廃番セールに近づかない!ミニマリストの趣味!編み物の向き合い方

編み物をすると、ついつい毛糸を買いあさり、残り毛糸がたまっていきます。

スペースに際限がなければ、山のような毛糸を所有するのも幸せかもしれません。
実際は場所が限られているし、管理に手間がかかります。

私はすっきりと片づいた暮らしがしたいです。

そのため、欲望の赴くままにモノを増やしたりせずに、
毛糸や編み針など、アイテムを厳選するようにしています。

「少なく持つ」ことで、大好きな趣味を楽しめますよ!

毛糸の在庫は所有しない

前回、洋裁道具を厳選して、断捨離したことをお伝えしました。

関連記事→洋裁道具や在庫生地をミニマルに!趣味を楽しむために断捨離中!

編み物も同様に、基本は毛糸在庫を持たないようにしています。

セールに惑わされずに、必要な分だけ購入

現在、着分毛糸は持っていません。

以前はたくさんの毛糸を所有していました。
100玉以上はありましたね。

ちなみにだいたい10~12玉くらいで、女性用セーターができます。

なぜこんなにたくさん所有していたかと言うと、
毛糸って廃番セールの割引率が高いんです。

定価では手が届かないくらいの毛糸が、手頃な価格で買えるので、ついつい買いすぎてしまいました。

洋裁は、比較的短時間で仕上がりますが、編み物は時間がかかります。

たくさん所有していても、すぐに消化できません。

在庫として持っているうちに、好みが変わってしまい、
編んでも着ない素敵な毛糸」になってしまいました。

昨年、思い切ってメルカリで手放しました。

正直ほっとしました。

大好きな毛糸ですが、自分で消化しきれないことに罪悪感を感じていたからです。

在庫を持たないことで、「今編みたい毛糸」に着手することができます。

毛糸の在庫は、次にあむ1着分程度にとどめておくのがおすすめです。

半端毛糸は使い道を決めるか、手放す

あなどれないのは、半端毛糸です。

場合によっては1~2玉余ることができます。

小物くらいなら編めるかもしれませんが、ミニマリストなので、
作れるからといって多くの「不要なモノ」を抱えたくはありません。

そのため、半端毛糸のプランを持っています。

まず、純毛毛糸の場合。

1~2玉あれば、帽子ができます。
ボランティアニットを編みます。

毛糸が足りなければ、他の毛糸を足して、ボーダーにするなど工夫して仕上げます。

仕上がりはセンスが問われるところですね。

1玉未満程度の本当に半端な毛糸は、愛用している猪谷靴下の補修に使っています。

化繊混の毛糸の場合は、ウール率が高ければ、靴下の補修にすることがあるかもしれませんが、
多くが「おしゃれヤーン」なので、用途がないため手放します。

最後まで使い切るために、最近は極力「純毛」を選ぶようにしています。

編み物道具をミニマルに

現在私が持っている編み物道具は、
クロバーの付け替え出来る輪針セットと、
より細い号数のaddiの輪針80cmサイズを数本、
母と共有しているかぎ針セットです。

あと、マーカーやとじ針があります。

私は凝り性なところがあるので、いろんなメーカーの編み針を試したい気持ちがあるのですが、ぐっと我慢です。

使い心地がよく、多くを抱えず、編み物を存分に楽しめる持ち方を考えました。

付け替え輪針は、コンパクトに収まるだけでなく、編んでいるときも針の長さが短いため、場所をとりません。

クロバーの輪針セットは4号までしかないため、それ以下のサイズを、汎用性に優れた80cmサイズで必要としたときに買い足しました。

便利グッズといえば、「マーカー」くらいで、洋裁よりずっとシンプルな持ち方です。

この道具で、何年も何着も編み物を楽しめました。

これから買い足すとしたら、addiのさらに細いレース針くらいでしょうか。

細い毛糸でショールを編みたい夢があるからです。

編むときになったら、その時に用意するつもりです。

道具を多く持ちすぎないようにしています。

持ち運べる編み物

洋裁道具は実現していませんが、編み物の道具はケースひとつに収まっています。

外で編み物をしたいときは、必要な針と糸を持って、モバイル編みをすることもあります。

編み物は仕上がるのに時間がかかりますが、ぐっとミニマルで、私の暮らしの理想に近いです。

 

愛用中の輪針セット↓

 

まだ間に合う!【期間限定】お得情報!↓↓↓ AmazonのAudibleの無料体験がすごい