な宇津木式通りに、日焼け止めを極力塗らないようにしてみたのです。

先日、久しぶりに長時間の外出予定が続き、日焼け止めを塗る機会が増えました。

きちんとケアしたので日焼けはしませんでしたが、日焼け止めを塗ったところがかゆくなってきました

実は日焼け止めを塗るとき、なんとな~く気になるところがあったのです…。

使わなさ過ぎて、「日焼け止め」が劣化していたかもです。

「何もしないお手入れ法」である宇津木式スキンケア。
たまに使う化粧品の商品管理はしっかりした方が良さそうです。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280

実験!なるべく日焼け止めを使わない

宇津木式スキンケアをはじめる以前の私は、紫外線恐怖症かと思うほど徹底的にガードしていました。

お肌のためと必死になりつつも、いつも日射しが気になり外出が楽しめないことに不満がありました。

宇津木式は衝撃的でした。

なんせ短時間の外出は日焼け止めを塗らない方が良いと言っているのですから。

過剰なスキンケアによって肌が弱まっていることを自覚していたので、少しずつ少しずつ紫外線対策を緩めていきました。

私の宇津木式紫外線対策

まずは夕方の外出は日焼け止めを塗らず、UVパウダーを利用しました。
宇津木式の考えではクリームや乳液の使用は控えた方が良く、パウダーの方が肌に負担がかからないからです。

慣れてくると、夕方のUVパウダーも控えるようにしました。

日中の外出も短時間だと日焼け止めではなく、UVパウダーを利用するようになりました。
秋や冬なら長時間の外出でない限りUVパウダーで済ませています。

今シーズンはさらに進化して、UVパウダーさえ叩かない夕方の時間帯を広げました。

夏の夕方は6時といえど、まだ明るいです。
今まではこの時間帯はUVパウダーを使うか使わないかの瀬戸際でした。
今年の夏は夕方5時~くらいからはUVパウダーを使わなくなりました。
朝も7時前ならUV対策はしません。

帽子や日傘は利用しています。

これでぐっとUVパウダーの利用頻度は減りました。

先日は少し冒険して、昼の3時半頃の短時間の外出時もUVパウダーなしで出かけました。
普段そんなに日に当たらないので、少し日射しをひしひしと感じつつも、問題なく過ごせました。

日焼け止めをなるべく塗らず、UVパウダーを活用し、UVパウダーさえも使用頻度を下げてきました。

宇津木式紫外線対策の効果

肌が焼けたかどうかはわかりません。
人から「日焼けしたね」とは言われてないので、紫外線対策を緩めても目立つ日焼けはしていないようです。

宇津木式のおかげで肌は落ち着いているので、以前は夏の度に出来ていたシミも出来ていません。

少なくとも精神衛生上は健康になれたように思います。
紫外線は当たり過ぎは良くないですが、太陽から得られる恩恵だってあります。
自然の恵みと適切に向き合えるようになれました。

愛用のアンナトゥモールの日焼け止め

私が愛用している日焼け止めはアンナトゥモールです。

自然由来成分で安心して使えます。
もちろん石けんで落とせます。

いろいろ日焼け止めを試しましたが、成分と使い心地、入手のしやすさからアンナトゥモールがベストでした。

優しい安全な化粧品の欠点

防腐剤を使わない優しい処方なので、早いめに使い切ることが大切です。

私がいつも利用しているサンテラボではこのように注意書きがされています。

清潔な指先に適量(パール1粒程度)を取り、お顔全体に均一になじませます。首筋や日焼けが気になる部分にもお使いください。
※開封後、3か月以内に使い切って頂きますようお願い致します。

開封後3カ月以内。

他の化粧品に比べて短い気がします。
安全・安心な化粧品の弱点は日持ちしないことです。

夏であれば、いつもの使い方だと3ヶ月以内に確実に使い切れていました。
日焼け止めをあまり使わない生活をしたら、使用期限がとっくに切れていました。

さすがに去年開封したものではないのですが、今年初めくらいに開封したものです。
半年は経っています。

冬であれば3ヶ月過ぎて使うこともあり、一応問題はありませんでした。

期限のことはわかってはいたのですが、大丈夫だろうと使ってみることにしました。

使用期限が切れた化粧品を使って…

使用すぐは気づかなかったのですが、一日の終わりになる頃、なんとなくかゆみがありました。
虫にでもさされたかな?と思っていましたがそんな感じもありません。

日焼け止めに問題があると思っていなくて、長時間の外出が続いたため、日焼け止めを使い続けました。

やはりかゆみがありました。
ようやく問題は日焼け止めかもと思い始めました。

と言っても消費期限が切れているから___でなく、肌にクリームを塗ったことでトラブルが出たのかと思っていました。
宇津木式はクリームを否定しています。

かゆくて、ついかいてしまいます。

気づくと腕や胸元に赤い湿疹ができていました。
特にかゆかった足の甲も気づくとぶつぶつが広がっていました。

ようやく期限が切れた化粧品を使ったから問題が起きたのではないかと考え始めました。

…そういえば、クリームを使い始める前、一瞬いつもと違う匂いがしたような気がしていました。
ただの原料臭かもしれませんが。

湿疹は数日で消えたので大きなトラブルにはなっていません。
劣化したクリームを塗り、紫外線を浴び続けたことで肌に負担があったのかなぁ。

とにかく!

手元の日焼け止めクリームは少し残っているけれど処分した方が良さそうです。

日焼け止めを使い切れないなんて今まで一度もありませんでした。
宇津木式___のせいではありませんが、はじめての弊害…です。

これからの紫外線対策は日焼け止め以外が主流に

水分や油分がたくさん含まれているほど化粧品の寿命は短くなります。

ペンシルアイライナーよりリキッドアイライナー、
普通の口紅よりグロスの方が早くダメになるように。

日焼け止めもあまり使わないようなら、クリームでなくパウダーを主流に使うと決めてしまった方がロスが少ないかもしれません。
パウダーの方がお肌に優しいですし。

日焼け止めはレジャーなどでのみ使用、3ヶ月で定期的に買い替え。
もったいないようなら秋冬は購入を控えても良さそうですね。

また、最近は飲む日傘ケアなどサプリメントがあります。
サプリメントと併用して少しずつ過剰な紫外線対策を緩めるのも良いですね。

オールインワン日傘サプリ【リブランコート】は初回購入がキャンペーンで大変お得に購入できます。
キャンペーン適用は定期便での注文に限るのですが、1回だけの購入で休止・中止ができるにで気軽に試せておすすめです。

劣化しにくいアイテム選びを

あまりメイクや化粧品を使わない宇津木式実践者はなるべく日持ちするアイテムと相性が良いように思います。

パウダータイプの化粧品や、酸化の遅いワセリンはうってつけですね。

パウダーファンデーションなどは使うパフが汚れていたりするとやはり劣化がすすみます。

私の使用状況ではお気に入りのフェイスパウダーは1年に1~2個購入するくらいです。
半年~くらいで使いきれていたら、特に問題はありません。

品質維持のため、あまり化粧品を使わない人は小ぶりな商品を選ぶのも有効です。

…あまりないんですけれどね、これから増えていって欲しいです。
特にアイシャドーやチークなどメイク関係!

 化粧品に頼らないからこそ商品管理を徹底的に

化粧品ってなかなか品質低下していることを気にすることはありません。
美しくなるためにお手入れしているんですけれどね…。

年々夏の暑さは激しくなり、劣化が促進しやすくなっているかもしれません。

なるべく日焼け止めを使わず、購入頻度を下げることを考えいましたが、使う・使わないに限らず3ヶ月に1回は買い直した方が良さそうです。

モノは持たなければ持たないほど、持つモノの品質管理はきっちりしようと再認識しました。

愛用の日焼け止め↓

フェイスパウダーはエトヴォスを愛用中!
ETVOSは品質管理のされている正規流通で購入を。
アマゾンで販売されている商品は正規流通ではないようなので注意して下さい。
楽天公式ショップはコチラ↓↓↓


エトヴォス(ETVOS)公式ショップ 崩れを知らないふわふわエアリー肌へ導く微粒子パウダー「ミネラルルーセントパウダー」【etvos】【30日間返品保証】

エトヴォス商品が初めての方はスターターキットからはじめるのがおすすめ!
2000円相当のメイクブラシが付いた初回限定の特別価格はとってもお得です。
私も購入して、ブラシは今でも活用しています。

スターターキットは楽天ショップでなく公式サイトから購入した方がお得なんですよ~↓↓↓



スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280
レクタンブル(大)336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする