暑すぎて夏は物が壊れやすい!高温多湿は経年劣化にご用心!

夏は物が劣化しやすい

急に暑くなってきました。

体調を気遣うのはもちろんですが、個人的に「夏はモノが壊れやすい」と感じています。

つい先日も手芸道具が壊れましたし、昨年は靴底も崩壊しました。

異常な暑さはモノの劣化を早めているように思います。

暑い中、お片付けは大変ですが、持ち物を見直す良い機会です。
「使える」と思っていたモノが、「壊れている」かもしれませんよ。

仮止めクリップが壊れた!

手作りが好きなので、趣味で洋裁や編み物を楽しんでいます。

先日はバッグを作っていました。
仮止めクリップに違和感を感じ、よく見ると壊れている!

壊れた仮止めクリップ

仮止めクリップはマチ針の代わりに使っています。
厚めの生地や、穴を開けたくないラミネート生地に便利です。
おっちょこちょいの私は、マチ針と違って針に刺さらない利点もあります。

クロバーの仮止めクリップ

クリップは力の負荷はかかるとは思いますが、そう壊れるモノではありません。
クロバーのメーカー製だし、作りもしっかりしています。

買ったのも数年前くらいで、状態も悪くない…と思います。

なのに3つも壊れました!

挟んだ布が厚すぎた…?
いえ、今までこのくらいの厚みはよく使っていました。

思い当たる原因は…「暑さ」にあるのではないかと思っています。

作業していた部屋は納戸でエアコンがなく、風通しもあまり良くないため、かなり暑かったです。
汗を流しながらミシンを動かしていました。

もちろん、水分補給はまめに行い、体調面は万全の注意を払いました。

体は大丈夫でしたが、モノには相当の負担がかかったのかもしれません。
ミシンもちょっと調子が良くありませんでした。

仮止めクリップの素材はポリガーポネートとバネ部分のステンレスでできています。

ポリガーポネートはプラスチックの1種です。
強度と耐熱性、耐久性に優れています。
プラスチックの中でも丈夫で扱いやすい素材です。

デメリットは高温高湿の環境には弱いこと。
日本の夏では傷みやすいのかもしれません。

【日本の夏】高温多湿はモノが劣化しやすい

夏に意外なモノが壊れるのは今回に限ったことではありません。

崩壊した靴底!

経年劣化してポリウレタン底が崩壊した靴

昨年は靴底が経年劣化で崩れました。(←母のモノ)

関連記事→【経年劣化】靴が突然崩壊!古いモノは危険だからすぐに断捨離して

ポリウレタン底はもともと経年劣化しやすいのですが、昨今の夏の高温多湿ぶりに、さらに傷みやすくなっているように思います。

気候はどうすることもできません。

回避する方法としては、やはりモノを少なく持ち、使いきれる量だけ持つことでしょうか。

大切なモノは温度・湿度が通年管理された場所に、保管することも有効かと思います。

劣化した日焼け止め

宇津木式スキンケア実践者です。

肌に負担がかかることを避け、なるべく日焼け止めを塗らない紫外線対策を心がけています。

けれど、まったく日焼け止めを使わない訳ではないため、用意しています。

昨年は、とうとう使わなさ過ぎて日焼け止めが劣化していました。

私が愛用している日焼け止めはアンナトゥモール
(※現在は安さに釣られてママバターを浮気中)

防腐剤を使わない優しい処方が気に入っているのですが、その分傷みやすいようです。
開封後3カ月以内を目安に使いきるのが良いようです。

真夏を挟んで約半年経過した日焼け止めを使ったところ、かゆみと軽い湿疹ができました。
使用をやめたらすぐに治ったので、劣化した日焼け止めが原因だと思います。
久しぶりに使おうとしたとき、若干いつもと違う匂いがしましたし…。

関連記事→宇津木式の弊害か?使わな過ぎて日焼け止めが劣化していたかも…

夏は食品だけでなく、コスメも傷みやすい。

現在の使い方だと、日焼け止めは年に1本分くらいしか使い切れません。
3ヶ月以内の消費期限なら、年に4本必要です。
真冬などほとんど使わないのでもったいない。

真夏の3ヶ月(7・8・9月)のみ日焼け止めを使い、あとは「UVパウダーや長袖長ズボンで対応する」と割り切るのも良いかもしれません。

劣化させない持ち方、劣化することを前提とした持ち方を心がけようと思います。

夏はお片付けが適している!

暑くて大変ですが、夏はお片付け___「モノを捨てる」ことに適しています。

例えば衣類。
夏は頻繁に着替え、洗濯しているので傷みが早いです。
着られる服を捨てるのは心が傷みますが、十分着込んだ服なら、処分しやすいです。

前述したように、化粧品他、夏の暑さでモノの劣化は促進されます。
持ち物をひとつひとつ点検してみましょう。
まだ使えると思っていたモノが、傷んでいる可能性があります。

夏はモノが傷みやすく、傷んでいることが分かりやすい季節です。

いつもよりも「手放す」判断が簡単ですよ。

暑い夏!身体だけでなくモノのメンテナンスも!

うだるような暑さに、人だけでなく、無機質なモノたちもダメージを受けているように感じています。

「疲れていないかな」

持ち物にも気をかけてみましょう。
傷みに早く気づけば安全だし、
所有すべきモノや量を見直す良いきっかけになります。