【実践買わない暮らし】あまりにも買わなさ過ぎて、ポイント失効してた!

現在、極力買わない暮らしを実践しています。

少しずつ徐々に買わないよう努力をしていましたが、めっきり買わなくなったのは去年の秋頃からです。

買わないと言っても日常生活に必要不可欠な食料品や日用消耗品は除外です。

言ってみれば、自分の自由にできるお小遣い的なものの支出を控えてきました。

買わなさ過ぎて、ポイントを失効して無駄にしてしまったこともあったけれど、
お金もたまり、買い物にとらわれないため時間もでき、
買わない暮らしの素晴らしさを実感しました。

主な個人的出費は

私の個人的出費の主なモノは以下の通り。

  • 化粧品
  • 趣味のもの

今年に入ってからのお金の記録をまとめていきます。

化粧品

私は宇津木式スキンケアを実践しています。

宇津木式スキンケアとは何もしないスキンケア法です。

関連記事→宇津木式スキンケア3年経過、現在の手入れと今後の課題

洗顔料を使わずぬるま湯で洗顔し、肌に何もつけません。
乾燥が気になれば、ほんの少量のワセリンを塗ります。

宇津木式では、日常の紫外線対策では日焼け止めを塗らず、日傘や帽子、長袖長ズボンで日除けすることを推奨しています。

今はだいぶ落ち着きましたが、もとは紫外線恐怖症気味な私は、石けんで落ちる日焼け止め、またはパウダーを使っています。

日焼け止めを塗ったりメイクをした日は純石けんで顔を洗います。

メイクの機会はあまりありません。
普段はすっぴんです。

また、洗髪は湯シャンを続けています。

関連記事↓

  1. くせ毛で量が多くて広がる最悪な髪の私が湯シャンに至るまで
  2. よりシンプルを目指し石鹸シャンプーに挑戦!湯シャンに至るまで続編
  3. 湯シャンに挑戦!何度も挫折しそうに。失敗?救世主はクエン酸
  4. 湯シャン成功!くせ毛改善・白髪が黒く?美容師さんに褒められ髪に!

湯シャンは文字通りお湯で髪を洗うこと。
はじめは大変でしたが、今はすっかり慣れて髪がどんどん綺麗になっていきました。

一応指通りを良くするため、湯シャンの後はクエン酸でリンスをしています。

普段のヘアケアはよほどでない限り、オイルなどを使うことはありません。

お分かりの通り、化粧品にほとんどお金がかかりません。

今年に入って化粧品は何も買っていません。
0円です。
去年の12月も買っていないので、約8カ月買わずにあるものでやり過ごせました。

 

とはいえ、ここまで買わないとさすがにそろそろ底が付きかけています。

2個セット販売の石けんを使っているのですが、1個使い切ったので、そろそろストックを用意しようと考えています。

去年の11月に購入したUV対策のルーセントパウダーも使い切ってしまったので、新しいものを購入したいです。

クエン酸が残りわずかなので、そろそろ購入しておきたいです。

化粧品費は女性にとっては必需品で、日用消耗品費にいれても良いかもしれませんが、
個人的支出にするとより明確になります。

過去には化粧品やヘアケアに毎月10,000円以上使っていたことがあります。

買わないでも暮らしていけました。

あれだけ使っていたお金は何だったのでしょう。

宇津木式にして肌にトラブルどころか、調子は良くなるばかりです。

いかに今まで無駄にお金を使っていたかが分かりました。

服・趣味のもの

私は趣味で洋裁や編み物をするので、服飾費も趣味代も似たようなものです。

今年に入って購入した服や下着はなし。
手芸関係は4回購入し、いずれもミシン糸やボタンなどの副資材で合計2,418円です。
制作途中で材料が切れたための購入です。

在庫布消費や、幸運なことに生地モニターに当選したりしたため、お金をあまり使うことがありませんでした。

今は絶賛在庫消費中です。

残っているのは毛糸だと1着分(10玉)と、ほんのわずかな余り毛糸だけ。
布は2着分とちいさな端切れが少々です。

あまりピンと来ないかもしれませんが、わたし的にはすごい快挙です。

よくネット上では毛糸や布の在庫公開している方がいらっしゃいます。
圧巻な量です。

私は押入れを占拠するほど在庫を持ったことはありませんが、それなりに多く抱えていました。
服は減らせても、大好きな布や毛糸はなかなか手放せませんでした。

毛糸は1~2年くらい買わない暮らしを続け、布は購入したらなるべくすぐに作ることを心がけました。

買わないどころか、少し使いにくいなと思った毛糸や布は、メルカリに(泣く泣く)出品し手放しました。

在庫を減らせば不思議と、買いたい気持ちが減りました。
モノはモノを呼ぶとは本当のようですね。

今は買うことにかなり慎重になりました。
まずはいきなり着分を買ったりせず、サンプルを取り寄せたりごく少量だけ購入し試すようにしています。

ネットでの購入を控え、なるべく実店舗で買うのも良いなと思っています。
ネットだとイメージと違うことが多かったからです。

実店舗だと、あまりにも素敵で舞い上がってしまって無駄買いの可能性があります。
視察と本番の段階を経て買い物をし、興奮を鎮めるのも手かなと思っています。
手間はかかりますけどね。

私にとってはここ数年夢中だったこともあり、趣味代は歯止めの効かなかった感がありました。
7ヶ月で約2,500円の支出にまで下がって嬉しい限りです。
子どものお小遣いレベルですよ!

 

服を作っていますが、気に入らなかったらすぐに手放したりしています。

この辺りの無駄もどうにかしたいのですが、今は過渡期。
初心者なので失敗もして成長できると信じています。

ミニマリストなので服が少ない(20着以内)こともあり、今持っている服もすぐに消耗されるでしょう。

夏服はもう買う必要はありませんが、秋冬に向けて1着ブラウスか長袖のカットソーが必要です。

下着も替え時だし、買わない暮らしもそろそろ解禁です。

服の数も、趣味の在庫も自分にとって適量が見えてきたので、もう無駄に増えることはないでしょう。

買わない暮らしは、今あるものを活かすことで、自分にとって必要な物や量を気付かせてくれました。

その他支出

その他ちいさな支出がちょこちょこあります。

仕事で使う経費は除くとして、メルカリ出品の梱包材やこのブログのサーバーやドメイン代の支払いやどうしても読みたかった本代など。

交際費も含めて7ヶ月で10,000円以内です。

交際関係は付き合いが悪かったですね。
友人に誘われましたが、3,4月は体調が悪かったこともあり、全てお断りしました。

他には特別支出(祝い金)がありました。

大人のお小遣い5000円未満も可能かも?

計算してみると、特別支出を除くと1カ月数千円も使っていません。
特別費を捻出することを考えても1カ月に5,000円もお小遣いがあれば過ごせていけるかも?

まぁ、なんとか在庫で乗り切った感もあるので、いつもいつもというわけにはいかないでしょう。

お金がなくても過ごせていける自信はつきました。

「買わない暮らし」お得だけでなく損?したことも

あまりにも買わなさ過ぎて、昔は毎日のように覗いていた通販サイトをほとんどみることがありませんでした。

と、溜まっていたポイントが失効していました。

楽天市場とかなら気付くのですが、洋裁の型紙ショップだったため、買う気がないため訪問しませんでした。

確か1000ポイントくらいはあったなぁ…。
多分ポイント付与後1年が期限のようです。

1000円相当あればちょっといろいろ買えただけにショックです。

まぁポイント自体がおまけのようなサービスなので、損しているというわけでもないし、諦めました。

「買わない」暮らしでポイントの存在をすっかり忘れていました。

もったいないと言えばもったいないけれど、「買う」生活だとポイントを使えていても無駄な物も買っていたはず。

どちらが本当にもったいないのかは明白ですね。

買わない暮らしで得られたこと

お金を使わないと、お金が貯まることはもちろん、時間も増えました。

以前の私は、やや買い物依存症的なところがありました。

買っても買っても満たされないのに、買ったそばから次は何を買おうか考えていました。

ネットでお買い物チェックも日常でした。

今はほぼネットショッピングを見ることがありません。
必要なときに、短時間で済ませています。

 

変わったのかもしれません。

何かきっかけがあったわけではなく、単に
「買わない」
と、決意しました。

決意だけで良かったのです。

何度と買い物をし、満足がいかないことにくたびれたのかもしれません。

去年は通販トラブルの連続でした。

関連記事↓

  1. 通販トラブル序章!正規に購入したソフトが他人名義だった
  2. 間違った商品が届いた!どんどん続く通販トラブル!
  3. ゆうメールが届かない。私に起こった通販トラブル最終章

メルカリをしていますが、そこでもトラブルがありました。
出品している商品のトラブルではなく配送の問題なのですが、それでも気を揉みました。
メルカリは面倒ですが、活かしきれなかったモノの責任を全うしたかったのです。

ひとつモノを持てば、ひとつトラブルが増えるようなものだと実感しました。

モノを持てばどのみち管理などに手間がかかり、ときにコストがかかります。

ならば、持つのは手間も管理費も問題も全て受け入れられるモノだけにしよう。
苦労を引き受けられる、愛すべきものだけを持とう。

心からそう思えたのです。

何となくでは持たない、買わない。

わたしの頭の中から買い物が消えました。
とてもクリアになりました。

今までよっぽど頭の中がお買い物でいっぱいだったようです。

もう無駄なことはしません。

本当に大切なことに集中し、大切な物を持ち、自分をモノを大切に扱うのです。

できない、なんて思えたことができるように思いました。

やりたいことができ、時間が愛おしく思えました。

今この瞬間から、ようやく私の人生が始まったようです。

 

「買わない暮らしなんて無理だ」なんて思っている人に、ぜひ伝えたい。

買い物に時間を割いてはいけません。

モノで人生が変わることはありません。

モノで人生が変わったのならば、モノではなくその後のあなたの行動が人生を変えたのです。

行動する時間を、買い物から取り戻しましょう。
行動する勇気を、モノから取り戻しましょう。

モノを手放すことで、いずれも可能です。