長財布から二つ折り、さらに小さい財布に!ミニマリストの財布遍歴!

ミニマリストの財布の遍歴

財布を新調して、良い感じです。

2つ折りの財布から、『コイン&パスケース』を財布にしました。
お札、小銭、カード、さらにキーケースもひとまとめになって持ち物はより軽やかになりました。

一時は風水を意識して長財布にしたこともあったけれど、私にはこんな小さな財布が丁度良かったみたい!

しかも手作り品!

今までの財布遍歴と、小さい財布の魅力についてお伝えします。

二つ折り財布がマイスタンダード!

二つ折り財布がスタンダード

私は子ども時代から、主に二つ折りの財布を使ってきました。

コンパクトだし、母親も二つ折りなので(もしかしたら家族全員かも?)財布と言えば二つ折りが基本だと思っていました。

使い勝手も良いです。

二つ折り財布って機能的デザインがかなり完成されていると思います。

長財布を試すも撃沈!

ミニマリストに長財布は大きかった

20代後半の頃、長財布を試してみました。

当時からシンプルライフを目指していましたが、今思えばまだまだマキシマリストでした。

使わないモノを減らそうと意識しつつも、大きいモノやハイスペックなモノに憧れを持っていました。

長財布にしたのも、よりリッチな気分が味わえるから
お札を折らなくて良いのに惹かれました。
風水の影響もありますね。

実際に持ってみると、リッチな気分は味わえたものの、すぐに不便を感じるようになりました。

長財布は重くてかさばるからです。

長財布でもなるべくコンパクトなモノを選ぼうとしましたが、使い勝手を考えるとどうしても大きめになってしまいました。

今ほどコンパクトな財布が流行っていなかったので、薄手の長財布といえば、お札専用ばかりでした。

小銭入れ付きは厚みのあるお財布ばかり。
そんなにカード入れは必要ないんだけれど収納スペースがたくさんありました…。

財布を大きくしても、シンプルで身軽になりたかった私は小さいバッグを持つようになりました。

…財布とバッグの大きさが釣り合わなくて、非常に使い辛かったです!

ミニショルダーに財布を入れると、他にほとんど入りません。

友達の結婚式参加などで小さなバッグを持つ機会があったときは、長財布が入りませんでした。

長財布を持てば、ほかに小さな財布を持つ必要があります。

さすがに私の暮らしに長財布は不要であると結論を下しました。

手作り財布に挑戦!

ハンドメイドの二つ折り財布

長財布を使って、二つ折り財布の魅力を再認識しました。
やはり私にはコンパクトに持てるのが良いみたい。

そして、もっと自分に合ったデザインを持ちたいと思うようになりました。

長財布は風水を意識して、きらびやかなデザインを選びました。

ピカピカしてて、大きくて、華やか。

財布としては最高かもしれませんが、私には似合わないように感じました。
もっと自分に合ったものが欲しい___。

ソーイングをはじめて慣れてきた頃だったので、財布も自分で作ることにしました。

布製で二つ折りの財布です。

もう少し小銭入れが取り出しやすければ良いなぁ…なんて思いつつ、たっぷり3年も使ってしまいました。

薄くて軽くて気に入りました。
きらびやかな財布よりも、布のホッとする感じが好きです。

コインアンドパスケースの魅力

パタレのコイン&パスケース

現在の私の財布です。
やはり手作りしました。

「コインアンドパスケース」
キーケースも一緒になって、さらにミニマルになりました。

型紙はお馴染みのパターンレーベルさんです。

コインアンドパスケース仕様

コインアンドパスケース

コインアンドパスケースは、前面にキーケースとファスナーポケット、背面にはパスケース入れとファスナーポケット(内ポケット付き)があります。

小さい割にポケットがいっぱいで、必要なモノがきちんとおさまります。

前面のファスナーポケットに小銭を、背面のファスナーポケットにお札とカードを内ポケットで分けて収納しています。
背面のパスケース入れは普段使っていませんが、切符とか入れるときに利用しています。

小銭が出しやすい!

最初みたとき、小銭が取り出しにくいかな?と思いましたが、杞憂でした。

先代の二つ折り財布よりずっと取り出しやすいです!
ファスナー口が広いから、ガバって見やすいです。

紙幣は3つ折りで

コインアンドパスケースの内ポケット

内ポケットはひとつなので、必要なカード(4枚)をまとめて入れています。

お札は3つ折りで収納。
多分、仕様書通り作ったら2つ折りで収納できたかも?
失敗しました。

でも慣れたら三つ折りでもOK。

キーケース付き

手作りした財布の新旧

先代の二つ折り財布との大きな違いは、キーケースがあることです!

鍵も一緒になったので、近所へは「コインアンドパスケース」だけ持って出かけるようになりました。

「財布」と「鍵」と分けて持つより、たった1個ですが荷物が減って気分が楽になりました。

管理するモノが少なくなるって、想像しているよりずっと楽みたい。

よりミニマルになって嬉しい。

今後の財布について

コインアンドパスケースに出会うまでは、二つ折り財布が気に入っていたので、いかに自分仕様にカスタマイズするか考えていました。

コインアンドパスケースを使ってみると、想像以上に使い勝手が良かったので、次に作るときもリピートする予定です。

複雑に考えなくて良いみたい。

これからは現金レス化社会になっていくので、財布の形はどんどんシンプルにコンパクトになっていくと思います。

どんな財布が良いのか___に頭を悩ますことはなくなりそう。

もはや財布すら不要の社会になっているかもしれませんね。

まだしばらく先の話になりそうなので、時代の移り変わりに、
手作りでローコスト、コンパクトなミニ財布を愛用していこうと思います。

 

 

まだ間に合う!【期間限定】お得情報!↓↓↓ AmazonのAudibleの無料体験がすごい