Rick Rackの「布帛生地でつくるアンダードレス」を作りました!

手作りしたアンダードレス

『Rick Rack(リックラック)』さんの型紙より、「布帛生地でつくるアンダードレス」を作りました!

透け感の気になる服を着るときの必須アイテム。

目立たないけれど、コーディネートに欠かせない縁の下の力持ちのような存在ですね。

出来上がった作品を紹介します!

アンダードレス概要

リックラックの布帛生地でつくるアンダードレス

全体像はこんな感じです。

パターン:Rick Rack「布帛生地でつくるアンダードレス」Mサイズ
生地:リバティタナローン無地 ブラウン

着丈は90cm。
最近は丈の長い服が多いので、長くアレンジすることも考えたけどパターン通りに仕立てました。
指定どおりの丈が、一番使いやすいですよね。

基本的に難しいところもなく、サクッとできちゃいました。

リバティタナローンを使用

リバティの無地タナローン

アンダードレスの推奨生地は60ローンコットンです。

私は贅沢して、リバティタナローンを使っちゃいました!
必要用尺1,9m!!
アンダードレスに4,000円かかってます!!

リバティタナローンって実際に使ってみると、ただ高価なだけでなく、丈夫で、ツヤ感があって、軽くて、非常に実用的な生地だと分かりました。

耐久性が欲しいし、滑りもいいので、アンダードレスにぴったりです。

ウールのワンピースに合わせて「ブラウン」をチョイス。
黒が欲しかったんだけれど、売切れてて…。
無地でもリバティは人気があるのか、品切れが多いですね。

あまり競争するのは好きではないのですが、リバティは「あるときに買う」が正解なのかも!

ブラウンは色選びが難しいけど、このブラウンは好き!
ツヤ感のおかげか、顔映りが悪くなりません。

アンダードレス用で買ったけれど、前開きワンピースなどを仕立てても申し分ないクオリティです。

袖を通すたびに幸せを感じます…!!

リバティは花柄がちょっと…と抵抗のある方は、無地タナローンで挑戦もありだと思います!
無地なので、ちょっとだけお安いのも嬉しいです。

端処理は折り伏せ縫いで

バイアステープで始末

襟ぐりと袖ぐりはバイアステープで始末しています。(指定どおり)

折り伏せ縫いをした裏側

 

脇の縫い目はスリットまでは端かがりの指定でしたが、チクチクするのが好きでないので、折り伏せ縫いで仕立てました。

折り伏せ縫いをした表側

表から見るとステッチが入ってます。

着てみた印象

手作りしたアンダードレス

型紙の購入ポイントのひとつが「タンクトップ型」であること。

リックラックさんの型紙の商品説明にも書いてありましたが、キャミソールタイプってデザインは素敵だけれどズレやすいんですよね。

春に無印良品のブラトップを買ったんですが、久しぶりのキャミソール型はズレやすかったですw
いつもはユニクロのブラタンクトップ派です。(今ではブラジャーも手作り派だけどw)

タンクトップ型は肩にしっかりとまって安心できます。

また、アンダードレスとはいえ、無駄にゆとりがないのも安心できました。

脇が詰まっていて、ブラジャーが横から見えません。

すっきりしているので、上に着る服を選ばないのが良いですね。

やや細身だからか、私は肩幅があるからか、着るときは楽ですが、脱ぐときはちょっとてこずりました…。
夏場は汗とかはりついて大変かも??

とはいえ、概ね気に入っています。

スリットの入ったアンダードレスをハンドメイド

スリットがあって足さばきもいいです。

淡い服用に単色バージョンも仕立てたいです!

裏地の代わりに活用させていきたい

今までは「服の完成度の高い物」を意識して、裏地付きの服をよく作っていました。

洋裁本とかには裏地パターンがないことが多くて、げんなりしていました。
洋裁に詳しい人なら、キセをかけたり簡単にできると思うけれど、独学素人の私は難儀しました…。

苦労して、努力して、裏地付きの服を作ったのですが、実際着てみたりお手入れしてみると、裏地はない方が良いんじゃないか?と思うようになりました。

裏地があると、作る手間、コストがかかります。
服自体の重みも増し、かさばります。

洗濯やアイロンがけも裏地があると余分な手間が増えます。

また、既製品を見ても今の流行はどちらかというと、裏地ナシが多い気がします。
接着芯もそんなに使わないイメージ。

透け感が気になる、汚したくないなどの目的であれば、裏地ナシの服に別途アンダードレスやペチコートを合わせた方が利便性が高いのでは?と考えるようになりました。

ジャケットやコート、ウール製品など、あまり洗濯しないアイテムで、滑りをよくしたい、防寒性が欲しいなどのときに裏地付きを作る程度で良いかなと。

私のような毎日手作り服を着る身では、それで良い気がしてきました。

「洋裁」として美しいかどうかでなく、「暮らしの服」として着やすいかどうかの判断です。

今回作ったアンダードレスを試してみて、「裏地ナシ」が適切かどうか考えていこうと思います。

アンダードレスを活用させるぞ!

アンダードレスと着るウール混の手作りワンピース

作ったばかりのウールのワンピースともぴったりです。

なぜかアンダードレスを着ると、女性度が増したようでシャンとしたくなります。

気分が上がるアイテムって素敵ですよね。

私はショーツもふんどしパンツで手作り、ブラも手作りなので、インナー3点セットをお揃いで作るのも良いかもしれません♪

肌に直接触れるので、上質な生地で仕立てるのがおすすめです。
リバティタナローンは至高の喜び~♪♪♪

アンダードレスをたくさん活用させて、幸せを身にまといます☆

 

購入したリバティタナローン無地はメルシーで購入しました↓↓↓


LIBERTYリバティプリント・無地タナローン生地<ダークブラウン>C6070-9 リバティ リバティプリント 生地

楽天の買い回りにリバティの端切れセットもオススメです♪


LIBERTYリバティプリントお試しセット・タナローン生地・カットクロスセット5枚入り [リバティ 生地][約30cm×25cm][リバティはぎれ][リバティカットクロス] リバティ 生地

 

 

まだ間に合う!【期間限定】お得情報!↓↓↓ AmazonのAudibleの無料体験がすごい