安い靴ってやっぱり傷みやすい?インソール崩壊!賢い消費者はどうする?

安い靴がすぐに傷んだ

母の靴ですが、思いもかけず傷んでいることに気づきました。
それなりに履いているれど、まだ当分履き続ける予定だったのに…。

安い靴ですが、昔はもっと長持ちしていた気がします。

最近、モノが傷みやすい気がしませんか?
品質が低下しているように感じます。

賢い消費者になるためには「良い物を見極めること」と、「モノの持ち方」を変える必要があると思います。

傷んだ靴を交えて考察してみます。

傷んだ靴の詳細

傷んだ安い靴

母の靴です。
甲にシワは入っていますが、一見綺麗な状態でまだまだ履けそうです。

が、靴のインソールを取り出してみると…

劣化したインストール

ボッロボロ!

劣化した靴の中敷き

スポンジが崩れています!!
こんな傷み方見たことがないです!!

全体的には汚れもほとんどなくて、局地的に傷んでいる印象です。
踏み出す時に力がかかるとはいえ差があり過ぎるのでは?

また、このインソールは取り出し式でなく、外せない固定式でした。
スポッと簡単に取れてしまいました。
接着剤が弱くなっていたんですね。

部分的に傷んでいる靴

よく観察すると履き口にもほつれを発見しました。
寿命だったのかな。
けど、傷んでいるところ以外は状態が良いです。

あまり履いていないのに劣化した靴

靴底を見ると、ソールが減っているけれどまだまだ履けるような気がします。

まだ大して履きこまないうちに傷んでしまった印象です。

古い靴でも酷使している訳でもない

母はいつも3足くらいの靴を履きまわしています。

この靴を買ったのは比較的最近で、母の証言では去年、私は一昨年じゃないかと記憶しています。
ま、2年以内くらいです。

夏と冬はあまり履いていませんでした。
(サンダルとブーツを活用するから)

普段は近所のスーパーへ行くくらいの歩行距離です。
遠出のときはバスなどを利用するので、せいぜい1日5000歩内くらいでしょうか。

1足をヘビロテしているんならまだしも、丁寧に優しく扱っているのに傷むのが早い気がします。
今までならもっと長持ちしていたように思います。

安い靴はダメなの?

この靴は多分3,000円~5,000円くらいだと思います。
普段履きには手を出しやすい価格で、今までも同じように愛用してきました。

昔はこのぐらいの価格の靴って、素材が安いかもしれないけれど足形が合えばボロボロになるまで長く履けたように思います。

事実同じメーカーの靴を、私は1足だけでヘビロテに履き続けて1年くらい持たせましたから。

ま、ほとんど履かないうちに傷んでしまったチープシューズもありましたけど…。

品質が低下しているかも?

たまたまなのかもしれませんが、商品の品質が低下している気がします!

消費者からすれば憤りを覚える事案ですね。
けれど、当然とも考えられます。

原料費は年々高くなっています。
私は趣味で手芸をしていますが、数年前よりリネンもウールも高くなりました!
他の素材も値上がりしているでしょう。

また、労働賃金の値上がりもしています。

原価が値上がりしているのにコストが据え置きであれば、品質が悪くなっても当たり前です。

実際はどうなのか分かりませんが…。

品質の良いモノを探してみよう

安くてコストパフォーマンスの良いモノもあれば、安いなりの商品もあります。

良い物を見極めるためには、実際に試してみるのが一番です。
早く出会いたければ、靴は少数精鋭にしておくのが良いですね。
普段履く靴は2~3足以内にしておくと、品質の違い、丈夫さなどを見極めやすいです。

安くて長持ちする定番品を見つけられたら、しめたものです。

また、モノを選ぶのに値段の安さだけを追求するのも考えものです。
もちろん安く買えるのは嬉しい___、でもモノには適正な価格があります。
モノの値段はどんどん上がってきています。

「安い」でなく、「適正価格」を支払った方が、丈夫で長持ちし、かえってお得だったりします。

以前は「3,000円」だった予算を、これからは「5,000円」ほどみていた方が良いかもしれません。
安物買いの銭失いにならないためにも。

猛暑の影響もあると思う

靴が傷みやすくなったのは、品質の低下だけが原因ではない可能性があります。

猛暑でモノが傷みやすくなっている気がしています。

最近「夏をどれだけ避けられるか」で、物持ちが良くなるのではないかと考えています。

例をあげると「靴は最低3足で履きまわせば長持ちする」
と言われていますよね。

1足だけで毎日履くと靴の寿命が半年だけれど、
3足で履きまわせば3年もつ___ような。

理論上正しいと思います。
私もパジャマを1枚で着回していたときより、2枚で着回した方が寿命が延びました。
頻繁に使うと傷むスピードは速くなります。

けど今の日本の暑さを思うと、夏を3回超すことはできるのかな?と疑問があります。

1足だけでも傷みが早いかもしれないけれど、夏を何回も越せば思うほど寿命が伸びないように思います。

1足だけで毎日履くと半年
2足で履きまわせば2年
3足で履きまわせば2年半
5足で履きまわせば3年____…

とかになるんじゃないかしら?
モノを多く抱えるほど、使用回数が少ないまま夏のダメージを何度も受けて無駄になる気がします。

靴を複数持って履きまわす節約術は、もはや過去のものかもしれません。

そこまで歩行距離がないようなら、少数精鋭で靴を持っても問題ないかと思います。
特に女性の場合は
男性は体が重いので靴の傷みが早く、従来通りの鉄則が良いのかもしれませんね。

ちなみに当ブログの人気記事『靴の経年劣化レポート』はやたらと夏にアクセスが多いです!

賢い消費者にならないと!

「今までの常識」が通用しなくなってきています。

ファストファッションで安く衣類を買えるようになりましたが、早く傷むようにもなりました。
安いモノを買い、節約しているのに、お金がどんどんなくなっていく…。

おかしいな___と思ったら、「買い物」や「物の持ち方」を見直す良い機会です。
持ち物を少なくすることは、きっと助けになります。

今回の母の靴は、目立った傷みはインソールのみだったので、インソールを交換して履き続けることにしました。
(長靴を買い替えたばかりで、古い方に入っていた中敷きを再利用)

バブル時代とかなら、そのまま捨てていたのかしら?
つつましい暮らしは美しくない___なんてことはないと思いますよ。

創意工夫をして、賢い消費者になりましょう。

 

 

まだ間に合う!【期間限定】お得情報!↓↓↓ AmazonのAudibleの無料体験がすごい