ファブリックバード1番人気のベーシックリネンを大人買いしました!

リネンバードでお買い物

リネンとコットンを中心とした天然繊維のお店fabric bird(ファブリックバード)でお買い物しました♪

お買い得で、一番人気のベーシックリネン。

なんと1m1,000円!

薄手と中厚の2種類あって、どっちも気になったから、両方買っちゃいました!

1,000円×3mをそれぞれ買ったから6mで…、わーーーーー!!!!!

購入レビューをしますね♪

人気も納得!お安いのに品質の良いリネンですよ!

fabric bird(ファブリックバード)でお買い物

リネンバードのベーシックリネン

どどーん。

やっぱり大好きな生地屋さんでお買い物したら、テンション上がりますね!

購入したのはベーシックリネンの薄手と中厚を3mずつと、これまた人気のカラーリネンのサンプルです。

届いたときは重さにびっくりしました!

6mもあるんだもの、そりゃ重いですよね。

ベーシックリネン 薄手&中厚

リネンバードのベーシックリネンの薄手と中厚

ベーシックリネンは薄手と中厚の2種類あります。

3m生地1枚だけで良かったんだけれど、どっち買ってももう一方が気になるし、一緒に買った方が比較できるので大人買いしました♪

使うあてがあるから、大丈夫!

ベーシックリネンの厚みの違いは?

ベーシックリネンの薄手と中厚の違い

青い耳が薄手で、赤い耳が中厚です。

薄手ってあるんだけれど、そんなに薄くないです。密に織られて、しっかりした印象ですね。

手元にある使い込んだC&Sさんのやさしいリネンの方が断然うすく、リックラックさんのヨーロッパリネン-和-と同等か少し厚みを感じます。

一般的なスタンダードリネンと同じくらいか、少し厚みがあるくらいです。

薄手というより普通地、中肉ですね。

中厚は確かに中厚。キャンバスとかに近い感じです。

中厚は太い糸でざっくりと織られ、薄手は細い糸で密に織られているので、触った感じはどちらもしっかりしていて丈夫そうです。

ベーシックリネンの薄手と中厚の厚みの差

3mの生地を並べてみたところ。

触ると、中厚と薄手の生地の違いはわかるけれど、そこまではっきりした差はないですね。

服を作るなら薄手。しっかりしたパンツボトムなら中厚もありかな。

インテリアファブリックとして使うなら、どちらでも良いですね。お好みで選んで問題なさそうです。

値段なり?デメリットは?

ワイド幅で1m、1,000円って破格値ですよね。コットンでもなかなかないんじゃないかな?

リネンって品質が悪いと、チクチクしたりゴワゴワするから、安すぎると逆に買いにくいですよね?

私が品質チェックしてみました。

デメリット
  • 繊維クズが多い
  • ネップが目立つ
  • 毛羽がある
  • 多少チクチクする

今まで、比較的高価なリネンを使ってきたので、安いなりに難はいくつか感じました。

リネン生地に絡まった繊維クズ

麻の繊維クズがところどころあります。

リネンで繊維クズが絡まっているのはよくあることで、大好きな生地の森のリネンワッフル生地にもついていました。

ただ、今まで見たリネンと比べて、とても多かったですね。

気がついたら抜いたりしてお手入れしときます。

ベーシックリネンのネップ

ネップもありましたね。どんなリネンでもネップはつきものです。

風合いとして受け止めるのが良いんですけど、ベーシックリネンのネップは目立ちましたね!

わかりますか?

生地がひきつれたようになっています。

リネンのネップが大きい

裏返すと、大きいネップがありました。

幸い、このベーシックリネンはシーツを作る予定で、ちょうど裁断面付近だから、個人的には問題なさそうです。あと、水通ししたら、ひきつれた感じは落ち着きました。良かった!

ベーシックリネンの難

なんか糸が出てるところもありましたね( ;∀;)

毛羽感もありました。

リネンを触ると、繊維ホコリがでます。

洗濯で落ち着いてくるので、最初はこまめに洗うのが良さそうですね。

で肝心のリネンの触り心地ですが

やっぱり多少はチクチクするかな~。

リネンの真価って洗って使い込んでからわかるので、今後どうなるかわからないけど、ファーストタッチだと、やっぱり生地の森のリネンの方が気持ちいいなぁ~。値段は3倍くらいするけど…!

肌が敏感な人や、幼児だと気になる子がいるかもしれませんね。

雑貨なら問題ないかな。

ベーシックリネンのメリット

メリット
  • やっぱりお買い得
  • リネンそのものの品質は良い
  • 粗野さが味!ノスタルジックな雰囲気

散々な評価?のベーシックリネンだけれど、それでも1mでワイド幅でこれだけしっかりした生地はお買い得ですね。

特に今回はシーツを作るから、用尺が必要!シングルのフラットシーツで1枚2.5m使いますからね。家族分作るとなると…大変な出費になります。

「織り」には値段なりの雑さを感じたけれど、リネンそのものは育っていく気がするんですよね。

水通ししたときも吸水性が良かったし、脱水適当だったのにすぐに乾きましたしね。

厚みが絶妙で、シーツの余りで何を作ろうかって妄想が楽しい♪

ま、結局タオル作ると思うんだけれどーーー。シーツにしろタオルにしろ、日常的によく使うものを仕立てると、生地の質が早くわかりますからね。

今まで、どちらかというと洗練されたリネン生地ばかり買ってきました。

綺麗なカラーで色付けされてたり、たっぷり洗いこまれて最初からやさしい使い心地だったり。

今回購入したベーシックリネンは大地の香りがするリネンそのもの!

無骨な感じが、『赤毛のアン』とか『大草原の小さな家』などのノスタルジックな雰囲気を感じてしまうんです♪

初心者さんにとっては、お手頃に試せるリネン

玄人さんにとっては、育てる喜びを感じさせてくれるリネン______

そんな風に思いました。

【おまけ】カラーリネンサンプルも注文

ファブリックバードのオリジナルカラーリネンのサンプル

ついで買いで、ファブリックバードの人気商品のカラーリネンのサンプルも頼みました。

綺麗な色にうっとり~。

なんとなくチェックアンドストライプさんと似たニュアンスカラーで素敵。

吟味して着分買っちゃいます♪

fabric bird(ファブリックバード)はステキな手芸屋さん

ファブリックバードさんのシンプルでおしゃれな雰囲気が大好き。

可愛い生地から本格派リネン、ニットなど、いろんな生地を取り揃えています。

お高いかな?と思いきや、実はびっくりするような激安セールがあったりして見逃せません。

ぜひチェックしてみてね。

>>fabric bird

今回購入したリネンは2つとも、シーツと余り生地でタオルを仕立てる予定。

使ってこそわかる生地の風合い変化など、また記事にしますね。