ミニマリスト新しい靴を物色中!環境が変われば必要な靴も変わる!

靴の購入を検討しています。

ミニマリストな私の現在の靴の所持数は3足。
少ないですが、すごく快適です。

環境に変化があり、所有していないサボやサンダルのような、脱ぎ履きのしやすい靴が必要になりました。

以前の私なら、ためらいなく買っていました。

けれど、少なく持つことに慣れた私は、数が増えることに抵抗があります…。

丁度、手持ち靴の買い替え時期です。

私のニーズに合っていて、数を増やさないですむ持ち方を考えてみました。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280

私の持っている3足の靴

ミニマリスト女性の靴の数

私が現在持っている3足の靴です。

  • スニーカー
  • バレエシューズ
  • 黒パンプス

普段はスニーカーかバレエシューズで間に合っています。
黒パンプスは冠婚葬祭用で、必要があって2年前に購入しました。

スニーカーは3年、
バレエシューズは5年モノです。

スニーカーとバレエシューズは近々買い替えを予定しています。

サボが必要

私は普段、自宅で仕事をしていますが、外に出向くこともあります。
最近は特に増えてきました。

その時、靴の脱ぎ履きが多いです。

職場にサンダル(サボ)を置いていましたが、もうだいぶ傷んでいます。
履くときは重宝しましたが、職場に勤務することがあまりなかったため、思うほど履いていません。

それなりの値段のサボだったので、もったいない気持ちがあります。

買い替えるなら、安いサンダル___玄関履きのようなモノにして、置き靴にすることを考えました。

けれど、使用頻度が少ない靴を外部とはいえ、所持していることが気になります。

あと、職場の玄関の問題。
あまり大きくないのに、私が自分の履いてきた靴+サンダルと2足分スペースを取ることに申し訳ない気持ちがあります。

置き靴なしで、自分の家で管理するサンダルが欲しいと考えました。

サボをなくせるか試してみた

サンダル履きがなくても、やれないか試してみました。

スニーカーで試しましたが、どうしてもかかとを踏んで移動してしまいます。
ずっと綺麗だったかかとが、とうとう潰れてしまいました…。

もう何年も履いているスニーカーなので、どうなってもいいのですが、新しく買う靴は潰したくない。

バレエシューズの方が、さっと履けますが、靴下を選ぶので、不向きです。

やはり、サンダルは必要のようです。

理想のサボを考える

私が使っていたサボはアーチフィッターの商品です。

当時の私はソールのクッション性に情熱があり、相当靴の履き心地にこだわっていました。

アーチフィッターは素晴らしい商品でしたが、気になることが数点。

  • ベロがめくれる
  • ヒール高があり、少し重い
  • スゥエード素材で汚れやすい

私が持っているアーチフィッターのサボは、どうやら現在は販売されていないようです。

歩きやすさを謳うと、実用一辺倒で可愛くないデザインが多いものです。
選んだサボはほっこりとした雰囲気が好みでした。

履いてみると、デザインのポイントにデメリットを感じるようになりました。

紐靴風になっているのですが、履くときに靴のベロ部分を巻き込んでしまうのです。

さっと履きたいのに、ベロを直したりすると、もはやサボのメリットを感じません。

装飾性の高いサボは『使えない』と知りました。

つま先の空いたサンダルと違い、つま先が隠れたサボタイプは、かかとに高さがある方が歩きやすいです。
多少重さがあった方が、振り子のようにサポートしてくれ、楽に歩けます。

ただ、頻繁に階段を上り降りするには難がありました。
靴が脱げそうになるし、狭い階段でヒールは安定感がありません。

私にピッタリなサボは、『軽い』『ぺたんこ』であることです。

サボをさがす

理想のサボがわかりました。

探してみると、いくつか候補が見つかりました。

ビルケンシュトック ボストン

まずは、サンダルと言ったらビルケンシュトック!

私は普段は、夏でもサンダルを履かない暮らしをしています。
持つことはないと思っていましたが、履く機会があるなら評判の履き心地を試してみたいです。

メリット

  • 履き心地が良い(らしい)
  • おしゃれ
  • 丈夫

デメリット

  • 値段が高い
  • 持っている人が多い
  • 人気過ぎて品切れが多い

やさしい靴工房 Bell and Sofa サボ

以前から気になっていた靴屋さん。

コロンとしたカタチがかなり好みです。

昔の私は、こういう「ほっこり」な靴が大好きでした。
森ガール的な雰囲気ですね。

でも近頃は避けるようにしていました。
年齢的にも可愛すぎるのではないかと思ったからです。

でもサボなら許されるんじゃないかな~なんて思っています。

メリット

  • 日本製
  • デザインが可愛い

デメリット

  • 合皮がもしかしたら合わないかも
  • 値段が高い

安いサボ

着用頻度から考えると、高価な靴は元が取れにくいので、安いサボサンダルを履くことも良いかと思いました。

ただ、職場までサボを履いていくことを考えると、移動距離があるので歩きやすさや、見た目の良さも考慮に入れる必要があります。

メリット

  • 安い
  • 使い倒せる

デメリット

  • 履き心地が悪いかも?
  • 安っぽいかも?

2wayのかかとが踏めるスニーカーってどうなの?

元が取れないかもしれないと考え、安いサボに目をつけたとき、だったらスニーカーでかかとが踏めるタイプはどうだろうか?と考えました。

2way仕様で事足りたら、靴の数を増やさずにすみます。

ただ、スニーカーはかなり履く頻度の高い靴です。
2wayによって、履き心地が悪くなれば、元も子もありません。

ソールのクッション性がよく、履き心地の良さそうな『かかとが踏めるスニーカー』をさがしてみました。

ボブソン かかと踏めるスニーカー

まず最初に目をつけたのがボブソンです。

『かかとが踏めるスニーカー』は、もっと安いのがあります。
普段のスニーカーと兼用となると、たくさん歩くのでソールの丈夫さやクッション性は大切です。

ボブソンのスニーカーは過去に購入したことがあるので、サイズ感も履き心地の良さも分かっているので、安心できます。

メリット

  • 安くて高機能
  • 入手がしやすい

デメリット

  • 前面メッシュなので、雨の日に弱い
  • 冬にも寒そう

リゲッタ レースアップシューズ

最近見つけたブランド。
日本製で丁寧に靴を作っている姿勢に好感が持てます。

独特のソールのデザインを採用しているブランドですが、こちらの靴は違和感なく溶け込んでいます。

スニーカーというより、コンフォートシューズですが、私の普段の生活を考えてみると、スニーカーでなくても歩きやすければ良いかなと思いました。

紐がゴムになっているので、着脱はより簡単な印象です。

メリット

  • 日本製
  • おしゃれ
  • 歩きやすそう

デメリット

  • 価格が高い
  • 合皮が合うか不安
  • ベロを巻き込まないか不安

スニーカー的ポジションが欲しくて↑紐靴タイプを選びましたが、スリッポンでよければ他に可愛いデザインを発見しました♪↓↓↓

フィット感はレースアップの方がありそうですが、着脱はスリッポンの方が便利そうです。

人気があるのか、売り切れが多いです。


R -アール-AR-015 ナチュラルスリッポンシューズ

サイズ選びにお悩みのある方は、公式サイトからの購入がおすすめです。
サイズ交換無料サービス があって、送料負担なく交換してもらえます!
有難い!!



やさしい靴工房 Bell and Sofa ソフトVカットスリッポン【ユリア】

またまたやさしい靴工房からのエントリーです。

この靴はサボでもないし、かかとが踏めるデザインでもありません。
が、サボのようにさっと履けるんだとか。

かかとを踏むことに若干の抵抗があるので、綺麗に履きたかったら、こちらのタイプもありかもしれません。

メリット

  • 日本製
  • かかとを踏まなくていい
  • 歩きやすい

デメリット

  • サボのようにさっと履けるか不安
  • 値段が高い
  • 合皮が合うか不安

まずは行動!少ない暮らしで試してみる!

サボを買い足す予定でしたが、靴の数を増やさないで済む持ち方をしてみようと思います。

多用途に使えるって、ミニマリスト的にとても有難いですね。

3つの候補のうち、有力候補はリゲッタです。

ハイテクスニーカーのある暮らしが長らく続いてきたので、なくして大丈夫なのかやや不安があります。

ダメなときは、『ハイテクスニーカー』+『サボサンダル』と分けて持とうと思います。

まずは少なく持てる暮らしを実践してみます。

かかとが踏めるスニーカーが良ければ、旅行にも重宝しそうで、試してみる価値ありです。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280
レクタンブル(大)336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする