電動歯ブラシを断捨離しました!綺麗な歯をキープするための磨き方!

愛用していた電動歯ブラシ

私は歯列矯正をしたことがあるせいか、なかなかの歯磨きオタクです。

現在はコンパクトな歯磨きセットに収まっていますが、様々なメーカーを試したり、色んなグッズを持っていました。

なかにはしぶしぶ手放したものも…。

今回は手放したすごすぎる歯磨きグッズの紹介と、
便利グッズに頼らない私のカンタン歯磨き方法をお伝えします!

実践すれば、今より綺麗な歯になること間違いなしです!

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280

マキシマリストな歯みがきセット時代

現在の歯磨きセット↓

ミニマリストの歯磨きグッズ

前回、私の歯磨きセットをご紹介しました。

関連記事→ミニマリストが愛用するシンプルナチュラルな歯磨きグッズ紹介!

今でこそ、「歯ブラシ」「歯磨き粉」「フロス」という多くの人と同じシンプルな歯磨きセットの私ですが、少し前まではマキシマリストでした。

他ではかなり断捨離して物が少なくなったというのに、歯磨き道具はたくさん抱えていたのです。
しかも意図して。

誇りを持ってたくさんの歯磨き道具を所有し、使いこなしていました。

  • 歯ブラシ
  • 電動歯ブラシ
  • ワンタフトブラシ
  • フロス
  • 歯磨き粉

他にも、食事後のガムなど使っていました。

どれもお気に入りの厳選グッズでしたが、やはりもう少しコンパクトな持ち物にしたい思いがでてきました。

一度手放すことにしました。

電動歯ブラシとワンタフトブラシです。

手放しといてなんですが、所有することが苦でなければ、人にオススメしたい超便利アイテムなんです!!

おすすめ!ワンタフトブラシ

お気に入りのワンタフトブラシ

あまりにも快適で、使わない習慣にするには惜しかったワンタフトブラシ。

めちゃめちゃ気に入っていました。

あまり歯磨きグッズに興味のない人には、変わった歯ブラシくらいにしか思わないでしょう。
すごいんですよ!ワンタフトブラシ!!

使い始めたきっかけは、歯列矯正をすることになり、ブラッシング指導で衛生士さんに教えてもらったことです。

歯列矯正中は、なかなかフロスを使っての手入れが困難です。

そこで勧められたのが、電動歯ブラシとこのワンタフトブラシです。
電動歯ブラシできっちり磨きつつ、歯ブラシを当てるのが難しい箇所を、ワンタフトブラシで細かく磨くと言う方法です。

歯ブラシでは奥の歯や歯の根元部分、歯並びの悪い個所などとても磨きにくいです。
このコンパクトなワンタフトブラシだと簡単に素早く磨くことができるのです。

普通の歯ブラシ1本で磨くより、ワンタフトブラシを使った方が綺麗に磨けるし、時短になるとも言われました。

嬉しい効果がもうひとつ。
今でこそ落ち着いたのですが、昔、私は歯ブラシを口の奥に突っ込むのが苦手でした。
吐きそうになるのです…。

歯の奥を磨くのがいつも大変で大変で仕方ありませんでした。

ワンタフトブラシを使うと、全然大丈夫なのです!!
小回りのきく小さなブラシだから平気だったようです。
物をあまり持たない暮らしを目指していますが、道具に救われたことは多々あります。

よりコンパクトにするため手放す

ワンタフトブラシは、歯列矯正が終わってもずっと使い続けていました。
とっても磨きやすいですからね。

ただ、道具が多いと持ち運びに不便だし、費用もかかります。

矯正がおわって、かなり磨きやすい歯並びになりました。
歯ブラシとフロスで丁寧に歯磨きをすることを決意し、手放すことにしました。

フロスを使う習慣がない人や、お子さま、歯並びの悪い方は、一度使ってみてはいかがでしょうか?
あまりの磨きやすさに感激すると思いますよ!

ちなみに、歯列矯正が終わった方へ…。
リテーナー洗浄は、ナチュラル処方の石けん百貨の入れ歯洗浄剤がおすすめです!

関連記事→リテーナーシャインの香りがきつい!石けん百貨の入れ歯洗浄剤が最高

歯医者さんおすすめ!電動歯ブラシ

フィリップスのソニッケアーです。
私が持っていたのは歯科専用のタイプです。
現在はもう手放しています。

購入したのは少し前になるので、今は新しいのが販売されていると思います。
歯科専用品は上位機種と同等の性能です。

歯列矯正の時、病院からプレゼントされました。(電動歯ブラシ込みのお値段なだけかも)
虫歯になりやすい歯列矯正期間、少しでも綺麗に磨けるように…との配慮です。

電動歯ブラシは使うと分かるのですが、本当に歯がツルツルになります。
適切に歯に当ててさえいたら、完璧に綺麗に磨けると思って間違いないと思います。
「適切に」が歯磨きの難しいところですが。

ただ、難点もあって、まず動作音と振動。
はじめてのときはちょっと怖いかもしれません。
実は慣れてきた頃も、この「ガー」っていう音と振動が苦手で、少し苦痛でした。

あとは替えブラシのコストの高さですね。
本体価格も高いですが、ランニングコストが一番大変です。歯磨きグッズのコストがぐっと上がります。

お金をかけても綺麗な歯を手に入れたい!という人に電動歯ブラシはオススメです!!
治ると言われている初期虫歯も治りましたし。
着色しやすい歯なのに、白さをキープできたし。

所有していた電動歯ブラシは特に壊れていたわけでもないですが、かなり年数使っていたので、本体が少しくたびれた感じがありました。

手に取る機会も減ったので、思い切って手放すことにしました。
また恋しくなれば、新たに購入する予定です。

シンプルで綺麗な歯の磨き方

便利な歯磨きグッズを手放しましたが、美しい歯はいじしたいものです。
そこで、歯磨きの方法を工夫することにしました。

私の歯磨きのコツですが、歯磨き粉をつけないことです。

まずは歯磨き粉をつけないで、丁寧に歯を磨きます。

その後、フロスを使います。

最後に仕上げ磨きとして、歯磨き粉をつけてブラッシングをします

2回歯を磨きます!

歯磨き粉が苦手…

昔、市販品の歯磨き粉が苦手でした。
発泡性が高くて気持ちが悪かったのです。

歯磨きといえば、歯磨き粉をつけることが必須のように感じます。

以前歯科衛生士さんから「歯磨き粉を必要としない人もいる」と聞いたときはびっくりしました。
「歯磨き粉をつけない歯磨きなんてありえるんだ!」というカルチャーショックとともに、歯磨き粉が苦手だった私は「なんて羨ましいんだ」と思ったものです。

歯磨き粉苦手問題は、歯科専用の歯磨き粉「チェックアップ」や自然派メーカーのエコーレア「アパティ」を使い始めてからようやく救われました。

とはいえ、だいぶマシになったとはいえ、歯磨き粉は苦手は苦手。
でも綺麗に磨きたい…。

そこで編みだしたのが2度磨きです!
最初のブラッシングは歯磨き粉をつけないで空磨きをして、汚れを落とすことに集中するようにしたのです。

秘儀!2度磨き!!空磨きのすすめ

2度ブラッシングをするなんて、面倒に思うかもしれませんが、歯磨き粉をつけない方が磨きやすいし、あとの歯磨き粉を使った仕上げ磨きはササッとすませても問題ないので(!)、意外と楽です。

2回ブラッシングするから、より綺麗に磨けているでしょうしね。

2度磨きは、歯磨き粉が苦手な人、より綺麗に磨きたい人、ながら磨きをする人(歯磨き粉が周りに飛び散らない)におすすめです。

ちなみにマナー違反に思える「ながら磨き」は歯科ではおすすめされます…(苦笑)

歯磨きが苦手なお子さまにも、もしかしたら歯磨き粉が苦手な場合もあるので空磨きはオススメですよ。

今後の展望

歯磨きグッズは少なくしたいのですが、一番の目的は美しい歯を手に入れることです。

昔はフロスを外出・旅行用の携帯タイプと大容量の業務用サイズを両方持っていました。
今は気に入っているメーカーが通販でしか手に入らない・フロス消費量が多いため、業務用サイズオンリーで所有しています。
歯磨き粉も携帯用は持っていません。

歯磨きセットを持ち歩くとき、荷物は重くなりますが、携帯用は持たないことで、日々の管理は楽になります。

旅行でどうしても荷物を軽くしたいときは、近所のドラッグストアで携帯用を買い求め、使いきるようにしようと考えています。

無駄に物を持たない工夫をしながら、自分にあった歯磨きの向き合い方を模索していきます。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280
レクタンブル(大)336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする