ゆうメールが届かない。私に起こった通販トラブル最終章

まるで引き寄せているかのように、通販トラブルが立て続けに起こり、

そしてとうとう、最大のトラブル、
購入した商品が届かなかったのです。

 

通販トラブル①⇒通販トラブル序章!正規に購入したソフトが他人名義だった

通販トラブル②⇒間違った商品が届いた!どんどん続く通販トラブル!

⑤ゆうメールで頼んだ商品が届かない

楽天市場*生活雑貨専門店

楽天で購入しましたが、ここのお店は他のショッピングモールにも出店しており、
大手といえるでしょう。

いつもそこで日用品(消耗品)を購入していました。

高額ではありませんが、ちょこちょこと買い続け、何年も前から利用してきました。

もちろんトラブルに遭ったことはありません。

 

あえて提言させてもらうと、

宅配便送料無料または送料割引サービス、
ゆうメール送料無料サービス、
支払方法手数料無料サービス、

それぞれの価格設定が違い複雑でした。

商品ページも私的には見にくかったです。

 

だからでしょうか。
今まで、まとめて買うようにしていました。

しかし、なるべく物を持たず、よりミニマルな暮らしがしたい思いがありました。

ゆうメール送料無料サービスの価格設定が低いこともあり、
必要な時にこまめに買い、在庫を持たないようにしようと考えました。

いつもは宅配便を利用していましたが、今回はゆうメールを利用しました。

支払いは全額ポイント決済しました。

商品が届かない

4月末に注文し、商品に欠品があったため、商品の出荷が遅れるメールをもらいました。

 

5月ゴールデンウィーク後、商品が入荷し、発送したメールをもらいました。

 

発送元が比較的近いため、ゆうメールでも2,3日で届くだろうと思っていましたが、
届きません。

ゴールデンウィーク後の混雑もあるだろうと思い、気長に待っていましたが、
届きません。

店側の対応

1週間が経過しても届かなかったので、店舗に問い合わせをしました。

「商品が届きません。もう少し待った方が良いですか?」
といった内容です。

すぐに配送業者に問い合わせる旨の連絡をもらいました。
そして、念のため、ポストの再確認や家族が受け取っていないかの確認をお願いされました。

 

自分に不備があるかもしれないと家中探しましたが、
みつかりません。

置き場所が決まっているので、
通常でしたら商品が届いたらすぐに開封し、保管しています。

不在票も入っていませんでした。

家族も受け取っておらず、荷物は一向に届かない。

郵便事故調査と結果

郵便局から、「調査協力お願い」のような封書が届きました。

不在票は入っていましたか?
ポストはありますか?
今までにこのようなことはありましたか?

といったアンケートに答えました。

 

我が家はオートロックマンションで宅配ボックスも備えてあります。

ポストに問題はなく、投かん後の紛失リスクも低いと考えられます。

今までゆうメールを利用したときは、よほど薄い封書以外は手渡しでもらっていました。

今回の注文量だと、手渡しで受け取ることになっていたと思われます。

 

一番考えられることは、不在票を気付かずに処分してしまったケース。

この場合でしたら荷物は局留めになっているでしょうから、じきに見つかるでしょう。

 

郵便事故調査の結果、荷物は見つけられずと回答を頂きました。

ゆうメールは補償が無い

ゆうメールは補償のないサービスです。

配達方法を選択したのは、私です。

私の責任です。

 

不服はありますが仕方ない。

再度、注文し直さないといけないな───と、思っていたら…

 

 

なんと!

お店が、注文した商品を宅配便で再送してくれるというのです!

 

寛大な対応を取っていただきました。

商品を出荷した店側としては、自分に過失もなければ、
再送することは損失となるのに。

優しいご配慮をしてもらい、有難かったです。

 

 

こうして、私の一連の通販トラブルは幕をとじました。

トラブルで学んだ、これからの対策

  • ゆうメール(補償の無い配送サービス)は、なるべく利用しない
  • 買う回数を減らす
  • 余裕を持って注文する

今回の「注文した商品が届かない」通販トラブルは、
幸い、私が金銭の負担をすることなく、
店側の好意で、気持ちよく解決することができました。

しかし、本来は店側は責任を負いません。

自分がリスクを背負います。

配達業者さんがしっかりと仕事をしてくれているので、
そうそう事故に遭うことはないと思いますが、
よく考えて配送方法を選ぶようにしたいです。

 

例えば、今回の注文額は4,000円を超えてます。

失う(かもしれない)には惜しい金額じゃないですか?

220円送料を足せば、補償のある宅配便が利用でき、
2,000円追加注文すれば、宅配便送料無料になりました。

宅配便にするように、注文した方が良かったと思います。

nimotsu_ukewatashi

とはいえ、メール便は便利です。

先日、わたしはネームタグを購入しました。

商品は平べったくて、小さく、封筒で送れるサイズです。

価格は数百円。

しかも、メール便送料無料サービスまで付いています。

有難く利用させてもらいました。

私の感覚では、1,000円~2,000円までが、
メール便を利用できる限度かと思っています。

 

 

配送事故のリスクを減らすために、
通販を利用する回数を減らすようにします。

いつもは、まとめ買いでしたが、
今回はこまめに買うスタイルを取り入れてみました。

これが良くなかったのかもしれません。

近所のお店で、こまめに買うことは、
無駄なストックを持たななくて済み、
シンプルライフの一役となるでしょう。

ですが、通販でこまめに買うことは、
配送リスクが増え、梱包材などゴミが増え、
送料無料サービスを受けるために無駄な物を買ったりと、
シンプルとはほど遠い暮らしになりかねません。

暮らしに必要な物を、ある程度まとめて購入することが、
通販生活に合っているのかもしれません。

 

 

問題はなかったので、特に気にしていませんが、
商品注文後、到着までに、1か月以上かかりました。

なるべく在庫は持ちたくありませんが、
通販で日用品などを購入するときは、
余裕を持って注文するのが良いと思います。

通販トラブル総括

今年遭った通販トラブルです。

  • 去年秋~今年2月
    ケース①ソフトのダウンロード版を購入したら他人名義だった
    Amazonマーケットプレイス商品
  • 3月初旬
    ケース②間違ったものと不良品?が届いた
    某有名手芸店通販サイト
  • 3月中旬
    ケース③非常に不愉快な梱包をされた
    楽天市場*手芸店A
  • 4月末
    ケース④間違った商品が届いた
    楽天市場*手芸店B
  • 4月末~6月初旬
    ケース⑤ゆうメールで頼んだ商品が届かない
    楽天市場*生活雑貨専門店

これからの対策もまとめてみます。

  • 信頼のできるお店で買う
  • 利用するお店を絞る
  • 購入後は、商品をよく確認する
  • なるべく混雑時の購入は控える
  • ゆうメール(補償の無い配送サービス)は、なるべく利用しない
  • 買う回数を減らす
  • 余裕を持って注文する

今年に入ってから、トラブル終焉までの約半年間、
通販を利用した回数は21回でした。

意外と多かったです。

加えて対策を挙げておきます。

  • なるべく実店舗を利用する
  • そもそも物をあまり買わないようにする

通販で商品を注文し、手元に届くまでには、様々な人の手や会社が介入しています。

当然問題が発生しやすくなり、
問題が起これば、解決することが複雑になります。

一方、実店舗の場合、
様々な流通を経て、店に並んだ商品を買うだけです。

job_chinretsu_woman

十分リスクは回避されていますが、
何かあれば、店へ出向き話すだけ。

非常にシンプルです。

通販利用回数を減らすとともに、
生活環境が許されているならば、
実店舗で買える物はなるべく実店舗を利用した方が良いでしょう。

 

 

たくさんの物を所有すれば、管理が大変になるように、
たくさんの物を買うことも、やはり手間がかかります。

トラブルがあったとき、
多くのお店は誠実に対応して頂けましたが、
こちらの状況をメールで説明したりと、
やり取りに手間も時間もかかりました。

物をあまり買わない暮らしは、
通販トラブルを避ける、最も有効かつ究極の対策になります。

 

たび重なるトラブルのおかげで、
一層、無駄な物を買わないよう、自戒するようになりました。