ふんどしパンツ、生理中も着用継続中!布ナプキンと併用で心地よく!

ふんどしで生理を過ごす

ふんどしの快適さにはまっています。

ふんどしは締め付けないのが魅力な一方、生理中は「モレたりしないか?」と心配で着用を控えたりしませんか?

以前の私もそうでした。

思い切って、生理中もふんどしパンツで過ごしてみたら驚くほど快適でした。

布ナプキンも併用しています。

生理中もふんどしパンツで過ごすようになって起こった私の変化と、コツについてお伝えします。

生理中もふんどしパンツを履く!

生理中もふんどしパンツを履いています。

ふんどしは体を締め付けません。

生理中は「経血がスムーズに出る」ことが快適なので、生理中こそふんどしが良さそうです。

私も実際に生理中もふんどしで過ごしたら、とても快適でした。

>>生理中もふんどしパンツで過ごしてみた!締め付けないってすごい快適!

生理中もふんどしパンツで過ごしてみた!締め付けないってすごい快適!

生理中こそ、締め付けないのが良いんです!

とはいえ、締め付けないゆえモレたりしないか心配ですよね。体の変化はすごいもので、ふんどしで生理を過ごせるように変化してきました。

経血量が減った

経血量が減りました。

正しくはトイレで「出る」量が増えたから、減ったように感じるだけだと思います。

以前ほど布ナプキンが汚れなくなったんです。

布ナプキンの使用枚数が少なく

布ナプキンの使用枚数は明らかに減りました。

以前の私は量が多くて、たくさんの布ナプキンが必要でした。流石にプレーンタイプ(3つ折りタイプ)を10枚以上は持ち過ぎだろうと思っていました。

ふんどしで生理を過ごす直前に、布ナプキンを新調しました。古布を利用したので、必要枚数は用意できませんでした。

たった9枚。

一般的には十分な数ですが、私にとっては生理期間を無事に過ごせるか、不安でした。

ふんどしで生理を過ごすと、6~7枚で事足りるようになりました!

以前所持していた約半分です。しかも、「のべ6~7枚」なので、もっと数を少なくできそう…!

洗剤の減りが少なくなった

布ナプキンの汚れも少なくなったので、洗剤の使用量も減りました。

布ナプキンは『アルカリウォッシュ』でつけ置きしています。

アルカリウォッシュはアルカリスプレーなどを作ることもあるけれど、ほぼ布ナプキン用の洗剤として使っています。

今までは、いつも注文している量が1年もたないくらいだったのに、1年経過してもなくなりません。

布ナプキンの使用枚数も減り、洗う数も減ってだいぶ楽になりました。

経血コントロールできてきた…?

経血コントロール…とまではいかなくても、だいたいどのタイミングで「出る」のかがわかってきました。

気にかけているのは

  • 席を立つとき
  • 起きたとき

席を立つとき

デスクワークなので、席を立つときに「出る」感覚があります。

席を立って、「飲み物でも取りに行こうかな?」なんて思わず、一目散にトイレへ行くようにします。

寄り道すると、布ナプキンを汚してしまいます。

起きたとき

起きたらすぐにトイレへ行きます。

どういうわけか、寝ている間はほとんど布ナプキンが汚れません。

けれど「溜まっている」ようで、だらだら布団で過ごしてしまうと汚してしまいます。

ふんどしで生理を過ごすようになった初期の頃は、気になって夜中にトイレに行ったりしたけれど、そこまでしなくても大丈夫。

目覚めてすぐトイレに駈け込めばいい感じです。

生理痛が楽に

生理痛が重いタイプです。

今までは「温める」で対策をとってきました。夏でも使い捨てカイロを使ったり…!

ふんどしで生理を過ごすようにしてから、特に温めていません。

腹巻も重ね着パンツも、カイロも使わなくなったのに、生理痛はずっと楽になりました。

冬にふんどしでも寒くはありませんでした。

「重ねて温める」より「締め付けないで血流などの循環を良くして温める」方が効果的だったようです!!

今でもたまにズーンと重く感じることもあるけど、全然、楽。しばらくしたら落ち着くし、さすったら楽になるし。

生理痛対策の暖めグッズが多かったので、持ち物も減らせて、コストもかからず、最高です!

ふんどしで生理中を過ごすコツ

ふんどしで生理を過ごすことを絶賛していますが、いくつかコツがあるのでご紹介しますね。

  • ふんどしは紐タイプが良い
  • 布ナプキンは大きめが良い
  • 激しい運動はNG

ふんどしは紐タイプが良い

ふんどしは紐タイプがオススメです。

現代風ふんどしは着脱しやすいように緩いゴムが入っているものがあります。

とっても履き心地が良いけれど、布ナプキンを合わせるとズレやすいかも。

紐で調整した方が安定します。

布ナプキンは大きめが良い

布ナプキンは大きめが良いですね。

やっぱりふんどしなので、位置がずれやすいです。

市販の一般的なサイズだとちょっと小さいです。

生理の終わり頃は、今まで使っていた布ナプキンを使い捨てで使っています。

生理後半なので問題ないけど、使いにくいですね。小さいとずれやすいです。

プレーン型はまだ使えたけれど、一体型は使い物にならなかったですね(>_<)厚みがある分、フィットしないとズレるズレる!

新しく用意するなら、布ナプキンは「大きめ」で「薄め」がずれにくくておススメです。

>>古着をリメイクして布ナプキンを手作り!ふんどしに合わせて大きめに!

布ナプキンの数は何枚必要?物を持ちたくないミニマリストが考える

激しい運動はNG

普段の動きくらいならふんどしで生理中も問題なく過ごせます。

けれど、体育の授業など激しい運動時はズレるからおすすめできません。

駆け回って仕事をする人も難しいかな。デスクワーク程度なら問題ありません。軽い運動やウォーキング程度なら大丈夫です。

活発な運動をするときは、やはり一般的なショーツに紙ナプキンが一番快適かと思います。

ただ、締め付けない暮らしに慣れてる私にとって

生理中に激しい運動ってどうなん?

って思っちゃいます。かなり体に負担がきているように思います。

私自身、生理中や前後はそれ以外と同じような作業量をこなしていても、より疲労感を感じます。いつもならもっと無理のできることでも、すぐにオーバーワークで頭痛がしたり。

難しいけれど、できる範囲で生理期間は体を休めるように心がけた方がいいと思います。

生理中もふんどしのススメ

生理中でもふんどしで過ごしていることをお伝えしました。

ふんどしのおかげで、私は冷え性がだいぶ改善されました。

>>ふんどしパンツで冷え症が大幅に改善!締め付けない下着って良いよ!

体を締め付けない「ふんどし」は、生理中にこそ良い下着なのかもしれません。

生理期間もふんどしを履くのは少しコツがいります。漏れないか心配もありますよね。

最初は日中家にいる軽い日から始めてみるといいかもしれません。

ふんどしで生理を過ごすようになってから、「アレ?もう終わったの」と楽になれました。

ふんどしは締め付けていた体だけでなく、心も解き放ってくれたようです。

生理中は紐タイプのふんどしが安定するけど、はじめてのふんどしはショーツタイプがおすすめです。
いつものショーツと同じような感覚で履けますよ♪