4足から3足に!さらに少ない数になっていたミニマリスト女性の靴

ミニマリスト女性の靴の数

昨年の今頃、思い切った断捨離をしていました。

もともと靴は多く持っていませんでしたが、
4足までに減らしました。

最初は少し不安があったものの、数を少なくしたことで、
管理がしやすくなり、まめに手入れをするようになりました。

私の適量は4足だと気づきました。

実はそれから、さらに1足手放し、現在は3足です。

多分、私の靴の最低限の数は「3足」のようです。

中間色パンプスを断捨離!

断捨離したアトリエブルージュのパンプス

以前の4足のラインナップから中間色パンプスを手放しました。

関連記事→断捨離の果てに靴が4足に!女性ミニマリストの靴を大公開

  • 黒パンプス
  • 黒バレエシューズ
  • スニーカー

日常の大半はスニーカーか、バレエシューズを履いています。

中間色パンプスを手放した理由

中間色パンプスを手放した理由は、
「あると便利」だけれど、
履く機会が少なく、
黒パンプスのように必要とする機会が少ないと判断したからです。

ヒールのある靴を履きたいなら黒パンプスで

ヒール靴に慣れておきたい気持ちがありました。

4足に減らしてから、中間色パンプスの使用頻度は増えました。

ところが、気になることがひとつ。

黒パンプスを全然履いていないのです。

6足あったときも、法事以外で履いていませんでしたが、
4足になっても履くことはありませんでした。

黒パンプスはフォーマル度が高く、普段使いがしにくいのです。

けれど、中間色パンプスを履くシーンで、黒パンプスを履いても問題がありません。

色が「馴染みカラー」か「引き締め色」かの違いだけです。

中間色パンプスは確かに便利です。
私の靴はスニーカーを除けば、黒ばかり。
コーディネートによっては、黒靴でない方がいいときがあります。

そのために残していました。

黒靴に合うファッションをすれば良さそうです。

もともとパンプスを履く機会は少ないので、1足に統一した方が、利用回数が増えます。
ちゃんと使ってあげられるのです。

1足しか残さないなら、中間色パンプスは手放します。

色が似合っていない馴染みカラーは不要

中間色カラーにしても、色味が自分のワードローブにズレています。

購入当時は自分はパーソナルカラーの「サマー」と思いこんでいました。

多分、私は「スプリング」です。

中間色を用意するなら、素直にベージュやキャメルが良さそうです。

使用頻度も少なく、「似合ってもいない」なら、持たなくていいでしょう。

手放し先はメルカリ

断捨離を決めたなら、早く手放すに越したことがありません。

この中間色パンプスはメルカリで売りました。

メルカリなどフリマアプリに慣れておくと気軽に手放せて良いですよ。

関連記事↓

靴は売れにくいのですが、素敵な方に購入していただき、喜んでもらえて良かったです。

約2,000円で売れました!

私が「似合ってるわけでもなく」、
「たくさん履くわけでもなく」、
ズルズルと所有し続けるより、
必要としている人に使ってもらえる方が、靴も本望ですよね。

私のミニマルな3足

  • スニーカー→カジュアル
  • 黒バレエシューズ→おしゃれなカジュアル
  • 黒パンプス→きれいめ、フォーマル

3足しかないので、自ずと役割も明白になりました。

1週間~10日以上の旅行とかなら、このまますべての靴を持っていって良さそうですね。

減らしはしましたが、たくさん持っていったときから差し引いただけなので、デザインなど気になるところがあります。

買い替え予定です!

交換時期を迎えているスニーカーと黒バレエシューズ。

スニーカーは現在グレーですが、ベージュの本革を考えています。
革製で少しきちんとな印象を出したいです。

手持ちの黒バレエシューズは底がスニーカー底になっているのが気に入っています。

バレエシューズと言えば、レペットなど有名ですが、底が薄く、たくさん歩くには相応しくなさそうです。

私は案外たくさん歩きたいので、歩きやすい靴は必須条件です。

次に購入する靴はもう決めています。

ショセのトラベルシューズです。


【2018ss新作】TRAVEL SHOES by chausser(トラベルシューズバイショセ)レザーワンストラップシューズ tr-002-so

なんだか、どんどん人気が上がっているようで、売り切れ続出。
入手困難です(汗)。

多分23.5で大丈夫だと思うけれど、念のため試着をしておきたいです。

プレーンの黒パンプスも実は買い替えたいと思っています。

少しデザイン性がある方が、普段に履きやすいかなと思って。


【クーポン配布中】chausser ショセ チェーンステッチ ラウンドトゥパンプス C-2038 レディース 靴

さり気ないので、冠婚葬祭も問題なく履けそうです。

お高いし、今のパンプスが履けない訳ではないので、ゆっくりじっくり検討します。

3足の難点はやっぱり色

中間色パンプスは昨年の夏に手放しました。

私にとって中間色を一番必要としているのは、春夏です。

黒だと少し重い気がして…。

少々気になるものの、なんとか乗り越えました。

今はワードローブの色が少し散らかっています。
整えつつ、「3足」で上手く過ごせるよう工夫をして、
どうしても必要と感じたら、また「4足」にしてもいいかなと考えています。

そのときは自分に合った色、ワードローブの色をよく検討して購入します。

まずはあるものを、しっかりと活かせるようにします。

少ない持ち数はやっぱり楽

管理するモノが減るってやっぱり楽です。

4足から3足になり、さらに楽になりました。

楽過ぎて、また「4足」に戻すことがあっても、私はちゃんと管理できるのかしら…。

女ミニマリスト。
靴の数、3足生活。

もうしばらく続けていきます。