【洋裁】端切れで作った小物紹介!使いきれるって気持ちが良い!

端切れで作った小物

春服を仕立てるために用意した生地の余りで、帽子とショルダーバッグを作りました。

余った材料で何か作れるのは手作りの醍醐味ですね。

同じ生地なので、お揃いで使えて、コーディネートが楽になるかな?と期待しています。

端切れで作った作品を紹介します。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280

鎌倉スワニーで購入した生地

生地は、先日鎌倉スワニーのセールで購入したものです。

関連記事→【洋裁】安いっ!鎌倉スワニーのセールで生地を大量購入しました!

4着分購入し、1着仕立てて、2着裁断済み、1着はパターン作成待ちです。

帽子とショルダーバッグはフレアスカートに用意した生地の余りです。

ワイド巾2mで948円

3点も作れて、さらにお得になりました。

紫外線対策につば広帽子

パターンレーベルのキャプリーヌハット

私の大のお気に入りの帽子です。

パターンレーベルさんの型紙、『キャプリーヌハット』です。

カタチが私に似合っているようで大変重宝しています。

私の定番手作り帽子

帽子って「似合う」「似合わない」が難しいですよね。
実はパタレさんからは他にも『スマートハット』も購入しましたが、似合わなさ過ぎて手放しました…。

市販品は、サイズが合わなかったり、折りたためなかったり、洗濯できなかったりします。

手作りで、お気に入りの帽子が安定的に入手できるって本当に有難いです。

しかも、紫外線対策に嬉しいつば広仕様!

多分、一生作り続けます。

端切れで作れた帽子

端切れで作った帽子

表生地は、フレアスカートの余り生地。

裏生地は、やはり春服に用意した薄手リネンのブラウスの余りを使いました。

リボンがポイントの手作り帽子

リボンがポイントのキャプリーヌハット。
手元にリボンがなかったので、こちらもリネンを細く切ってテープを作りました。

他に余った生地を活かしてテープを作り、イメージチェンジするのもいいですね。

ちなみに、リボンを通す穴はハトメを使います。
私は金属アレルギーは持っていませんが、
手元にないし、何となく気になったため、ボタンホールで穴を作りました。

ハトメの方が綺麗で既製品のように仕上がりますけれどね。

何も買い足すことなく作れたので良しとしています。

サイズについて

サイズは大人で58cmと60cmがあります。
私は頭が大きいし、髪の毛ぺしゃんこになりたくないので、60cmで仕立てたことがありますが、大き過ぎました…。

58cmでもゆとりがある感じです。
飾りのリボンでサイズを調整するようですね。

接着芯について

仕様書では特に指定はないのですが、私は帽子用のUVカット効果のある接着芯を使いました。

以前購入していたのが余っていたからです。

UVカット効果は定かではありません。
帽子のツバは布が重なっているので、もともとある程度紫外線カットされていると思います。

今なら、わざわざ買いませんね。
普通の服やバッグと共通して使える接着芯を購入します。
無駄に在庫を増やすことはしたくないので。

商品をさがしてみましたが、見つからなかったので、廃番になったのかもしれませんね。

今回の帽子作りで、白のUVカット接着芯は使いきれたので嬉しい。
あと、黒のUV接着芯がありますが…。
来年、再来年で使いきれるかしら。

愛用できそうな予感♪

モノを増やしたくないミニマリストなので、基本は1in 1out。
以前使っていた帽子はすでに手放し済みです。

この春夏にたっぷり使います。

今までの帽子は、好きなような色で仕立てたものばかりでした。
最近のワードローブのテーマは「色を絞る」ことです。

スカートやバッグとリンクさせて、コーディネートを楽しみます。

ポーチをアレンジしてショルダーバッグ

パターンレーベルのトラベルポーチをアレンジ

こちらもパターンレーベルさんの型紙、『トラベルポーチセット』をアレンジして作りました。

トラベルポーチはちょっと難しいのですが、
裏地付き、ファスナーポーチが色んなサイズで作れるので、
お気に入りの型紙です。

昨年はメイクポーチを作りました。

関連記事→パタレさんのトラベルポーチをアレンジして作りました!

アレンジいろいろ

LLサイズを少し拡大して、横幅を減らしました。

後ろにファスナーをつけたショルダーバッグ

前ポケットをつけて、後ろにもファスナーポケットを作りました。
中のポケットの仕様も変更しています。

基本のカタチは、以前母が使っていたショルダーバッグを参考にしました。

このアレンジの型紙は、昔、母にショルダーバッグを作ってプレゼントしました。

使い勝手が良いようなので、自分にも作ってみることにしました。

端切れでぎりぎり作れた

端切れでショルダーバッグまで作れるとは思いませんでした。

前面のポケットはつぎはぎでギリギリとれました。
どうかな?と思いましたが、デザインのポイントになったようで違和感なしです。
良かった!

端切れで作ったショルダーバッグ

裏生地と接着芯も、家にあった在庫を見事使い切りました。

試作品だし、無駄に副資材代をかけずに作れたのは嬉しいです。

2WAY仕様だけれど失敗かも…

長短2種類のショルダー紐

ショルダーの長さは長短ふたつ用意しました。

長い方は良いのですが、短い方は少し短かったかもしれません。

以前作ったポシェットの肩紐の長さと同じに作ったのですが、
金具付け位置が下に下がったので、少し短く感じます。

2WAYにするなら、バッグ本体にハンドルをつけた方が良かったかなと、考えています。

バッグ1個手放しました!

私のバッグは3個所有しています。

関連記事→必要最小限のバッグの数はいくつ?迷走ミニマリストが模索する!

  • フォーマルバッグ
  • 中サイズショルダーバッグ
  • ポシェット

同じサイズ感のポシェットを手放しました。

色が気に入っていなかったのでちょうど良かったです。

コットンだし、春っぽいベージュなので、冬にはどうかな?と思うところはありますが、たくさん使いこみたいと思います。

【おまけ】ふんどしパンツも作りました。

手作りのふんどしパンツ

リネンブラウスの生地の余りで、ふんどしパンツも作りました

ふんどしパンツは、私の端切れ消化の王道パターンです。

関連記事↓

はじめて挑戦!2重仕立て!

薄手のリネンの生地だったので、前から試してみたかった2重仕立てで作りました。

以前同じくらいの中薄地のリネンで1重のふんどしパンツを作りましたが、なんだか頼りなくて気に入っていませんでした。

ふんどしのハンドメイド販売で2枚重ねで仕立ててあるのをみて作ってみようと思いました。

いつものふんどしパンツより、やはり厚みがあってふんわりした感じです。
履きこんでどうなるのか、変化を楽しんでみます。

ふんどしのひもはリバティプリント

リバティプリントを使ったふんどしパンツ

私のふんどしは「紐タイプ」と「ゴムタイプ」の2種類あります。

「締め付けない」のコンセプトを体現しているのは、「紐タイプ」です。
「ゴムタイプ」のゴムは緩めなので「締め付けないように配慮」しながら、着脱が簡単というメリットがあります。

ふんどしの紐は通常リボンやテープなどを使います。

私はリバティプリントのタナローンを使っています。

滑りが良くて、かといってほどけやすいこともなく、非常に使いやすいです。
紐を作る手間はかかりますが、おすすめです。

リバティの端切れセットはよく売られているので、繋いで紐にするのもいいな、と思います。
リバティの色やデザインの見本を堪能できて、実用的に使えて一石二鳥です。

端切れを使いきれる喜び

すっきりとした暮らしがしたいので、なるべく端切れを持ちすぎないようにしています。

心を鬼にして「捨てる」ようにしています。

生地愛があるせいか、「端切れで作れて」「使えるアイテム」を考えるようになりました。

やっぱり、きちんと使いきれるって嬉しいです。

少なく持っていると、余った生地を活かせるチャンスに気づけるようです。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280
レクタンブル(大)336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする