装い

スポンサーリンク
装い

2017年の冬服は10着!30代女性ミニマリストのワードローブ

この冬に着たのは結局何着だったのか数えてみると、 アウターを含めて10着でした。 もちろんどの服もちゃんと着回しましたよ。 服を減らして、減らして、だいぶ自分に合った服を持てるようになりました。 10着の中には、気に入っ...
装い

たった3枚で十分?ミニマリスト女性の2017年夏服とは

春先に激動の断捨離をしたので、さらに服が少なくなりました。 現在は服の消費期間。 捨てるほどではないけれど、新しい服に買い替えるまでもない服を着ています。 買わない暮らしを実践しているので、今年の夏はとりあえずあるもので済...
装い

私の靴は4足だけ。女性ミニマリストが欲しい靴を挙げてみました。

「4足」にまで靴を減らしました。 今持っている「4足」の靴は傷んでいたり、急に減らしたことで靴の構成が少し崩れていたりして、理想通りではありません。 追い追い買い替えていく予定です。 今回はどんな靴を買おうと思っているのか...
装い

少数精鋭なパンツボトムに問題が!服飾計画を少しだけ変更

以前は年間パンツボトムの理想持ち数を5本としましたが、スカートの復活やよりミニマルな暮らしの実現により、もっと手放せると考えました。 現在の理想の持ち数は3本です。 内訳は以下の通り。 リネンパンツ(夏用、リラックス) ...
装い

靴下は何足持つべきか。ミニマリストの考察

手編みの靴下を暮らしに取り入れています。 靴下は消耗品ですぐに傷んでしまうからと、ミニマリストを自称しておきながら、収納を圧迫するほどたくさん編んでしまいました。 ただでさえ手編みのソックスは既製品よりかさばるのに。 これから...
装い

既製服の不良品は結構ある。ファストファッションの限界

ミニマリストの方の中には、ファストファッションを利用し、シーズン中にたっぷりと着込み、シーズン後に手放す方法を取り入れている人がいます。 私も数年前はそんな暮らしをしていました。 以前はたくさんの服を抱えていたので、そのシンプルな衣...
装い

【断捨離】少ない服で暮らすコツ。ネックラインを決めてみる。

服を少なくするには、すべてのアイテムが1軍であることが大切です。 1軍アイテムとは、必要な服であり似合う服です。 必要な服は分かりやすいのですが(なんでも必要と思いこんでしまう落とし穴はありますが)、似合う服を見極めるのは難しい。 ...
装い

【ファルケのタイツを愛用】ミニマリストはタイツの数を何枚持つ?

今冬は久しぶりにローテーションに加わったワンピース。 いつもなら着用機会が少ないのですが、お気に入りのタイツを履くことで着用率が大幅に上がりました。 ワンピースをいつも着ることで、装うことがとても楽しくなってきました。 関連記...
装い

少ない服で暮らす上で心がけていること。リラックスウェアは持つ

昔は服を100着以上持っていましたが、今は20着以下になりました。 減らして、減らして、減らして___、物を少なく持つことの便利さを享受してきました。 同時に、減らして困ったこともあります。 まだベストなワードローブは整っ...
装い

【断捨離】タートルネックは必要ないかな

まだまだ寒い日が続きますが、お世話になった冬服の点検をしています。 もうじき月に1度の古着回収があります。 春が始まる前にすっきりさせたい。 勢いづいた断捨離で、以前だったら残していた「使える服」さえ、「(わざわざ)持たなくていい...
スポンサーリンク