C&Sやさしいリネンが快適過ぎる!!たっぷり着込んだパジャマを公開!

やさしいリネンで作った手作りパジャマ

現在パジャマは4着あります。
春夏用2枚と、秋冬用2枚です。

洋裁が趣味なので、全部手作りです。

春夏用のパジャマはC&Sさんの「やさしいリネン」を使っています。

パジャマは用尺がかかるため、高価なリネンでパジャマを作ることに、最初は躊躇がありました。

使いこむと「やさしいリネン」の素晴らしさを体感し、もったいないどころか元が取れるくらい快適過ぎることに気づきました。

やさしいリネンって素敵な生地です。
身近なパジャマを仕立てて、体感してみませんか?

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280

試してみたい生地はパジャマで試すとお得

私は常々、パジャマを作るのはいろんな意味において「得である」と考えています。

関連記事→【洋裁】初心者はパジャマを作るべし!生地の色落ちレポート!

パジャマはゆとりが多いので作って着られない心配がほぼないし、縫い目が多少曲がっても自宅用なので気になりません。
実用品なので、作ったは良いが気に入らない→お蔵入りのリスクが少ないです。
毎日使うものだから、高価な生地を使っても元はとれます。
繰り返し着用・洗濯するから、生地の耐久度がよくわかります。

試してみたい生地があれば、パジャマを仕立てるのは合理的なんです。

私が憧れていた生地は「リネン」でした。

洋裁をはじめた頃、どこもかしこもリネンを絶賛していて強く惹かれました。

リネンを試してみたい。
どんなに素晴らしいだろう。

なかでもC&Sさんの「やさしいリネン」が気になっていました。

パジャマを仕立てるには大人女性で約4mほど必要です。
約8,000円かかります。

コストだけをみたら躊躇してしまいますが、よく考えると、さして高い買い物でないことが分かり、挑戦する気持ちになれました。

私の場合、パジャマは1枚、だいたい1年分365回ほど着用します。

8,000円÷365日=約22円。

パジャマのコストは一日約22円程度です。

これで夢が叶うなら、挑戦しない訳にはいきませんよね。

やさしいリネンで作ったパジャマを公開

手作りしたリネンのパジャマ

やさしいリネンで作った私のパジャマです。
たっぷり着込んで、3年経過しています。
着用回数で言うと250回~300回足らず…といったところでしょうか。

型紙はRick Rackさんのパジャマパターンを使っています。
本当に初心者の私でも仕立て上げることができたので、おすすめですよ。

何枚も作っているので、自分好みに少しアレンジしています。

  • 縫い端を折り伏せ縫い
  • 背当てを追加
  • ウエストゴムの仕様を巾着タイプに変更

折り伏せ縫い

私はたくさん服を作っていますが、独学です。
プロの人からみたら拙いところが多々ありますが、とりあえず着られるものは作れています。

こだわりがあって、できたら縫い代は肌あたりが優しい折り伏せ縫いかパイピング仕様ですべての服が作れたら…と考えています。

デザイン性の高い服は端をロックミシン処理しないで仕立てることは少し難しいところがあります。
パジャマであれば可能です。

折り伏せ縫いで仕上げたパジャマ

敏感肌ではありませんが、肌ストレスフリーはとても快適です。

せっかくの手作りパジャマ。
少し丁寧に作ってみるのもオススメです。

背当てを追加

既製品ではよく見かける背当て。
テキストでは掲載されていません。

なくても不都合はありませんが、あったほうが長持ちします。

私が今まで作ったパジャマはどれも、ウエストゴム部分と背当て付近から傷み始めました。

アレンジで背当てを追加した手作りパジャマ

試行錯誤して、今ではできる限り広い範囲に背当てをつけることで落ち着いています。
背中上半分が背当てになっていますね。

次に述べるウエストゴムの傷み対策が功を奏しているので、今では、背当てのない背当て周辺が一番先に傷み始めます。
背当ては傷み防止の効果が高いです。

長持ちさせたい人はぜひ足してみてください。

ウエストゴムの仕様を巾着タイプに変更

私の秘策(といっても隠してないんだけれど)、ウエストゴムの巾着仕様です。

テキストでは下の画像のように一般的なゴムパンツの仕様になっています。

手作りパジャマのウエストゴム

一般的で、とても作りやすく、簡単な仕様ですが、私くらいパジャマを着込むと、このゴム部分の生地が擦り切れてきます。

最初に傷むのがゴム部分なのです。
他の部分はまだ丈夫なのに!

そこで思いついたのがウエストゴムの巾着仕様です。

巾着仕様のウエストゴムパンツ

ゴムの上に余分に生地を足しただけですが、このおかげで摩擦が少なくなり、より長持ちすることが分かりました。

背当て同様、長持ちさせたい人はぜひ取り入れてみてください。

なお、パンツの前後が分かりやすいようにタグをつける小さなアレンジもしてあります。

ちなみにウエストゴムはライクラゴムがおすすめです!!
今までは、ボロボロになるまでパジャマを着込む過程で、ゴムの交換が必須でしたが、ライクラゴムは処分する時まで長持ちします!


いままでのゴムとは違います!!新素材ライクラ使用【パジャマゴム】

たっぷり着込んで処分前の手作りパジャマレポートについての記事はこちら↓

やさしいリネンの着心地

贅沢ではないかと躊躇した、やさしいリネン。

買って良かったです!!
ものすごく快適です。

現在春夏用として着用していますが、試しに冬にも着てみたらリネンなのに暖かく過ごせました。

リネンは夏に涼しく、冬に暖かいは真実です。

たくさん着込んでくったりとしてきて、ますます吸水性がアップしたようです。
年々自分のからだに寄り添う感覚が得られます。

現在、まだどこも傷みがみられず、耐久性もばっちりです。

繰り返し洗濯しても色落ちが見られないやさしいリネン

私のパジャマ、ド派手な色ですが色落ちが全然感じられません。

生地の色落ち具合いを比較

他のパジャマだと、元の生地と比べるとこんなに色落ちしたというのに!

C&Sさんの「やさしいリネン」はパジャマ以外にブラウスに仕立てても、きっといつまでも色褪せることなく長く愛用できることでしょう。

パジャマだと毎日使うことができるので、いつも「素敵」を感じられますよ。

私のパジャマ愛の記事↓

C&Sやさしいリネンの欠点も…

大絶賛のやさしいリネンですが、欠点…もあります。

それは、入手がやや困難なことです。

CHECK&STRIPEの生地は実店舗と通販で購入することができます。

通販は便利なのですが、楽天やアマゾンなどほかの通販と違って少し特殊です。

予約販売など、販売されている期間が不定期です。
商品も、いつも定番商品が売られているわけではなく、色や取り扱い品がその度変わります。

そのため、「やさしいリネン」のグレイッシュピンクが欲しい!と思っても、必要なときに手に入らないのです。

いつでも気軽に買える通販生活に慣れている人にとっては、かなり不便なシステムでしょう。

実店舗は限られているので、気軽に利用できる人は少ないです。

とはいえ、入手の不便さが「やさしいリネン」の素晴らしさを損なうことはありません。

こまめにCHECK&STRIPEさんをチェックし、計画をたてて買い物をすることが大切です。

すぐに買って届く現代において、逆行するようなゆっくりさです。

手しごとはもともと時間のかかるもの。
このくらいスローペースな方が良いのかもしれません。

やさしいリネンの代用生地も探し中

私のワードローブはほとんど手作りかつ、服の数が少ないので、すぐに傷んでしまいます。

数を増やすことや、計画的に生地を購入することを考えていますが、予定外は起こってしまうものです。

すぐに手に入る「やさしいリネン」の代用品をみつけておきたいなと考えています。

「やさしいリネン」と同じくらい上質なリネンで、価格で、生地の厚みで、色が豊富なモノ…。

候補を上げておきます。

  • Rick Rack…ヨーロッパリネン
  • 生地の森…ベルギーリネンワイド
  • プチファボリ…ふわっとソフトなリネン
  • fabric bird…オリジナルカラーリネン

Rick Rack…ヨーロッパリネン

パジャマの型紙もリックラックさんの商品を利用しています。
もはや私の御用達ショップ。

お店の特徴としては、初心者に分かりやすく、縫いやすく、生地質のわりに安価に提供されています。
型紙は最近はイオンのパンドラハウスで取り扱われていたりしていますね。

通販ショップも綺麗で見やすく、安心して購入できます。

リネンの候補はヨーロッパリネン-フレンチノーブル-。
細く、繊細な糸で織られているので、やさしいリネンに近いかな?と思います。
もしかしたらC&Sの「天使のリネン」に近いかもしれません。

Rick Rackの定番生地は『ヨーロッパリネン-和-』です。
『カラーリネン』とともに購入したことがあるのですが、こちらはやさしいリネンよりやや厚手でざっくりとした印象がありました。

ワンピースや、ギャザーたっぷりのボトムス、少し厚手のブラウスに良さそうな印象です。
雑貨作りにも良さそう。

リックラックのリネンはワイド幅で価格も手ごろなのが魅力です。
残念なのは、私に似合うカラーが少ないところ…。
ナチュラルカラーはどうしても肌がくすんでしまいます。

利用するときは生地見本を取り寄せて選ぼうと思います。
生地サンプルって、お金がかかりますが、買い物の失敗を防げるし、なにより眺めるだけで楽しいのでおすすめですよ。

生地の森…ベルギーリネンワイド

私の、大、大、大好きなお店です。

生地の森の品質の高さは保証済みです。
憧れのリネンワッフル生地を購入し、シーツとタオルをつくりました。
ものすごく快適で、毎日堪能しています。

関連記事↓

リネンワッフルワイドの生地を購入したとき、いくつかサンプルを注文しました。
さらにおまけで意図しなかった生地サンプルも頂きました。

その中に入っていたのが、ワイド幅ベルギーリネン。

一目で、これで夏のシャツを作ったら快適だなと確信しました。

やさしいリネンはきれいめで繊細な印象ですが、生地の森のワイド幅ベルギーリネンはざっくりとワイルドな印象です。
よりナチュラルな感じです。
厚みは同程度です。

洗いこまれたリネンなので、リネンを使いこむことで得られるくったり感が最初から感じれれます。

あたりが柔らかいので、冬に触れても冷やっとする感じがありません。
冬にもリネンのパジャマを使いたいという計画があるのですが、一番の問題は触れたときの冷やっとするシャリ感でした。
すぐに暖かく感じられるので、着て寒いということはないのですが、最初に手に取るときにちょっと緊張してしまいます。
洗いこまれたワイド幅ベルギーリネンだと年中ストレスフリーに使えそうです。

ナチュラルなくったり感が好きな方は、やさしいリネンよりこちらの方が良いかもしれません。

落ち着いた表現の難しい色味なので、迷ったら、生地サンプルを事前に購入しておくのが良さそうですね。

リックラック同様くすみ系カラーなので、私には少し難しいのですが、質感が好みなので、白・黒・ネイビーあたりで試してみたいです。


【ワイド幅】 生地の森 ワイド幅ベルギーリネン1/40番手 50cm単位

プチファボリ…ふわっとソフトなリネン

プチファボリさんはまだ利用したことがないのですが、品ぞろえや色味、コンセプトがリックラックさんと似ているなぁとなんとなく思っています。

楽天市場で買い慣れている方は、プチファボリさんの方が買いやすいかもしれませんね。

一番人気の「ふわっとソフトなリネン」は直接見ていないのですが、「やさしいリネン」よりやや厚手かな?と思います。

リックラックさんの「ヨーロッパリネン-和-」と同等の厚みかなと推測しています。
パジャマに適さないということはありません。

より薄手生地なら「しなやかで程良い光沢とハリ感の薄手リネン」か「ふわっとソフトなカラーリネン 」かと思います。
「やさしいリネン」~「天使のリネン」くらいの厚みかな。
シャツ地に良さそうです。

プチファボリさんは品質の良いリネンを、安価に手軽に購入したい人におすすめです。


リネン 生地 ふわっとソフトなリネン10色 135cm幅 【送料無料】


ふわっとソフトなカラーリネン NEW 11色 135cm幅

fabric bird…オリジナルカラーリネン

推定、「やさしいリネン」に一番近いのはファブリックバードさんの「オリジナルカラーリネン」ではないかと考えています。

生地の厚み、織り密度、綺麗めな質感、ニュアンスある豊富なカラー。

「代用品」を探していましたが、「代用」扱いでは失礼ですよね。

マイ定番生地を増やしたいので、近々試してみたいなと考えています。

パジャマは当分必要ないので、リネンシャツでも作りたいです。
色数多数で迷ってしまいますが、サンプルも用意されているので嬉しいです。


【全29色】【50cm単位】  ☆fabricbirdオリジナル!ロングラン大ヒットカラーリネン[M便 1/4]

人気があるにはワケがある!!

リネンのパジャマの寝心地は快適そのもので、本当に作ってよかったと思っています。

少なく持つ暮らしをしたい私にとって、リネンパジャマを取り入れることで、夏限定パジャマを減らすことができました。

長袖リネンパジャマで春夏秋、余裕で過ごせます。
なんなら、真冬もいけそうです。
リネンは通年使うことができるんです!
いずれ秋冬限定パジャマはなくす予定です。

ますます身軽で自分らしい暮らしに近づけます。

人気な生地にはワケがある!

ぜひ手にとって、素敵な作品を仕立ててみてください。

私のパジャマ考察について熱く語っています↓

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280
レクタンブル(大)336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする