純毛中細毛糸で靴下を編みました!既製品のような仕上がり!

中細毛糸で編んだ手編みの靴下

靴下を編みました!

以前に編んだ靴下は、並太くらいの太さです。
今回は中細に挑戦しました!

細い毛糸で編めるか不安がありましたが、小物なのでスグに編み上がりました。
靴下編み恐れるに足らず!

細い糸で編んだ靴下はフィット感が良くて、靴を選びません。
かさばらないし、収納も楽!

ソックヤーンが人気なのもうなずけます。
細い毛糸で編んだ靴下、良いですよ~!!

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280

今まで編んできた並太毛糸の手編みの靴下

今まで編んできた靴下は並太程度の太さの毛糸ばかりです。
(手前のパンプスインは中細シルクコットン)

並太くらいだと、ゆったり目の靴下に仕上がります。
ぴったり過ぎなければ、靴も履くことができます。

関連記事→難あり!私の手編みの靴下たち。工夫と失敗をお見せします。

靴下編みって、良く言えば「おもしろい」んですが、悪く言うと「難しい」。
足の立体に合わせて編むので、初心者にはちょっとハードルが高いんですよね。

なので、最初はなるべく太い毛糸で挑戦するのがおすすめです。
編み上がりも早いし、間違ってもほどきやすいし、靴下の基本構造を理解しやすいからです。

慣れてくると、やっぱり気になってくるのがソックヤーン!
細い毛糸で丹念に靴下を編みたくなります。

並太の毛糸は山のように編んできたので、そろそろ時期がきたんじゃないかと思いました。

純毛中細毛糸で靴下編み

ダイヤゴールド中細毛糸

今回は、手元にあった純毛中細の毛糸を使いました。

ソックヤーンで編みたい気持ちをぐっと抑えつつ、まずは在庫消費です♪
だいたいゲージは同じくらいです。

老舗ダイヤモンド毛糸です。
機械編みによく使われている毛糸です。

在庫毛糸消費

実はこの毛糸、靴下は靴下でもパンプスインを編む予定で購入しました。
なので1玉(50g)しかありません。

パンプスインを編むと2足半できる計算です。
2足もいらないし、黒じゃなくてベージュで良いと考え始めたので、手つかずになっていました。

普通丈の靴下を編もうと思いましたが、ちょっと足りなさそうだったので、やはりしばらく放置することに…。

毛糸を買い足すことを考えつつ、よく考えると短い靴下なら編めそうなことが分かり、編んでみることにしました!

在庫は、布でも毛糸でもあまり寝かせ過ぎない方が良いですね。
今の自分に合わず、ややこしくて仕方ないです。

毛糸の編み図はネットで拝借

靴下は大きく分けて、履き口から編む編み方と、つま先から編む編み方があります。

私は傷んだ時に補修のしやすい『履き口から編む編み方』が好きですが、今回は糸を使い切りたいので『つま先から編む編み方』で編むことにしました。

編み方はネットで検索。

参考にしたサイトはattiのよこずき

ソックヤーンで靴下を編む場合は、だいたい1号針(2.25mm)が基本らしいです。
私は手が緩いし、靴下はみっちり編んだ方が丈夫になるので2.00mmを使いました。

つま先から編む靴下編みに挑戦

つま先の作り目は12目、本体は64目になるように増し目をしました。
本体部分に入ってから20段編んで三角マチを編み初め、同じく20段編んだところでかかとを編み始めました。

マジックループの同時編みで靴下を編む

つま先、かかとは別々に編みましたが、基本はマジックループで同時編みです。
黒い毛糸なので目が読みにくく、編み目を数えないで感覚で編める方法は楽です。

かかと部分がちょっと分かりにくくて、編み直した以外は順調に編み上がりました。

黒くて分かりにくいですが、足のカタチに沿う素敵なパターンでした!

手編み靴下の比較

完成した手編みの靴下

きつめに編んだこともあり、履いてみるとピタっとした感じ。

手編みの靴下って「履いているとのびる」と言われたり、「洗濯すると縮む」と言われたりします。
どちらが正解なんでしょうね。

手持ちの靴下では「伸びる」方でした。
履いているとズレてくることが多かったので。

今まで通りだと、履きこんで丁度良く馴染みそうです。

並太毛糸の靴下と中細毛糸の靴下比較

並太の靴下と中細の靴下の比較

以前に編んだ並太の靴下と比べると、平置きでこんなにサイズの違いがあります。

中細の毛糸は足の甲部分をゴム編みにしているので、小さく見えます。
(伸縮性があって見た目は小さくてもよく伸びる)

並太の靴下は補強のために、つま先やかかと部分を2本取りで編んだので余計にサイズが大きめです。

関連記事→補修だらけの手編みの靴下を編み直しました!

並太で編んだ靴下を試着

並太毛糸の靴下はゆったりしていて、締め付け感がありません。
冷え取り用や寝るとき用に履く靴下にぴったりです。

既製品の靴下と比べると

既製品と手編みの靴下の比較

既製品の靴下とも比べてみました。
上が既製品、下が今回編んだ靴下です。

既製品の方は裏がパイル地になっていて、厚みのある靴下です。
だいたいかさは同じくらいになりました。

毛糸50gで編めた靴下の丈

既製品の靴下と重ねてみました。
既製品くらいの丈になれば…と思いましたが、届かず残念!

履いてみて、どうにも短くて不便を感じれば、糸を買い足して編み足します。
一度、長めアンクル丈のソックスを試したかったので良い機会です。
スニーカーからチラッと見えるくらいの丈。
スカート・パンツのどちらにも合わせやすい丈らしいです。

靴下の比較

左から中細ソックス、既製品、並太ソックス。
比較するとこの通り。

中細で編んだ靴下はやっぱりコンパクト!

最近は持ち物のミニマル化を考えています。
単に少なく持つだけでなく、小さく、軽いものを意識しています。

中細の手編み靴下は私の理想にかなって嬉しいです。

耐久度に注目

ソックヤーンは耐久性を高めるため、ウールにナイロンなど化繊が混紡されていることが多いです。

今回私が編んだのは純毛100%。
摩擦に弱く、すぐに傷んでしまうのかもしれません。

どのくらい傷みやすいかも含めて、経験して学んでいこうと思います。
案外丈夫なようなら、自然素材100%は魅力です。

もう毛糸在庫は新品がひとつもなく、半端毛糸しかありません。
半端毛糸は猪谷ソックスや手編み靴下の補修で消化しています。

関連記事↓

時は満ちた。

憧れのソックヤーンを購入するときがきたようです!!
ワクワク。

いろいろ種類があるので、ゆっくりじっくり選びます。

近いうちにソックヤーンでソックスを編んで、ウール100%毛糸VSソックヤーンをレポートしてみますね♪

憧れのソックヤーン♪↓↓↓

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280
レクタンブル(大)336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする