不要な毛糸を役立てられる。ボランティアニットに参加しています。

%e3%83%9c%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%96%ef%bc%91

ボランティアニット
「世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろう」に参加しています。

このプロジェクトのおかげで、家にある不要な毛糸を役立てることができました。

余力があれば、物の手放し方にこだわってみるのもよいかもしれません。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280

たくさんの毛糸在庫を抱えてしまった

私の編み物歴は5年~くらいでしょうか。
母が編み物をしていたので、身近に道具と毛糸がありました。

なんとなくやり始め、おもしろさに気付きました。
次第に、家にある適当な毛糸では満足できなくなり、自分で買うようになりました。

ちょうどその頃、第一期片づけ期が終了したあたりでした。

つまり、スペースがあったのです。

リバウンドをするかのように毛糸を買いあさりました。

合計100玉くらいはあったでしょうか。
(レディスセーター1枚あたり約10玉使用します)

さすがに買いすぎたと反省しました。

編み物は続けていましたが、毛糸はかさばるし、
買ったけど気に入ってない毛糸もありました。

いったん手放そうと考えました。

…軽く書いていますが、かなり勇気のいる決断でした。

毛糸の処分方法に悩む

大好きな毛糸です。
手放すとはいえ、活用される方法をさがしました。

まずはオークションを利用してみました。

売れたら少しはお金になるし、毛糸の品質も状態もいい。
かなり安くしてるし、必要としている人がいるだろうと考えたのです。

でも、売れない。全然売れないんです。

そもそもアクセスさえされません。

もう手に入らない廃番の品、
しかも雑誌にまで載っていた毛糸がようやく入札されたくらいです。

大変だし、さしてお金にもならない。

ならば、営利目的ではなく、社会に貢献できる方法はないかと考えました。

毛糸を寄付で募っている団体をいくつかみつけました。

そちらに譲ろうと思いましたが、なんと、募集を停止しているのです。

募集をかけたら、たくさんの毛糸が集まり、倉庫がいっぱいになってしまうのだそうです。

毛糸ってかさばりますものね。

それに編み物は時間がかかります。

なかなか消化しきれません。

だから、募集を受け付けていない期間があるのです。

いかに多くの家庭で、使われていない毛糸が溜め込まれているのかを知りました。

こうなると譲るのが良いのか、考えさせられます。

編めない人ならまだしも、私は編める人間です。
毛糸の量も手に負えない程ではありません。

編むことで活用される方法を探し、ボランティアニットに参加することを決めました。

わりと敷居が高かったボランティアニット

去年からボランティアニットに参加していますが、それ以前から存在は知っていました。
敷居が高くて参加を控えていました。

  • そもそも編むのが大変
  • お金がかかる
  • 地味なデザインが求められる
  • 使える毛糸が限定されている

子ども用とはいえ、セーターを編むのは大変です。
特に編み始めた頃は腕が未熟だし、しょっちゅう間違えては編み直し。

ある程度慣れた頃は、編みたい作品が山のようにあり、
人のために編んではいられない、と正直思っていました。

あるとき、せっかく編んだセーターを
あまり着ていないことに気付きました。

趣くままにたくさん編んでも、
身一つではそんなに着ることがありません。

素晴らしい編み図の作品でも、
私の暮らしに合っていなければ着ることがありません。

私が編み物に惹かれたのは、編むのが楽しかったからだけではありません。

美しい毛糸に惹かれたのです。

「毛糸を大事に使いたい」という思いがありました。

私が、「わたしのためだけ」に編むのでは限界があることを知りました。

では、誰かにプレゼントする?

物が豊かにある社会で、手編み作品を、いえ手編みでなくても、
人に物をあげて喜ばれることは少ないでしょう。

「毛糸が活用される」ことを考えたとき、
ボランティアニットほど大切に使われることはないと考えたのです。

%e3%83%9c%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%8820163

ボランティアニットを贈るにはいくばくかのお金が必要です。

  • 指定倉庫へ送る配送料
  • セーター1着あたり700円以上の金券による寄付(現地までの輸送費など)

まぁまぁかかります。

ですが、
防寒に適した毛糸やデザインであること、
現地は洗濯がままならないため、汚れの目立ちにくい色が望ましいこと、
配布の際公平になるよう、できるだけベーシックなデザインにすることなど、
かなり子どもたちに配慮した募集要項を掲げています。

その考えに賛同できるので、お金がかかることにも納得ができます。

より充実した編み物ライフへ

ある方が、
「いろんな趣味の中でも、編み物が一番お金がかからない」
と話されてました。

それを聞いたとき「毛糸って結構高いじゃない?」と思いました。
洋裁だと、1着1000円以下で作れることがあります。

それに、すぐにできます。

早いものだと、一日で完成させることができるくらい。

───そう。

編み物って時間がかかるんですよね。

私の場合、セーター1着を完成させるのに、1~2か月はかかります。

また、間違えたり、新しい作品を編みたくなった時は、ほどいて編み直しができます。

繰り返し使えるのです。

つまり毛糸は長く使えるので、たくさん持ってなくて良いんですよね。

そして、ボランティアニット。

不要になって捨てたものはたくさんありますが、
毛糸は捨てることなく、活用される。

かなりの節約アイテムなのかもしれませんね。

編みたいけれど、「たくさんセーターを持っててどうするの?」
と、ブレーキがかかっていました。

不純な動機かとは思いますが、
ボランティアニットに参加することで、我慢しなくて良くなりました。

気になる毛糸を買って、ボランティアニットで編んでみる。

出来上がった作品は、誰よりも喜んでくれる子のところへ届くなんて!

ボランティアニットに参加することで、私の編み物ライフはより豊かになれるような気がしています。

ボランティアニット概要

「世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろう」

主催:MS&ADゆにぞんスマイルクラブ/ 公益財団法人日本手芸普及協会

協力:株式会社日本ヴォーグ社/株式会社元廣/クロバー株式会社/ワールド・ビジョン・ジャパン/株式会社NVロジテック/オムロン株式会社

世界で支援を必要としている子どもたちに、日本のボランティアの皆様に、手編みのセーターなどを編んでいただき、編んだ方のネームタグをつけて贈る「世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろう」プロジェクト。1992年から続くこの活動ですが、2016年は新たにアフガニスタンの 子どもたちに手編み作品を届けます。

引用元 日本手芸普及協会HPより

%e3%83%9c%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%96%ef%bc%93

日本手芸普及協会ではセーターのみを受け付けていますが、協力している手作りタウンでは、セーターのほか帽子とマフラーも受け付けています。

手作りタウンでは、子ども用のセーターの編み図がダウンロードできます。

手編み作品の応募受付期間 2016年10月17~19日

また、手編み作品を贈るだけでなく、作品チェック・発送作業のボランティア、輸送のための募金も募っています。

詳しくは日本手芸普及協会または手作りタウンのHPでご確認ください。

※追記7月21日

2017年の募集要項が公開されました。
手編み作品の応募受付期間↓
2017年10月10日(火)〜12日(木)

2017年ボランティアニット
「世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろう」
私の取り組みについての記事はこちら↓

P.S.毛糸の処分にお困りの方へ。

編めないよ~、寄付は送料が辛いよ~って方、
メルカリに出品してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたときはメルカリを利用していなかったのですが、結構手芸材料が売れやすいことがわかりました。

ただ、毛糸はかさばるので送料が高く、利益は出にくいと思います。

捨てるよりは気持ちよく手放せます。
ぜひ参考にしてみて下さい。

メルカリって売れるの?利益月2~3万円も可能!売れた物を大公開

スポンサーリンク
レクタンブル(大)336×280
レクタンブル(大)336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする